【書評レビュー③】独学で英語を勉強するなら『英語日記BOY』

スポンサーリンク

どーも、cedrobookのすぎです。いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

◎本記事を読む価値がある人

  • 英語を独学で学習したい
  • 家で英語を勉強する方法を知りたい
  • 必ず上達する学習本を知りたい

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • 読書が趣味
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じ。

趣味の”読書”を活かして、紹介する書籍の購入を考えているみなさんの、お役に立てていただけたらと思い、当ブログを運営しております。かならず”読みたくなる””買いたくなる”書評ブログを提供します。ぜひ最後までご覧くださいませm(_ _)m

◎英語ができるようになりたい方へのお願い

  • 推奨する書籍の購入をおすすめします。
  • ただし、最後までご覧になってからの判断で構いません。

他では決して解説しない有料級の解説になりますので、英語を本気で学びたい方向けのノウハウが満載です。

推奨する書籍

英語日記BOY

Amazonより引用

◎『英語日記BOY』新井リオ(著)

「海外で夢を叶える英語勉強法」というキャッチフレーズで、効率よく英語を学ぶ方法を伝授します。そのうえで、学んだ英語の使い方についても言及。英語の学び方と使いかたの等身大の学びが詰まった圧倒的良書です。

◎本記事では、「第三章〜オンライン英会話〜」について解説していきます。

前回までの話では、上記2項目について解説しました。こちらをご覧になられてから本記事をお読みいただけると話の流れがわかります。

スポンサーリンク

独学で英語を勉強するなら『英語日記BOY』③

第三章〜オンライン英会話〜

オンライン英会話について本書で語っているのは主に2つ。

結論を先に述べると、

ポイント

◎オンライン英会話についての内容

  • 安くてマンツーマン
  • 日記を添削してもらう

以上の2つになります。順に解説していきますね。


安くてマンツーマン

ITテクノロジー時代の到来で、『英語教育革命』が起きています。

  • 英会話スクール
  • 英語塾講師

これらは窮地に立たされているのが現状です。

ポイント

◎オンライン英会話の波及

  • 費用が比較的安価である
  • マンツーマン指導が受けられる

これ以上にない英語ができるようになる手段になります。

例えば、『海外留学』に行ったらどうなるか?

海外に行き語学学校に入学、そうすると先生1人に対して生徒多数の授業を受けるわけです。そのうえで、留学生の多くは日本人で、生徒同士のディスカッションするも日本人同士のディスカッションになるわけです。

つまり大金を積んで留学している割に、現地のリアルな先生のマンツーマン指導が受けられず、さらに日本人同士で英会話をするため、場所と言語が変わっただけで著しく上達スピードが遅くなります。

しかし、『オンライン英会話』なら、月額料金が安くてマンツーマン指導が受けられるのであればそれに越したことはありません。

※無料体験レッスンを受けれることもメリットのひとつです。無料でオンライン英会話が体験できますので、まずは無料体験レッスンを試してみて、それから本格的なレッスンを受けるのことを推奨します。

【登録30秒】オンライン英会話の無料体験レッスンはコチラ

著者の新井リオさんは実際にオンライン英会話のレッスンを受けて、英語が上達しカナダへ留学中も語学学校へ行かずにオンライン英会話のレッスンを受けていました。

さらにこれまで一日1回だったレッスンを3回に増やして英語漬けの日々を送っていました。つまりカナダに留学する意味がほとんどなく英語がどんどん上達していったのです。

英語を学ぶために海外に留学するという考えは終わり、ビジネスとして海外に行くという目的のための渡航に様変わりしてきているのです。なのでこれから海外に渡航する際は、「英語が出来て当たり前」の生活になり、そのうえで海外に出向くことが普通になっていくのです。


日記を添削してもらう

オンライン英会話のメリットが理解できたら、次はどのように活用するのかがポイントになります。

ポイント

◎オンライン英会話の活用術

『英語日記』を添削してもらうこと

自分の身の回りのことや考えていることをたくさん書き記した英語日記を、オンライン英会話を通じて添削を依頼します。

  • 文法の使い方
  • 発音
  • アクセント

これらをオンライン英会話の講師に添削してもらい、指導してもらいます。

『英語日記』で書いた、

  • まず日本語で書く
  • 英訳する
  • 要約を何度も口に出す

これらの手順で書いた英語日記の英訳文で、文法や発音、アクセントでおかしな部分を指摘してもらいます。これを講師に伝えて読み上げます。

オリジナルのフレーズをプロの講師に添削してもらうことで、ほぼ完璧な英文に仕上がります。

※補足として、予習してきた英文の添削を依頼された講師はめちゃくちゃ嬉しいらしいです。やる気がある生徒として見られて講師としてもレッスンの熱が入ります。

この学習法は、原初からある英語日記と最先端のオンライン英会話を、適切なやり方で組み合わせた結果、可能になった英語学習法になります。

そのうえで、現代のニーズに合った最強の独学での英語学習法になります。

  1. シャドーイングで耳を慣らす
  2. 英語日記で予習
  3. オンライン英会話で添削

この手順を踏むことで、英語の知識を養い、しゃべる勇気をもらって、自分について英語で語れるようになれば完璧です。

身の回りに無関係な必修単語や、自分のオリジナルではない単語を持ち合わせていても、瞬時に組み立てることができません。

だから、この手順というのは、厳選した自分に最低限必要な英語が身につく最短ルートがこれになります。


以上が、「第三章〜オンライン英会話〜」について解説をしました。

◎次回は、「第四章〜スマホ活用〜」について解説をしていきます。

→「第四章〜スマホ活用〜」を読みたい方はコチラ

推奨する書籍

英語日記BOY

◎『英語日記BOY』新井リオ(著)

必ず英語ができるようになる最先端の英語学習本。ぜひ一度手にとって読んでみることをおすすめしますm(_ _)m

最後までご覧いただきありがとうございました

当ブログでは、だれよりもわかりやすくをモットーに、

自己啓発書やビジネス書中心に、書籍の紹介、レビューをしています

書籍の購入の参考にしていただければ幸いです。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました