【書評レビュー①】独学で英語を勉強するなら『英語日記BOY』

スポンサーリンク

◎本記事を読む価値がある人

  • 英語を独学で学習したい
  • 家で英語を勉強する方法を知りたい
  • 必ず上達する学習本を知りたい

といったニーズに答えます。

英語ができるようになりたい方にお願いがあります。

  • おすすめ書籍の購入を推奨します。
  • 最後までご覧になってからの判断で構いません。
  • 独学の勉強方法も一緒に紹介します。

有料級の解説になりますので、英語を本気で学びたい方向けのノウハウが満載です。

スポンサーリンク

独学で英語が上達する方法①

第一章〜英語は独学で十分〜

独学でも大丈夫?

本当に上達するか不安だわ…。

結論を言いますと、

ポイント

◎英語は独学でも必ず上達します。

現代は情報過多の時代でして、今までの英語の学習方法は、

  • 英語教材
  • 英会話レッスン
  • ホームステイ受け入れ

これらの方法により英語が上達するようにみなさん頑張ってきました。

しかし今では、ネット社会の波及により、

  • オンラインコミュニティ
  • YouTube

これにより、家にいてもスマホやPCで、いつでもどこでも英語が簡単に学べるようになりました。

つまり、英語の教材を買って勉強したり、英会話教室で高額なレッスン料を払ったりすることはすでに効率が悪い方法になります。


そのうえで、自宅にいながら独学でどのように勉強すればいいのかと言いますと、

結論を先に述べると、2つの方法があります。

ポイント

◎独学による英語の学習方法

  • シャドーイング
  • オンライン英会話

以上の2つになります。順に解説していきますね。


シャドーイング

『シャドーイング』とは、外国語を聞きながら同時進行で復唱することです。

英語の音声をすぐさまかぶせて読むことです。これをひたすら繰り返します。

そのうえで、テクノロジーの進化により、今までの学習方法が格段に変わります。

例えば、

The Full Story of Nas Daily

NAS DAILY(ナス・デイリー)のYouTubeチャンネルでは、聞き取りやすい英語でフル字幕になっているため、非常にシャドーイングに適した動画になっています。もちろんYouTubeなので無料です。

シャドーイングは継続して続けることで、自然と英語が聞けるようになります。初めは英語のスピードについていくのがやっとですが、徐々に耳が慣れてそして話すスピードも上達していくので、自然と「聞く」「話す」が身に付いていきます。


オンライン英会話

もうひとつの独学での学習方法は、『オンライン英会話』です。

今はソーシャル・ネットワークに波及によって様々な人達とのコミュニケーションが可能になりました。

その中で、

  • Twitter
  • Instaglam
  • Facebook
  • TikTok

これらのSNSを通じて海外の人たちとオンラインでつながることはとても容易です。

メッセージを英語でやり取りをするだけで読み書きが上達しますし、そのうえで、SkypeやZoom、Teamsなどを活用すれば、リモートで会話することが可能です。

SNSだと相手がどんな人か分からないし、ちょっと恐いかも…。

確かにこのように思うかもしれません。

このような時は「英語を上達するための学習」として割り切ることが大切です。

なので個人情報等は絶対に教えてはいけません。あくまで英語の学習としてつながるためのツールにしましょう。

※それでも不安な方は、オンライン英会話の無料レッスンを受けることができます。

『DMM英会話』では、無料レッスンを受講することができます。安心して英会話を学習したい方は、コチラのレッスンで受けることを推奨します。

DMM英会話無料レッスンはコチラ

筆者のおすすめは、シャドーイングで英語を学習したあとに、DMMの無料英会話レッスンの流れで学習することをおすすめします。徐々に英語が聞ける実感が湧いてきたら、次はコミュニケーションが取れるようになることが必須です。海外旅行で円滑に会話ができるようになったり、仕事で外国人の方と英語でビジネス会話をするために学習しているのであれば、まずは無料レッスンでコミュニケーションを取ることからで全然OKです。筆者も無料レッスンで学習し仕事でコミュニケーションが円滑に取れるようになりました。何事も経験が大切です。


最先端の英語学習本を紹介

以上が、「独学で英語を学習する方法」を解説しましたが、ここからは『独学の英語学習本』についてさらに深掘りをしようと思います。

高額な教材を買う必要は一切いりません。最先端の英語学習本で勉強します。それがコチラ。

『英語日記BOY』

推奨する書籍

英語日記BOY

Amazonより引用

◎『英語日記BOY』新井リオ(著)

「海外で夢を叶える英語勉強法」というキャッチフレーズで、効率よく英語を学ぶ方法を伝授します。そのうえで、学んだ英語の使い方についても言及。英語の学び方と使いかたの等身大の学びが詰まった圧倒的良書です。

本書を推奨する理由は、

  • 圧倒的良書である
  • 確実に英語が上達する
  • 現実的な英語が身につく
  • 表紙がオシャレ

といった感じです。

kiragamiteru.comより引用

著者の新井リオさんは、元ミュージシャンで、現在はフリーランスデザイナー。1994年生まれの26歳。19歳のころに独学でカナダに渡りデザイナーといった経歴になります。


身の回りのこと&考えていること

ポイント

◎今までの英語学習は古い。

前述で述べたように、

  • 英語教材
  • 英会話レッスン
  • ホームステイ受け入れ

これらで英語を上達しようとする考えはもう古いです。

◎スマホとPCで英語学習は何とかなる。

これが本書になります。

例えば、「英語 独学」で検索した時に、

  • 高額な教材
  • 留学

これらばかりが検索エンジンの上位に表示され推奨されます。

すべて高額な金額を負担しなければいけません。

お金がないと英語は勉強できませんか?

このような疑問を抱いた時に、

「きっとできるはず」

このように考えた著者の新井リオさんがまず着目したのが、英語ができることの定義になります。

ポイント

◎「英語ができる」定義

オリジナルのフレーズを瞬時に組み立てられる事

海外旅行で道を聞くレベルまで上達したいのに、ビジネス英会話ができても意味がありません。つまり、自身の身の回りや考えていることに対して英語ができるようになればいいのです。

例えば、「パン屋さん」であれば、

  • パンの名称
  • 接客対応
  • 海外の通販サイトの運営

これらが英語で成立するのであればいいわけです。

しかし、英語の学習本として成立するには、

◎誰もが英語ができるようになる学習本

教材や英会話レッスンは、一度身の回りや考えていることに置き換えなければいけません。

高額な教材で、

「Ken likes an Apple」

これを学習しても、

「I like an Apple」

このように自分のオリジナルのフレーズに置き換えなければなりません。

瞬時に組み立てることはできないですよね。

つまり、自分の身の回りや考えていること書くことから始まります。

ポイント

◎自分の身の回りや考えていることを書く

→『英語日記』

これが著者の新井リオさんが最先端の英語学習本として導き出した、誰しもが共通する、英語ができるようになる学習本になるのです。

英語で日記をつけることができれば、身の回りや考えてることのオリジナルのフレーズをたくさん書き記すことができます。

そしてこの『英語日記』は、

英語日記って難しいし、大変だし、長続きしません…。

このように考えている人、すでに始めていて悩んでいる人は、

  • 瞬時に組み立てられない
  • 身の回りのこと&考えていること

これらをきちんと理解していないことが原因です。

つまり、単純に高額な教材や留学で英語が上達するのは大きな間違いで、自分の置かれている状況を日記に英語で落とし込んでいくことで、身の回りや考えていることがどんどん英訳されていき、それらはすべて自分の英語の知恵として身に付きます。だから英語日記をコツコツつけていけばやがて英語が上達するのです。

英語日記で英語ができるようになる発想は正直誰も思い浮かばない最先端の英語学習方法です。ぜひ試してみてくださいね。


以上が、「英語BOY」の書評レビューになります。

推奨する書籍

英語日記BOY

◎『英語日記BOY』新井リオ(著)

必ず英語ができるようになる最先端の英語学習本。ぜひ一度手にとって読んでみることをおすすめしますm(_ _)m


◎次回は、「第二章〜英語日記〜」についてさらに深掘りして解説していきます。

※一つ注意点として、第二章からは、『英語日記BOY』についての内容をさらに深掘りして解説していきます。「ネタバレしたくない!」という方は本記事を参考に、書籍の購入することをおすすめします。あらかじめご了承くださいませm(_ _)m

「第二章〜英語日記〜」についてはコチラ

最後までご覧いただきありがとうございました

当ブログでは、だれよりもわかりやすくをモットーに、

自己啓発書やビジネス書中心に、書籍の紹介、レビューをしています

書籍の購入の参考にしていただければ幸いです。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました