サクッと読める『トレイルブレイザー』書評レビューまとめ①

スポンサーリンク

どーもcedrobookのすぎです。いつも当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

◎当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • 読書が趣味
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じ。

趣味の”読書”を活かして、紹介する書籍の購入を考えているみなさんの、お役に立てていただけたらと思い、当ブログを運営しております。かならず”読みたくなる””買いたくなる”書評ブログを提供します。だれよりもわかりやすくあらすじを解説していきますので絶対に損はさせません。ぜひ最後までご覧くださいませm(_ _)m


◎本記事を読む価値がある人

  • トレイルブレイザーはどんな本なのか?
  • 社会の未来について勉強したい。
  • どのようなスキルが必要なのか?
  • 今後の働き方について知りたい。
推奨する書籍

トレイルブレイザー

Amazonより引用

世界最大の顧客管理ソフトウェア企業「セールスフォース・ドットコム」創業者が語る企業文化に迫ったビジネス書。創業20年で従業員5万人、GAFAと肩を並べるまでに急成長を遂げた全貌を公開。そしてこれからの未来の社会に必要な新時代のリーダーとは何か?過去の実績からこれからの時代を生き抜く社会について学べる圧倒的良書です。


スポンサーリンク

『トレイルブレイザー』書評レビューまとめ①

第一章〜本書の概要〜

本章で解説する概要は2つあります。

それがコチラ。

◎本書の概要

  • セールスフォースCEO
  • 開拓者=「トレイルブレイザー」

以上の2つになります。順に解説していきますね。


セールスフォースCEO

forbesjapan.comより引用

まず本書の筆者は、アメリカのIT企業『セールス・フォース』のCEOである、マーク・ベニオフ氏。

大概の本書の内容は、

ポイント

◎新時代のリーダー論

マーク・ベニオフ氏が現代、そして未来におけるリーダー像を事細かく語っています。

本書の見どころは、過去に数あるビジネス書のあり方というのは、

  • いかにして売り上げるか?
  • いかにして成功するか?

これにフォーカスした書籍が多い。これがポイントになってくる。

しかし本書は、

  • 売り上げるためのリーダー
  • 成功するためのリーダー

つまり、セールスフォースが創業20年で成長してきたノウハウ、そして、これからの時代のリーダーのあり方を、「経験」「失敗」すべて包み隠さず話し、おおくの知恵を学べる良書になっています。

筆者が読んだ感想を一言で言うと、

◎今っぽいリーダー像

今までのリーダーが古く見えてしまう革新的なリーダー像を打ち出しています。


セールスフォース社は、世界最大の顧客管理ソフトウエア企業で、マーク・ベニオフは同社のCEOになります。

法人向けに、

  • クラウドコンピューティング
  • AI
  • アプリケーション

これらを製造し、顧客の仲介を担っている企業になります。

このセールスフォースは、創業20年にして従業員数5万人、そしてGAFAと並ぶ大企業へと急成長を遂げました。

そのCEOであるマーク・ベニオフは、アメリカの各誌で「トップリーダー」と謳われ、世界が誇るトップリーダー10名の中にも毎年名前を募らせるリーダー界の巨匠になります。


開拓者=「トレイルブレイザー」

本書のタイトルにもあります、「トレイルブレーザー」は、開拓者という意味になりますが、ただ開拓するのではありません。

ポイント

◎「トレイルブレイザー」とは、

社会貢献に声を上げるリーダー

これが本書を読んで学べるリーダー像になります。

今までの経営者たちは、社会貢献に重きをあまり置かないリーダーが多いです。もちろん社会貢献はしているけれども、ビジネスにおいては単なる”おまけ”でしかありません。

しかし、これから求められるリーダーというのは、

◎社会貢献と成功を一致させられる

このようなニュータイプのリーダーが今後生き残る時代に突入します。これが「トレイルブレイザー」になるわけです。

経営者が成功することは並大抵ではできません。新しいサービスと作ったり、イノベーションを起こし従業員にも給与を支払う。社会的価値を生むサービスと商品を私たちに届ける。それだけでも立派なリーダーと言えますが、もう古い!これからに生きる新しいリーダー像というのは、「社会貢献に声を上げるリーダー」これがまさに将来生き残るための企業を引率するリーダーであることを学べる書籍です。

マーク・ベニオフが言うのは、

ポイント

◎社会貢献には、成功が必要不可欠

しかしこれは、会社を設立した当初から考えていたわけではない。

数々の問題や失敗を経験したマーク・ベニオフは、それらを経験していくうちに、必然的に社会貢献をしているようになり、その時の助けてくれたのが、「トレイルブレイザー」である一つの考え方だったのです。だから失敗や問題を乗り切ることができたのです。


以上が、『トレイルブレイザー』に関する、「第一章〜本書の概要〜」について解説をしました。

◎次回は、「第二章〜ルーツ〜」について解説をしていきます。

一つ注意点として、第二章からは本書の内容に踏み込んだ話を解説していきます。「ネタバレしたくない!」という方は第一章で本書を購入することを推奨します。あらかじめご了承くださいませm(_ _)m

「第二章〜ルーツ〜」を読みたい方はコチラ

推奨する書籍

トレイルブレイザー

これからの新時代に勝ち抜くためのリーダー論を余すこと無く解説してくれる圧倒的良書です。本記事での書評レビューを参考にしていただき、ぜひ一度手に取り読んでいただけたら幸いですm(_ _)m

合わせて読みたい

がんばらない働き方

GAFAの一つである「Google」が提唱する働き方が学べるビジネス書。0から1を生み出す、がんばらない働き方が学べる一冊です。これからのリーダー像と照らし合わせて、働き方も変化していきますので学習してみてくださいませ。

『がんばらない働き方』についての書評レビューはコチラ


また、ビジネス書のおすすめも紹介していますので、こちらも合わせてご覧くださいませ。

『令和の読むべきおすすめのビジネス書まとめ』はコチラ

『仕事・勉強でやる気になるおすすめ本まとめ』はコチラ

最後までご覧いただきありがとうございました

当ブログでは、だれよりもわかりやすくをモットーに、

自己啓発書やビジネス書中心に、書籍の紹介、レビューをしています

書籍の購入の参考にしていただければ幸いです。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました