書評④『FIRE最強の早期リタイア術』早期リタイアは誰でもできる!

スポンサーリンク

どーも、cedrobookのすぎです。いつも当サイトをご覧頂きましてありがとうございます。

スポンサーリンク

書評④『FIRE最強の早期リタイア術』早期リタイアは誰でもできる!

本記事を読む価値がある人

  • 『最強の早期リタイア術』とはどんな本なのか
  • 働かない人生に関する学習本を探している
  • 投資術について学びたい
  • 楽な人生を歩みたい

といったニーズに答えます。

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • 読書が趣味
  • 実際に読んだ書籍のみを厳選したレビュー
  • だれよりもわかりやすくがモットー

趣味の”読書”を活かして、

紹介する書籍の購入を考えているみなさんの、

お役に立てていただけたらと思い、

当ブログを運営しております

”読みたくなる””買いたくなる””絶対に損をしない”

そんな書評ブログを提供します。

ぜひ最後までご覧くださいませm(_ _)m

推奨する書籍

FIRE 最強の早期リタイア術――最速でお金から自由になれる究極メソッド

Amazonより引用

◎『最強の早期リタイア術』

  • クリスティー・シェン(著)
  • ブライス・リャン(著)
  • 岩本正明(翻訳)

30代で経済的独立を達成するための

全技術が学べる圧倒的良書です。

  • 0.1秒でも早く「働かない人生」を実現したい方向け
  • 全米で話題沸騰中!
  • フォロワー大続出!

働かずに生きる人生を歩みたいなら

絶対に読むべき一冊となっています。

本書の購入を考えている方へお願い

以下のことに注意してください。

  1. 早期リタイアの全技術について学ぶことができます。
  2. 推奨していますので書籍の購入をおすすめします。
  3. ただし購入の判断は、最後までご覧になってからで構いません。

決して他ではここまで書評していない

有料級の記事になります。

だからこそ読んでくださる皆様に

分かりやすい書評を提供します。

そのうえで、最後までご覧いただき

本書を購入することをおすすめします。

本記事を読んだ後の未来

  • 経済的独立に関する知識が深まります。
  • 早期リタイアを実現することができます。
  • 今後より良い人生に変化します。

本書を参考にすることで、

  • 経済的自立を実現したい
  • 早期リタイアを考えている

こちらに該当する方向けの、

働かない人生を歩むための

全技術を学習することができる

最強のビジネス書になります。

前回までの話

◎前回までの書評内容

※補足として、

前回の書評内容をご覧いただいたうえで、

当記事を読んでいただくと

本書の内容が詳しく理解できます。

第4章〜最強の早期リタイア術〜

前回の、

「第3章〜補強のメゾット」で、

1億2000万円あれば、

  • 経済的自立
  • 早期リタイア

これらが実現でき、

遊んで暮らしてお金もある生活ができると

解説しました。

しかし、

  • 1億2000万円なんかない
  • 宝くじ当てなきゃ
  • やっぱりお金持ちだけ

このような価値観を

お持ちになると思います。

そのうえで本書では、

「誰でもできる」

これを冒頭で主張しています。

もちろん本書の中で、

FAQもきちんと解説してくれているのです。

つまり、

1億2000万円を貯める秘訣を

解説してくれています。

高収入限定ではない

1億2000万円を貯めることは、

「高収入限定ではない」

平均的かつ低所得でも実現は可能です。

本書が語る、

その方法がこちら。

  • 先取り貯金
  • 定額投資
  • 引退年数計算

この方法で。

1億2000万円貯めることは可能です。

まずは、

「先取り貯金」

これは、さまざまなお金に関する書籍で

解説されていますが、

「収入の10分の1を貯蓄」

まずはこれを実行することです。

給料やボーナスが入った時に、

  • 旅行に行きたい
  • 車を買い替えたい

その前に、

収入の10分の1を別口座に移して

先取り貯金をします。

※補足として、

先取り貯金のメリットに関しては、

当サイトの、

漫画 バビロン大富豪の教え

こちらの書評レビューでも解説しています。

ぜひこちらも読んでいただくと

先取り貯金がより詳しく学習できます。

→「バビロン大富豪の教え」書評はコチラ

そのうえで、

先取り貯金をして貯まったお金を、

「定額投資」

これは第2章で解説した、

インデックス株×債券

投資をおこなうのです。

貯金したお金を

マネーマシンによって

新たにお金を生み出します。

そして平均的な年収の方でも

必ず実現することができます。

そのために、

「引退年数計算」

これをやると30年以内に必ず、

「遊んで暮らしてお金がある」

この生活にたどりつきます。

それでも引退しない方向け

仮に本書の解説通りに行動して、

30年後に1億2000万円貯まり

引退できる状態が作れたとします。

しかし、

「どうしても不安」

仮に引退してしまったとしたら、

働き口が無くなり、

もしも世界的な金融不安が起こり

鉄則のルールが崩れた時を考えると

どうしても引退を躊躇してしまうものです。

これは30年後とは言わずに、

  • 現時点で貯蓄がある
  • もう少しで貯まる

これらに該当する人も同様に

引退できるかもですが、

どうしても今後の不安が襲います。

これは心理的に、

「何かが無くなるようで不安」

この衝動にかられます。

これはもちろん本書も把握しています。

「お金が無くなるかもしれない」

このような不安に関しては、

本書の著者は、

元本はまだまだ増えていると言います。

お金が無くなる不安を解消するために、

  • リバランシング(再調整)
  • 現金クッション
  • バケツシステム

これらの保険をつくって

支出をコントロールしています。

そのうえで、

「働きがい、やりがい」

これらが無くなることに不安になります。

しかし、

やりがい、働きがいというのは

お金を稼ぐための労働とは

イコールになりません。

「お金を貰わずやりたい事をやる」

つまり夢は、

お金を生み出して初めて追いかけます。

そのうえで、

お金を貯まってから夢を追いかければ

いいのです。

「バンドマンになってお金を稼ぐのではなく、

お金を貯めて早期リタイア後にバンドマンになる」

この考え方が重要です。

そのうえで、

「コミュニティが無くなる」

これを不安になるでしょう。

早期リタイアしたことで、

孤独に感じたりするかもしれません。

しかし、早期リタイアしたとしても、

  • 友達
  • 仲間

これらは必ず見つけることができます。

結論を述べると、

「引退して遊んで暮らしているコミュニティ」

これが待っています。

同じ境遇の人たちが、

近くには少ないですが、

地球上にはたくさんいます。

すでに早期リタイアした人たちが、

たくさん遊んでいるので、

その輪に入ればいいのです。

快く受け入れてくれるはずです。

「自分のアイデンティティが無くなる」

こう感じる人もいるかもしれません。

すなわち今までの、

  • 経験
  • スキル
  • キャリア

これらが早期リタイアにより

環境が変わり無くなります。

そのために、

「生きがい」

これを一瞬見失うのです。

しかし一旦考えて見てください。

「仕事がアイデンティティ」

この考え方はおかしいと思いませんか?

その会社で働いていたことが

アイデンティティでも、

転職してもアイデンティティは消えません。

つまり、

「何を辞めてもアイデンティティは残る」

なので、早期リタイアをしたとしても、

  • やりがい
  • コミュニティ

これらは必ず見つかるので

今までのアイデンティティを大切にして、

夢を追いかければいいのです。

もし会社をやめたとしても、

自分自身はまったく変わりませんし、

すっとそのままです。

ただ変わるのは、

今までは食べるために生きてきました。

その考えが、

  • 遊んで暮らしてお金がある
  • 働かないで生きていく

そんな自分に出会うのです。

私筆者も引退を目指したいと思っています。

いつか会社員を引退するときがくるために

この技術を行動にすでにうつしています。

みなさんも本書を読んで、

  • 経時的自立
  • 早期リタイア

これを実現してみてはいかがでしょうか。

働かずに生きていくための、

30年後の楽しい人生を作り出す

圧倒的良書を紹介させていただきました。


以上が、

「第4章〜早期リタイア術〜」

について解説をしました。

推奨する書籍

FIRE 最強の早期リタイア術――最速でお金から自由になれる究極メソッド

Amazonより引用
  • 経済的自立したい
  • 早期リタイアを目指している
  • 自由に暮らしたい

これらのニーズに応える、

31歳で100万ドル(日本円で1億)貯め、

そこから早期リタイアを実現したノウハウが学習できる

圧倒的良書です。

ぜひ当記事を参考に

一度手に取り読むことをおすすめします。

最後までご覧いただきありがとうございました

当ブログでは、だれよりもわかりやすくをモットーに、

自己啓発書やビジネス書中心に、書籍の紹介、レビューをしています

書籍の購入の参考にしていただければ幸いです。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました