書評②『他人とうまくやっていく』上手な会話で興味を満たす!

スポンサーリンク

どーも、cedrobookのすぎです。いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク

書評②『他人とうまくやっていく』

本記事を読む価値がある人

  • 対人関係で悩みがある
  • 対人関係に関する学習本を知りたい
  • 人とうまく付き合う方法が知りたい

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • 読書が趣味
  • 実際に読んだ書籍のみを厳選したレビュー
  • だれよりもわかりやすくがモットー

趣味の”読書”を活かして、紹介する書籍の購入を考えているみなさんの、お役に立てていただけたらと思い、当ブログを運営しております。

かならず”読みたくなる””買いたくなる”書評ブログを提供します。ぜひ最後までご覧くださいませm(_ _)m

対人関係で悩まれている方へお願い

  • 必ず良好な対人関係を築くことができます。
  • 推奨する書籍の購入をおすすめします。
  • ただし購入の判断は、最後までご覧になってからで構いません。

他ではここまで解説していない有料級の記事になります。

対人関係を本気で学びたい方向けのノウハウが満載です。

本記事を読んだ後の未来

  • 対人関係が確実に変化します。
  • ポジティブに物事が運べるようになります。
  • 見える世界が変わります。

推奨する書籍

推奨する書籍

他人とうまくやっていく

Amazonより引用

◎『他人とうまくやっていく』アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ(著)

対人関係の「コツ」をマスターしてくれる圧倒的良書。

人から好意を引き出して、よい関係を築き、ひいては相手を自分の思いどおりに動かすための28のテクニックを紹介する1冊。

前回までの話

※本記事は、『他人とうまくやっていく』についての書評レビューです。

前回までの話では、「第一章〜本書の概要〜」について解説をしました。

今回は、第二章〜興味を満たす〜」について解説をしていきます。

補足として、第二章からは本書の具体的内容に踏み込んだ解説をしていきます。「ネタバレしたくない」という方は「第一章〜本書の概要〜」を参考に書籍の購入することをおすすめします。あらかじめご了承くださいませm(_ _)m

第二章〜興味を満たす〜

人間は自分のことに最も興味があります。

そのうえで、最大の欲求を満たしている人ではなく、

欲求を満たしてあげることができる人が、まわりから愛される人になります。

これができないから対人関係がうまくいかずに悩んでいるのです。

では実際に相手の興味を満たすには具体的にどうしたらいのか?

その答えは3つあります。

結論を先に述べると、

ポイント

◎相手の興味を満たす方法

  • 徹底的に相手の話
  • オープン型質問
  • アクティブ・リスニング

以上の3つになります。順に解説しますね。

徹底的に相手の質問

相手の興味を満たすためには、徹底的に相手の話をしましょう。

人間が一番使う言葉は「私」です。

しかしその逆で、「あなた」を使いこなしましょう。

  • あなたは最近どうしてますか?
  • あなたは何が好きですか?
  • あなたは休日にどこに行きますか?

話の切り口を、まず「あなた」からスタートすることを徹底しましょう。

そのうえで、自分のことについて話すのは質問された時のみでOKです。

相手の話、自分の話のバランスを取る必要はありません。

徹底的に相手の話をして、それに対して質問返しをされた答える程度で十分です。

オープン型質問

質問をする時は「オープン型質問」にしましょう。

※「オープン型質問」とは、Why(なぜ?)やHow(どのように?)といった質問をすることで、答える側の答えが比較的長文になるケースです。

逆に「クローズ型質問」は、答えが短く終わってしまう質問のことです。

  • ✕ケーキは好きですか?→はい。
  • ◯どうしてケーキが好きなんですか?→それは…だからです。

後者のように、「なぜ?」「どのように?」といった質問を投げかけてあげることで話を続ける事ができるのです。

そのうえで、相手の答えに対して、「ブリッジ」をうまく活用しましょう。

  • 「具体的には?」
  • 「例えば?」
  • 「ということは?」

このように、さらに話の続きを促すこともポイントのひとつになります。

会話をしていて楽しいと思える人は、とても喋りが上手な人ではなく、楽しんでいる側が9割話している時です。

ポイント

◎話をしていて楽しいと思わせる

「徹底的に相手に話をさせて、質問をどんどんすること」

これをすることで「あなたとの会話が楽しい」と、きっと思われるはずです。

アクティブ・リスニング

相手の話をうまく聞くことも興味を満たす方法でもあります。

そのうえで、あいづちは少なめにしましょう。

気の利いたことをつい言いたくなるときもありますが、そこは我慢して相手に話をさせてあげましょう。

そのうえで、うなづきは多めにしましょう。

「アイコンタクト」と「うなづき」だけで十分です。

自分の色に変えたくなる気持ちは分かりますが、相手の色は変えてはいけません。

そのまま使って活かしましょう。

そのうえで、相手の話を親身になって聞いてあげて、相手を満足させてあげることが大切になります。

まとめ

以上が、相手の興味を満たす3つの方法を解説しました。

まとめますと、

  • 徹底的に相手の話
  • オープン型質問
  • アクティブ・リスニング

この3つになります。

まずは徹底的に相手の話をすることです。

自分のことについて話すことは二の次で、「私」ではなく「あなた」を主体として話を進めましょう。

次に、話を続けさせるオープン型の質問をしましょう。

「なぜ?」や「どのように?」といった話が長くなる質問を投げかけて、そのうえでフリッジも有効的になります。

そして、うなづきを多くしましょう。

付け足しや気の利いた、あいづちは少なめにして、アイコンタクトやうなづきで相手に話をさせてあげることが大切になります。

ポイント

繰り返しになりますが、

  • 徹底的に相手の話
  • オープン型質問
  • アクティブ・リスニング

これらができれば、相手の興味を満たし会話が楽しいと思われます。

これが対人関係がうまくいく


以上が、「第二章〜興味を満たす〜」について解説をしました。

◎次回は、「第三章〜欲求を満たす〜」について解説をしていきます。

「第三章〜欲求を満たす〜」を読みたい方はコチラ

推奨する書籍

他人とうまくやっていく

対人関係が必ずうまくいく圧倒的良書になっています。

ぜひ本記事を参考に一度手にとって読んでいただくことをおすすめします。

合わせて読みたい

◎すべての悩みは対人関係であると提言したアドラー心理学が学べる書籍

嫌われる勇気

『嫌われる勇気』岸見一郎 著・古賀史健 著

この書籍についての書評レビューをわかりやすく解説していきます。

『嫌われる勇気』の書評レビューはコチラ


◎人生の成功法則を学びたい方向けの人生哲学の名書

7つの習慣

こちらの書籍の書評レビュー解説しております。

『7つの習慣』の書評レビューはコチラ


◎話し上手で相手の引き出し方を学べる自己啓発書

質問力――話し上手はここがちがう (ちくま文庫)

こちらの書籍の書評レビューも解説しています。

『質問力』の書評レビューはコチラ

最後までご覧いただきありがとうございました

当ブログでは、だれよりもわかりやすくをモットーに、

自己啓発書やビジネス書中心に、書籍の紹介、レビューをしています

書籍の購入の参考にしていただければ幸いです。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました