書評レビュー『なぜか話しかけたくなる人、ならない人』集客術を学ぶ!

スポンサーリンク

どーも、cedrobookのすぎです。いつも当サイトをご覧頂きましてありがとうございます。

スポンサーリンク

書評『なぜか話しかけたくなる人、ならない人』

本記事を読む価値がある人

  • 『なぜか話しかけたくなる人、ならない人』とはどんな本なのか
  • 話しかけられる人になりたい
  • 人が自然と集まる人気者になりたい
  • コミュニケーション能力を高めたい

といったニーズに答えます。

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • 読書が趣味
  • 実際に読んだ書籍のみを厳選したレビュー
  • だれよりもわかりやすくがモットー

趣味の”読書”を活かして、

紹介する書籍の購入を考えているみなさんの、

お役に立てていただけたらと思い、

当ブログを運営しております。

”読みたくなる””買いたくなる””絶対に損をしない”

そんな書評ブログを提供します。

ぜひ最後までご覧くださいませm(_ _)m

本書『なぜか話しかけたくなる人、ならない人』の購入を考えている方へお願い

  1. 話しかけられる人になるための学習本です。
  2. 推奨していますので書籍の購入をおすすめします。
  3. ただし購入の判断は、最後までご覧になってからで構いません。

決して他ではこれほどまでに書評していない

有料級の記事になります。

コミュニケーション能力を高めることができるノウハウが満載です。

本記事を読んだ後の未来

  • 話しかけられる人になります。
  • コミュニケーション能力が高まります。
  • これからの人生の見え方が変わります

推奨する書籍

なぜか話しかけたくなる人、ならない人

Amazonより引用

◎『なぜか話しかけたくなる人、ならない人』有川真由美(著)

話しかけられたくなる人とならない人、

この違いを丁寧に解説し、

話しかけたくなる人のメリット、

そのうえで、話しかけられたくなる、

好印象をつくるポイントを優しく解説してくれる

圧倒的良書です。

ポイント

◎実際に本書を読んだ筆者の感想

  • 話しかけられる人になるべき。
  • 自分のことが好きになる。
  • 本に関しては非常に読みやすい。
  • 著者が優しく解説してくれる。
  • 絶対に読むべき圧倒的良書である。

話しかけられる人になることで、

圧倒的メリットしかない理由を、

これから細部に渡り解説をしていきます。

ぜひ最後までご覧くださいませm(_ _)m

本書の概要

◎「自分は果たして、話しかけたくなる人なのか?」

普段の私生活の中で、

  • 話しかけたくなる人
  • 話しかけたくならない人

このような人が存在します。

話しかけたくなる人のまわりには、

自然と人が集まったりしている光景を見かけます。

「自分は果たして、話しかけたくなる人なのか?」

とても気にもなりますよね。

  • 「話しかけづらい…。」
  • 「なんか怖い…。」

このような印象を相手から持たれていると、

話しかけられることはまず無いでしょう。

話しかけられる人の特徴は、

  • おしゃべり
  • 仲の良さ
  • 知名度

これが整っているからと言って、

決して、話しかけられる人になるとは限りません。

正直話すと、

話しかけられたくなる人になるために改善をしなければ、

あなたの人生は、大損します。

  • 「話しかけられたくない」
  • 「話しやすい人とだけ話す」
  • 「話すことが苦手」

これらに該当する人は、今すぐ見直しましょう。

圧倒的メリット

話しかけたくなる人になった時、

圧倒的にメリットがあります。

結論を先に述べると、

ポイント

◎話しかけられる人になるメリット

  • 出会い
  • 情報
  • 仲間
  • 居場所
  • モテ・評価
  • 自己肯定感
  • 誤解されない

話しかけられたくなる人は、

色々な人との出会いが増えます。

相手から来てくれるので、

自分はなにもしなくても、

まわりに自然と人が増えます。

そのうえで、情報が増えます。

まわりに人が増えることで、

会話量が増え、様々な情報を耳にします。

逆に、話しかけたくない人に対しては、

相手は言いづらいため、

情報が入ってきません。

そして、仲間も増えます。

助けたい仲間というのは、

話しかけたくなる人になるわけです。

さらには、居場所が増えます。

学校、職場、サークルなど、

自分の過ごしやすい様々なコミュニティーに、

居場所ができるようになります。

恋愛に関してはモテます。

話しかけられたくなる人はモテます。

逆に、話しかけづらい孤高のイケメンに話しかけるのは、

すでにオワコンの青春映画の世界です。

そのうえで、話しかけたくない人の仕事の評価は、

正直低めです。

コミュニケーションが取りにくい人は、

結果も評価も低くなってしまう傾向にあります。

そして、自己肯定感が高まります。

まわりに人が増え話しかけられることで、

幸福感に包まれるわけです。

そのうえで、誤解されることが無くなります。

よくまわりから誤解される人は要注意です。

誤解されることで相手からの印象も悪くなるからです。

しかし、そんな誤解も無くなるのです。

これだけのメリットがある以上、

話しかけられる人になる必要性は十二分にあります。

「絶対に損をしない」

メリットだらけの内容になっています。

話しかけられることに関して、

徹底的に調べ上げた圧倒的良書です。

※補足として、本書で学習することで、

「仲間や身内を助けることができる」

つまり、コミュニケーションの悩み相談された時に、

本書の理論を知っていることで、

「こうしたら大丈夫だよ!」

このようにアドバイスすることもできるようになります。

最大の思い込み

話しかけたくなる人になることで、

たくさんの圧倒的メリットがあります。

なので、話しかけられることに越したことはありません。

しかし、話しかけたくなる人は、

  • 容姿が美人やイケメン
  • 優秀で実績あり
  • 派手で目立つ人気者

このような特別な人間だということは間違いです。

「話しかけられるということは、特別なことではない」

例えば、久しぶりの同窓会に行き、

真っ先に話しかけるのは、

学年一イケメンで優秀なクラスの人気者でしょうか?

  • ハーバード大学卒業
  • 衆議院議員
  • 妻はモデル
  • 4ヶ国語ペラペラ

このようなイケメンに果たして話しかけるでしょうか?

スペックの違いに怖さを感じて話しかけづらいでしょう。

普通に考えてみれば、

話しかけやすそうな普通の人に話しかけるはずです。

つまり、話しかけたくなる人は、

「誰でも獲得できる能力」

普通に身につけることができるスキルです。

多くの人は、話しかけられる人というのが、

  • 容姿
  • 優秀
  • 派手さ

このステータスを備えた人だと、

大きな勘違いをしています。

だから本書では、

この思い込みををきちんと紐解いてくれます。

繰り返しになりますが、

話しかけたくなる人になることは、誰でも獲得できる能力です。

この能力を今から学習していきましょう。

※補足事項

ここからは、具体的な本書の中身について解説をしていきます。

※補足として、具体的内容に踏み込みますので、

「ネタバレしたくない」

という方は、本書の購入をおすすめします。

→本書の購入はコチラ。

また、話しかけたくなる人になるための方法を、

事細かく解説してくれている一冊を、

ぎゅっと凝縮して書評いたしますので、

本書を実際に読んでいただければ、

より詳しく学習することができますので、

あらかじめご了承くださいませ。

本記事をご覧になってから購入することも、

軽く予習を兼ねますのでおすすめです。

抜け出そう!

話しかけたくなる人になるためには、

絶対に抜け出さなくてはならない落とし穴が存在します。

結論を先に述べます。

ポイント

◎抜け出さなくてはならない落とし穴

  • 話しかけないでオーラ
  • なんだか怖そうな人

以上の2つになります。

順に解説していきますね。

話しかけないでオーラ

実際にオーラと聞いて、

スピリチュアルに聞こえがちですが、

話しかけないでオーラは、

すべての人が触れたことのあるオーラになります。

話しかけないでオーラの正体は、

  • 目線がすべて
  • 意識を他人に向ける

この2つが正体になります。

まずは、目線がどこを向いているかになります。

話しかけないでオーラの人は、

基本的に目線を合わせません。

例えば、

  • スマホをいじる
  • 他のことをしている

話しかけようとしたら本を読んでいたり、

二人でいるのにスマホをずっといじっていたりと、

関係ないことしていて、目線が合いません。

そのうえで目線が合わないのは、

意識にあります。

意識が、自分か他人に向いているかを、

人間は目線で判断します。

なので、話しかけたくなる人はシンプルに、

「目線が外を向いている」

これだけで話しかけたくなります。

つまり、目線が合う時には、

話しかけてもOKのサインですが、

目線をそらされた時には、

話しかけないでオーラを出しているのです。

  • 目線を合わせない
  • 目線をそらす

これらは、

「話しかけないで欲しい」

このようなメッセージになっているわけです。

例えば、同窓会などの社交場に行った際に、

どうしようか分からなくなり、

自分のことを考えます。

  • 不安
  • 自信がない
  • 手持ち無沙汰
  • 受け入れれられるか怖い

これらを思った瞬間に、

目のやり場に困り、下を向いてしまいます。

こうすることで、話しかけられづらくなってしまうのです。

話しかけられるようにするには、

「自分に意識を向けないで人を見ること」

非常にシンプルな心理です。

例えば、

話しかけられるまで、相手をじっと見とくことです。

そうすれば相手から話しかけてくるはずです。

逆に、目線を合わさないことは、

まわりに見られています。

話しかけないでオーラを出すことは損です。

  • 目線を合わさない
  • 目線をそらす

これらはやめましょう。

なんだか怖そうな人

しかめっ面をして、

怒った表情を浮かべている人がいます。

「最初は怖そうな人だと思いました…。」

このように言われたことがある人もいると思います。

なんだか怖そうな人の正体は、

  • 無表情と微笑みの差
  • 批判・キツい言葉

この2つになります。

なんだか怖そうな人は、無表情になります。

先に述べますが、

「無表情と微笑みは天と地の差」

なので、とにかく微笑むことです。

微笑む表情は、人の心にリラックスを与えます。

例えば、SNSのアイコンで、

他人の真顔を好まないのに対し、

自分のアイコンは真顔でクールになってしまいがちです。

実際に真顔の評判はあまり良くはありません。

真顔ではなく、微笑みましょう。

なぜなら、自分の微笑む表情が好きではない以上に、

真顔のほうがまわりからの評判が悪いからです。

そのうえで、外面ではなく、

批判やキツい言葉を言う人は、

なんだか怖そうな印象を与えます。

つまり、辛口な人のことです。

辛口の人が注意すべきは、

「辛口が受け入れられるとき」

つまり、批判やキツい言葉で、

一瞬だけ支持を得ることがありますが、

のちに、

「その批判やキツい言葉が自分に向けられたらどうしよう…。」

このようにまわりが思い始めたら注意です。

辛口に賛同してくれる時はいいですが、

もしも賛同を得られなかった時には、

  • 「ちょっとやりすぎ…。」
  • 「自分に向けられたら怖い…。」

これらの恐怖がまわりに芽生えてしまいます。

ぜひ気をつけましょう。

だから、誰かのことを批判したり、

キツい言葉を言ったりすることは、

損でしかありません。

話しかけたくなる人になるためには、

  • 話しかけないでオーラ
  • なんだか怖そうな人

まずは、この2つから抜け出して、

話したくなる土台を作っていきましょう。

とはいえ、

これができれば、まわりもかなり変わります。

むしろ、話しかけられるようになりますので、

まずはこれらを気をつけましょう。

身につけよう!

ここからは実際に、

「話しかけたくなる人」になるために、

身につける具体策について解説していきます。

結論を先に述べます。

ポイント

◎身につける具体策

  • 感情力
  • 丁寧力
  • 肯定力

以上の3つになります。

順に解説していきますね。

感情力

話を聞く時は、

「聞き上手になりたい」

このように思います。

そのうえで相手が、また話したくなる人というのは、

事柄よりも、感情に寄り添います。

つまり、

事柄にフォーカスしてはいけません。

あくまで、感情に寄り添うことが大切です。

例えば、

「明日人間ドックがあるんだけど、

とても不安なんだ…。」

このように話しかけられた時に、

人間ドッグに対して会話を広げるのではなく、

「そうだよな、不安だよな…。」

このように、

不安な気持ちにフォーカスして寄り添ってあげましょう。

感情にフォーカスして話を聞き、

そのうえで寄り添うことで、相手は嬉しくなるのです。

つまり、

  • なぜこのことを言ったのか?
  • どんあ気持ちなのか?

このように、相手に寄り添うことができるかが、

話したくなる人、ならない人の、

違いになってくるのです。

「この人は、私の話を聞いてくれるだけじゃなくて、

分かってくれる。」

相手の気持ちを分かってあげることができる人こそが、

話しかけたくなる人の代名詞でしょう。

そのうえで、自分の感情を伝えることも大切です。

つまり、

「感情のコミュニケーション」

これが大切です。

自分の、

  • プロフィール
  • 経歴
  • 実績

これらを話す人がいますが、

一番大事なことは、

自分の気持ちを伝えることです。

人間は感情の生き物です。

相手が嬉しかったら、

「俺も嬉しいよ!」

このように感情を伝えてあげましょう。

そのうえで、相手が感情で話してきたら、

寄り添ってあげましょう。

丁寧力

本書の中では、

「穏やかさ=最強」

このように書かれています。

つまり、

「丁寧でポジティブな言葉をゆっくり喋る」

このような喋り方であれば、

確実に相手は話しかけたくなります。

rubese.netより引用

韓国の歌手であり、Niziuのプロデューサーである、

J・Y・パーク氏はオーディション番組の中で、

「あなたの…

パフォーマンス…

素晴らしかった…。」

穏やかに丁寧でポジティブな言葉をゆっくり伝えています。

汚い言葉を使うのはNGです。

  • 「◯◯です。」
  • 「◯◯ます。」

ゆっくり丁寧な敬語を使うことです。

たとえどんなに正当な意見であっても、

汚い言葉を使っていたら、

支援や賛同がしずらい部分があります。

つまり、

「何を言っているかよりも、どう言っているか」

丁寧でゆっくりポジティブな言葉のところに、

人は自然と集まってくるのです。

※補足として、

汚い言葉を使っている人に、

一度は人が集まることがあるかもしれません。

しかしそれは、短期的ですぐに離れていきます。

なぜなら、

自分が次に攻撃されるかもしれない、

恐怖を感じるからです。

肯定力

絶対に否定や批判をしない、

肯定力を得ることです。

これを固く決意しましょう。

相手の間違った行動や言動に、

否定や批判をしたくなるかもしれません。

しかし、やめましょう。

「言い換えや解釈」

これによって衝突は防ぐことができます。

つまり、

「このやり方は正しいですよね?」

このように同情を求められた時に、

「いや、違う!」

と、否定するのではなく、

「そうなんですね、

この考え方もあるんですね!」

このように言い換えることで、

否定や批判を防ぎます。

もしくは、だいぶ薄めましょう。

もし発言したいのであれば、

半分に薄めることです。

例えば、

「その考え方は、はっきり言って理解不能!

クソすぎて笑える!」

これを半分に薄めると、

「あなたの考え方は理解できます。

しかし私が咀嚼しかねているので、

一旦持ち帰って練り直しますね!」

このように言い換えて薄めることで、

否定や批判になりませんし、

喧嘩にもなりませんよね。

上記で解説した、

  • 感情力
  • 丁寧力
  • 肯定力

この3つを身につけることで、

  • 「この人は分かる人だ」
  • 「周りからみても怖くない人だ」

こう思われることが大事になります。

正しいことをしていても、

怖いと思われることがあります。

「言葉や生き様に恐怖を感じる」

このように思わせることを防ぐには、

自分目線ではなく、周りの目線に立つことです。

なので、

無表情ではなく微笑んでみたり、

批判をしたいと思っても、

和らげて違う言葉で言い換える。

そのうえで、

丁寧でポジティブな言葉でゆっくり伝えれば、

まったく違う世界の見え方に変わります。

これを身につけることは、

簡単なように思えますが、

かなり難しいです。

そのうえで、誰にでもできることです。

なので、身に付けたときには、

すでに周りに人が集まり、

話しかけられているはずです。

意外な落とし穴

話しかけられる人になるために、

注意すべき意外な落とし穴があります。

結論を先に述べます。

ポイント

◎意外な落とし穴

  • 服装・髪型
  • 同世代で固まる

以上の2つになります。

順に解説していきますね。

服装・髪型

話しかけたくなる人のベースとしては、

これが大事になってきます。

どんなこだわりがあったとしても、

不潔だと思われたら人は近寄ってきません。

そのうえで、その時その場所に応じたTPOを厳守することです。

  • 仕事はスーツ
  • コンビニに行く時はTシャツ
  • 部屋ではタンクトップ

逆に、仕事にタンクトップで、

出社したらおかしいですよね。

TPOを守りましょう。

そして、も相当な印象を与えます。

  • ブルー
  • グリーン

これらは爽やかなイメージが付きやすいので、

取り入れるべきです。

さらに、

  • イエロー
  • ピンク

これらは温かい印象を持たせることができるので、

アクセントに入れましょう。

「スタンダードすぎて個性が消える」

このように思うかもしれません。

絶対にやめなければいけないのは、

初対面から、

  • 威圧感
  • 個性的

これはNGです。

まだ何も知らない人の個性的な面は、

相手を威嚇します。

威圧したり、個性を出すことは、

根本に、

  • 弱さ
  • 恐怖

これらが心の中に存在します。

周りが自分を怖がるまでの威圧感を、

醸し出すのは、

逆に、自分が周りを怖がっているからです。

なので、怯えずに自信を持ってください。

威圧せずに心を開くことが大切です。

清潔感とTPOを持って、

個性的に威圧することはやめましょう。

※補足として、

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • TikTok

これらSNSのアイコンを一度見直して見ましょう。

個性的なアイコンはNGです。

繰り返しですが、

清潔感とTPOを兼ね備えたアイコンに、

今すぐ変えましょう。

同世代で固まる

同世代で固まることはやめましょう。

人間関係やコミュニティは、

「分かってもらえないかも…。」

この恐怖感が、

  • 分かりあえる人とつるむ
  • 自分にこもる

このような選択をします。

しかし、

「人で態度を変えない」

これが大事になってきます。

自分より目上の人には敬意を表して、

目下の人には物議をかます。

これは信頼を失うことになりかねません。

なので、分け隔てなく態度を取ることです。

そのうえで大切なことは、

「年下からも教わること」

年下にもちょっとした敬語を使って、

  • 知らないこと
  • 興味があること

これらに関しては、

決して恥ずかしがらず、

素直に教わりましょう。

逆に年上に対しては、

「ちょっとした相談をする」

年上の人は、

年下を助けることに喜びを感じます。

なので、自分に悩みがある時などは、

年上の人に頼りましょう。

自分一人で解決できたとしても、

頼ることでスムーズかつ円滑に解決できるかもしれません。

年上の人に知恵をもらうことも大切です。

まとめ

最後まとめになりますが、

「話しかけられる人は、話しかける人」

目線を上げて待ち続け、

表情は常に微笑んでいること。

そのうえで、

清潔感やTPOを持って威圧感ゼロ。

穏やかにポジティブな言葉をゆっくり伝えて、

否定や批判はしないこと。

しかし、一番大切なことは、

「あなたが話しかけること」

自分から話しかけてみましょう。

人は皆、話しかけられたいです。

だとすれば、あなたから話しかけるのです。


以上が、

『話しかけられる人、ならない人』

書評レビューを解説しました。

いかがだったでしょうか?

推奨する書籍

なぜか話しかけたくなる人、ならない人

Amazonより引用

◎『なぜか話しかけたくなる人、ならない人』

有川由美子(著)

  • 話しかけられる人になりたい
  • 人が自然と集まる人気者になりたい
  • コミュニケーション能力を高めたい

このような疑問を持つ方向けの、

「なぜあの人には人が集まるのか?」

これを理解することで、

自分にも自然と人が集まる環境を作り出せる、

人の集客術が学べる圧倒的良書です。

ぜひ一度手にとって読んでみることを、

おすすめします。

最後までご覧いただきありがとうございました

当ブログでは、だれよりもわかりやすくをモットーに、

自己啓発書やビジネス書中心に、書籍の紹介、レビューをしています

書籍の購入の参考にしていただければ幸いです。

ありがとうございました。

では。

合わせて読みたい
  • 対人関係で悩みがある
  • 対人関係に関する学習本を知りたい
  • 人とうまく付き合う方法が知りたい

といった悩みがある方向け。

他人とうまくやっていく

Amazonより引用

◎『他人とうまくやっていく』アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ(著)

対人関係の「コツ」をマスターしてくれる圧倒的良書。

人から好意を引き出して、よい関係を築き、ひいては相手を自分の思いどおりに動かすための28のテクニックを紹介する1冊。

→書評レビューはコチラ。

合わせて読みたい
  • やりたいことができない
  • やりたいことをやりたい
  • 定年後の過ごし方を学習したい
  • 人生をより良くしたい

といったニーズに応える学習本です。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

Amazonより引用

◎『ずっとやりたかったことを、やりなさい』 ジュリア・キャメロン(著)

やりたかったことが必ず実現できるように背中を後押ししてくれる、毎日を創造的に生きたい方向けに具体的方法論を解説してくれる圧倒的良書です。

→書評レビューはコチラ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました