『完全菜食があなたと地球を救う〜ヴィーガン〜』書評レビュー①

スポンサーリンク

どーも、cedrobookのすぎです。いつも当サイトをご覧頂きましてありがとうございます。

スポンサーリンク

書評①『完全菜食があなたと地球を救う〜ヴィーガン〜』

本記事を読む価値がある人

  • 『ヴィーガン』とはどんな本なのか
  • 完全菜食(ヴィーガン)について学習したい
  • 健康的なライフスタイルに変えたい

といったニーズに答えます。

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • 読書が趣味
  • 実際に読んだ書籍のみを厳選したレビュー
  • だれよりもわかりやすくがモットー

趣味の”読書”を活かして、

紹介する書籍の購入を考えているみなさんの、

お役に立てていただけたらと思い、

当ブログを運営しております。

”読みたくなる””買いたくなる””絶対に損をしない”

そんな書評ブログを提供します。

ぜひ最後までご覧くださいませm(_ _)m

推奨する書籍

完全菜食があなたと地球を救う ヴィーガン

Amazonより引用

◎『完全菜食があなたを救う〜ヴィーガン〜』垣本充 大谷ゆみこ(著)

ポイント

◎実際に本書を読んだ筆者の感想

  • ヴィーガン(完全菜食主義)について理解できる
  • 完全菜食のメリットが分かる
  • 健康的な生活が送れる

本書の購入を考えている方へお願い

  1. ヴィーガン(完全菜食主義)についての学習本です。
  2. 推奨していますので書籍の購入をおすすめします。
  3. ただし購入の判断は、最後までご覧になってからで構いません。

決して他ではこれほどまでに書評していない

有料級の記事になります。

ヴィーガンについて理解を深めて、

健康的なライフスタイルを送るための、

圧倒的なノウハウが満載です。

本記事を読んだ後の未来

  • ヴィーガンについて理解が深まります。
  • 健康的なライフスタイルを送ることができます
  • これからの人生の見え方が変わります。

健康的なライフスタイルを構築するための、

ヴィーガンについて学べる圧倒的良書です。

ぜひ当記事を参考に、

本書の購入をおすすめします。

最後までご覧くださいませ。

◎当記事では、

「第1章〜ヴィーガンとは〜」について、

解説をしていきます。

第1章〜ヴィーガンとは〜

ヴィーガン(完全菜食主義)=草食系』

このようなイメージをお持ちの方が

多いのではと思います。

ヴィーガンとベジタリアン違いを聞かれると、

答えに困る人もいると思います。

ヴィーガンと聞くと、

  • 健康志向
  • ストイック
  • 宗教
  • 思想

このようなイメージを持っていて、

「ストイックで健康志向の人」

これが一般的なヴィーガンのイメージになります。

しかし、このイメージが大分覆されています。

ポイント

◎ヴィーガンとは

『大きな社会問題をえぐっている現象』

これが分かったのです。

そのうえで、

完全菜食があなたと地球を救う ヴィーガン

その理屈が書かれているのが本書になります。

本書のタイトルにもあります、

「完全菜食があなたと地球を救う」

これがあながち間違っていないことを証明してくれます。

ヴィーガンの注目度

近年、

ヴィーガンの注目度が

急激に上がっています。

その象徴とも言えるのが、

asahi.comより引用

2020年のアカデミー賞での、

レセプションパーティーで、

100%ヴィーガン料理が提供されました。

さらには、ゴールデングローブ賞でも同様に、

ヴィーガン料理が提供されたのです。

◎「なぜニッチな人たちの料理を提供するのか?」

それはアカデミー賞に集まる、

コアなセレブに支持を得るための作戦であり、

環境問題に配慮して、

ヴィーガン料理をオフィシャルに使うためだったのです。

ポイント

「ヴィーガン=環境問題」

のちに解説しますが、

これが最大の目的だと言えるでしょう。

なので、これが繋がらなければ、

健康志向のストイックな人たちだけの

イメージになってしまいます。

だから、アカデミー賞は、

この繋がりを世界中に発信するために、

ヴィーガン料理を選んだのです。

ヴィーガンを支持する著名人には、

これらの著名人が有名です。

ビリー・アイリッシュは、

自らがヴィーガン支持者であり、

レオナルド・ディカプリオは、

ヴィーガンブランドである、

「ビヨンド・ミート」に投資をしています。

ビル・ゲイツは、

「ベジタリアンミート」と呼ばれる、

植物性の肉の開発にも携わっています。

これらから分かるのは、

世界中のカルチャーやテクノロジーの

最先端で活躍する著名人が、

こぞってヴィーガンになっているのです。

そのうえで、

一番注目されるイベントで

ヴィーガン料理が提供されているのです。

ヴィーガン(完全菜食主義)は、

間違いなく最先端で、

これから波及するであろう、

カルチャーでありビジネスになります。

ベジタリアンとの違い

みなさんが一番知りたいことでもある、

「ヴィーガンとベジタリアンの違い」

これを解説していきます。

ポイント

◎ヴィーガンとは

「ベジタリアンの中の、完全菜食者」

つまり、

ベジタリアンというのは、

野菜にプラスして、

  • 乳製品(ラクト・ベジタリアン)
  • 卵(ラクト・オボ・ベジタリアン)
  • 魚介類(ペスコ・ベジタリアン)
  • 鶏肉(ポーヨー・ベジタリアン)

これらを摂取しますが、

「ヴィーガンは、野菜のみ」

なので、完全菜食者と呼ばれます。

米国では、

野菜と乳製品と卵を摂取する、

ラクト・オボ・ベジタリアンが主流となっており、

野菜のみを摂取するのが、

ヴィーガンになります。

つまり、ヴィーガンとベジタリアンは、

言い方の違いではなく、

まったく主張が別の人たちになります。

ヴィーガンが注目される理由

まず、ベジタリアンの歴史は、

1847年に、

「英国ベジタリアン協会」

というのが発祥になります。

元は、キリスト教徒の人たちが聖書に習い、

肉などを断食することから始まっています。

つまり、宗教的なものから

ベジタリアンが始まりました。

その後に、1944年に、

「英国ヴィーガン協会」

これに分派されます。

つまりこの頃から、

野菜のみを摂取する人たちが現れたのです。

ベジタリアンは、

ラテン語の”Vegetus”が由来です。

「健康志向で活発な生き方」

これを意味していて、

ヴィーガンの思想は、

原点はキリスト教であり、

ベジタリアンから乳製品や卵を取り除いたものが、

ヴィーガンになるわけです。

ポイント

◎ヴィーガンが注目される理由

「乳製品と卵を取り除くから」

ヴィーガン主義者たちは、

肉や魚だけでなく、

乳製品や卵をも食べないという、

強い主張があります。

ヴィーガン主義者は、

「社会問題に対して声を上げたい」

このような人たちが多数いるからなのです。

だから今、ヴィーガンに非常に注目が集まってきているのです。


以上が、「第1章〜ヴィーガンとは〜」について解説をしました。

◎次回は、「第2章〜社会問題との関係〜」について

解説をしていきます。

→「第2章〜社会問題との関係〜」はコチラ

推奨する書籍

完全菜食があなたと地球を救う ヴィーガン

Amazonより引用

◎「完全菜食があなたと地球を救う〜ヴィーガン〜」

  • 『ヴィーガン』とはどんな本なのか
  • 完全菜食(ヴィーガン)について学習したい
  • 健康的なライフスタイルに変えたい

このような疑問を持たれている方向けの、

ヴィーガン(完全菜食者)について詳しく学習できる

圧倒的良書です。

ぜひ当記事を参考に、

一度手にとって読んで見てくださいませ。

最後までご覧いただきありがとうございました

当ブログでは、だれよりもわかりやすくをモットーに、

自己啓発書やビジネス書中心に、書籍の紹介、レビューをしています

書籍の購入の参考にしていただければ幸いです。

ありがとうございました。

では。

合わせて読みたい
  • トレイルブレイザーはどんな本なのか?
  • 社会の未来について勉強したい。
  • どのようなスキルが必要なのか?
  • 今後の働き方について知りたい。

といった方向けの書籍になります。

トレイルブレイザー

Amazonより引用

世界最大の顧客管理ソフトウェア企業「セールスフォース・ドットコム」創業者が語る企業文化に迫ったビジネス書。創業20年で従業員5万人、GAFAと肩を並べるまでに急成長を遂げた全貌を公開。そしてこれからの未来の社会に必要な新時代のリーダーとは何か?過去の実績からこれからの時代を生き抜く社会について学べる圧倒的良書です。

→書評レビューはコチラ

合わせて読みたい
  • 起業を考えている方向け
  • サステナベーションとはどんな本なのか
  • これからのビジネスの在り方を学びたい

これらのニーズに応える書籍です。

サステナベーション sustainability × innovation

Amazonより引用

◎サステナベーション 藤原遠(著)

これからの日本の企業の在り方、ビジネスの進め方が学べる圧倒的良書です。

企業経営者や経営企画担当者をはじめとして、幅広いビジネスパーソンに、これから展開すべきビジネスを考えるうえで示唆に富む一冊です。

→書評レビューはコチラ

合わせて読みたい
  • やりたいことができない
  • これから定年を迎える方
  • 人生をより良くしたい

こんな悩みに応える一冊です。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

Amazonより引用

◎『ずっとやりたかったことを、やりなさい』 ジュリア・キャメロン(著)

やりたかったことが必ず実現できるように背中を後押ししてくれる、毎日を創造的に生きたい方向けに具体的方法論を解説してくれる圧倒的良書です。

→書評レビューはコチラ

合わせて読みたい
  • 『LIFE SPAN〜老いなき世界〜』とはどんな本なのか
  • 老化を防止する方法を学習したい
  • いつまでも健康を保って長生きしたい

このようなニーズに答えます。

LIFESPAN(ライフスパン)―老いなき世界

Amazonより引用

◎『LIFE SPAN〜老いなき世界』デビッド・A・シンクレア(著)

人生100年時代と囁かれている現代で、

老化現象を最先端の科学的知見のもと、

いつまでの元気に過ごす期間を長くする方法を解説する

圧倒的良書です。

→書評レビューはコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました