【厳選2冊レビュー①】育児と教育に役立つおすすめ本はコレ!

スポンサーリンク

どーも、cedrobookのすぎです!いつも当ブログをご覧いただきありがとうございますm(_ _)m

◎当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • 2児の父親
  • 読書が趣味
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じです。

趣味の”読書”を活かして、紹介する書籍の購入を考えているみなさんの、お役に立てていただけたらと思い、当ブログを運営しております。かならず”読みたくなる””買いたくなる”書評ブログを提供します。だれよりもわかりやすくあらすじを解説していきますので絶対に損はさせません。ぜひ最後までご覧くださいませm(_ _)m


本記事では、

育児と教育に関するおすすめ本を知りたいな!

子供の育て方について学習したいけど、どんな本がいいのかしら?

子供にきちんとした教育をさせていい子に育てたいです!

といった悩みに答えます。

本記事では、育児と教育に関するおすすめ本2冊を、独自の書評を交えて解説していきます

①▶子どもにいいこと大全

◎『子どもにいいこと大全』成田奈緒子、石原新葉 (監修)主婦の友社

子供の自律神経を整える”いいこと習慣”を、生活リズム、睡眠、食、運動などの様々な切り口から解説している圧倒的良書です。「子どもに健康的な日常を過ごしてもらいたい」そんな期待に応える『全62の習慣』が学べる育児に最適な一冊になっています。

Amazonより引用

②▶モンテッソーリ教育×ハーバード式 子どもの才能の伸ばし方

◎『子どもの才能の伸ばし方』伊藤美佳(著)

9つの知能で子どもの才能を発見し、集中(フロー)状態でその才能をグングン伸ばします。史上最年少棋士である『藤井聡太(棋聖)』もこの”モンテッソーリ教育”を受けていたとして話題になりました。9つの知能を伸ばす全40種類のオリジナルのメゾットが書かれている教育本の鉄板とも言える一冊です。

Amazonより引用

子どもの子育てや教育に関して、「本当にこれでいいのか?」と疑問になることは多々あります。もちろん我が子には”いい子”に育ってもらいたいのが当たり前であり、一生懸命育児や教育に奮闘するお母さん、お父さんの背中を後押しし、より良い方向へ導いてくれる圧倒的良書になっております。筆者も数多くの子育てに関する書籍を読み漁り、厳選した2冊を自信を持って紹介しますので、ぜひご購入の参考にしていただけたら幸いですm(_ _)m


【育児と教育①】子供の身体と才能を育てるモンテッソーリ教育

◎オリラジのあっちゃんこと、中田敦彦先生のYouTube大学でも紹介されていますので、こちらも合わせてご覧くださいませ。


◎本記事では、

この2冊を交えた書評レビュー「第一章〜本書の概要〜」について解説をしていきます。


スポンサーリンク

第一章〜本書の概要〜

本記事では、『子どもにいいこと大全』×『子どもの才能の伸ばし方』の2冊を織り交ぜて解説していきますが、育児と教育に関して、本書の中で大まかに語られているのは、

ポイント

◎身体と才能

この2つのことについて触れています。順に概要を解説していきます。


①育児と教育『身体』

お子さんの身体に関する悩みは多数あります。その中でも特に多いのが、

  • 食べない
  • 寝ない

うちの子全然ご飯食べないんだけど大丈夫かな…。

夜寝かしつけてもなかなか寝ないのよ…。

といった悩みを持つ親はたくさんいるはずです。

しかし心配は決していりません。

これは子どもの性格や性質でもなければ、全員の子どもがそうであり続けるということでもありません。

ポイント

◎身体のバランスを整える生活習慣

これをつくってあげることで、しっかり夜寝ることができたり、ご飯を残さず全部食べきるようになることは不可能ではないのです。

そのうえで最も大切なことは『自律神経』です。

この問題は大人である私たちにもよくありがちな悩みですよね。

ハードワークで自立神経が乱れちゃって食欲が湧かないし、夜も全然眠れません…。

このように大人でもありがちな悩みでもあります。

しかし、子どもにとっても自律神経というのは作用しているため、

  • 「夜なのになんだか寝れない」
  • 「食事の時間なのに食べたくない」

このような現象が現れていることは、自律神経のなんらかの異常をきたしている可能性が高いと言います。なのでもう一度、自律神経を見直し正しい生活習慣に整えてあげることが大切になってきます。


そしてもう一つ大切なことは、自律神経にフォーカスして問題を捉えることだけではなく、

  • 「子ども寝ない」
  • 「子ども食べない」

このように、子どもの生活習慣のことばかりに執着してしませんか?

ポイント

◎子どもの生活環境をつくっているのは親

つまり、親の生活習慣から変えようとしない限り、子どもの生活習慣も変わりはしないのです。

胸にグサッと突き刺さる言葉…子どもがなかなか寝ないのは、まさに私のせいでした!

このように「私ができていなかった!」という習慣が、

▶『子どものいいこと大全

本書に随所として出てきますし、

  • 「食べない」
  • 「寝ない」

そんな子どもたちの生活習慣を見直す前に、親である私たちがそのことを知ったうえでこれから改善していけばいいのです。

筆者的には「一緒に」がキーワードですね!自分も子どもも一緒に生活習慣を見直す、それにより子どもの成長のサイクルがうまく回るのではと思います。


②育児と教育『才能』

現在の日本の教育に関しては、今までの「管理型の教育」から脱出しないと未来はないと言われています。

『管理型の教育』とは具体的に、

  • 旧式のIQテスト
  • お受験

これらに振り回されていても仕方ないということです。

「有名な進学校に通わせるための中高一環の私立中学を受験させるために塾に行かせる」ことは金銭的にも時間的にもとてもたいへんなことです。

しかしそれに向かったところで、果たして才能あふれる子どもになるのでしょうか?

これが保証されていないのです。

かつては「慶応の幼稚舎に入ったら安泰だ!」なんて時代もありました。しかし実は、「エリート」と呼ばれる学校になんとか入ったところで、将来が安泰だという保証はどこにもありません。

ポイント

◎時代は変わているのに、幼児教育は変わっていない

これが今の日本の現状になるわけです。

たしかに…いい大学を出て大企業で出世してお金を稼ぐ!なんて時代は今はもう古いのです。日本のTOYOTAやSONYといった世界のトップシェアを誇ったメーカーは、今や、Google、Amazon、AppleといったアメリカのIT企業がシェアを誇っていますし、個人でみてもかつては「サッカー選手」がなりたい職業第1位だったのが、今や「YouTuber」が第1位になっているわけです。このように時代はどんどんIT革命が進化を進めているなかで、唯一日本だけが、戦後と変わらぬ教育指針のもとに子どもの教育を施しているのです!

いまだに幼児教育は、大企業に粛々と入らせようとする「旧式エリート」を作ろうとする教育から逃れられていないのです。

そのうえで、

モンテッソーリ教育×ハーバード式 子どもの才能の伸ばし方

本書で語られているのが、『脱管理型の教育』です。

本書では、「IQ」の考え方が古いのではないかという疑問をされています!

ハーバード大学ハワード・ガードナー氏が提唱する理論では、

ポイント

◎モンテッソーリ教育

「能力は一つの指標で見てはならない」

つまり複数の大きな指標、海外では「8つの知能」というものがあり、それに本書の著者である伊藤美佳さんがもう一つ付け加えて、合わせて「9つの知能」について本書では提唱をしています。

今までのインテリジェンスは、「IQ」という言葉一つにくくりつけられていましたが、

本書で語られている知能は、

  • 「学力」
  • 「感性」
  • 「社会性」

これらの具体的な複数の知能に踏み込んで、それぞれの分野をバランスよく伸ばすことが必要だということです。

たしかに日本人は勉強熱心で学力が高いですが、例えば美学に関しては劣っていたり、学校では教えてくれないコミュニケーション能力が乏しい人も中には存在します。それをバランスよく育てようというのが本書の目的です!

合わせて読みたい

◎「社会性」を学べる大ヒット漫画

漫画 君たちはどう生きるか

◎『君たちはどう生きるか』(原作) 吉野源三郎(漫画) 羽賀翔一

自分自身の、そして子供の教育に”生き方”の知恵を教えてくれる『君たちはどう生きるか』情報過多の世の中で本質を見失い、確証を持てない方向けに、スマホを置いてぜひ一度読んでもらいたい一冊になっております。当サイトではこちらの書籍の書評レビューもしていますので、ぜひ参考にしていただけたら幸いですm(_ _)m

『君たちはどう生きるか』書評レビューはコチラ


  • 「学力」
  • 「感性」
  • 「社会性」

これらを鍛えることを『多重知能理論』と呼びます。

この『多重知能理論』と、先述した『自律神経』がバランスよく伸ばすことができると、「子どもは身体も頭も心も強く成長する人間になれるのではないか」という仮説をもとに学べる書籍の内容になっているわけです。


以上が、『子どものいいこと大全』と『子どもの才能の伸ばし方』この2冊についての「第一章〜本書の概要〜」について解説をしました。

子どものいいこと大全

◎『子どもにいいこと大全』成田奈緒子、石原新葉 (監修)主婦の友社


子どもの才能の伸ばし方

子どもの育児と教育に関するおすすめ本をあ2冊同時にレビューいたしましたが、どちらも圧倒的良書になっていますので、子育てに悩みを抱えているお母さん、お父さんには、書評レビューを参考にぜひ一度手にとって読んでいただけたら幸いですm(_ _)m

◎次回は、『子どものいいこと大全』と『子どもの才能の伸ばし方』についての書評レビュー「第二章〜食事と睡眠〜」について解説していきます。

ひとつ注意点があって、第二章からは具体的な内容に踏み込んだ書評をしていきますので、「ネタバレしたくない!」という方は、第一章までで本書の購入をすることをおすすめします。予めご了承くださいませm(_ _)m

「第二章〜食事と睡眠〜」を読みたい方はコチラ

合わせて読みたい

◎学校では教えてくれないもう一つのこと、それは『お金に関する教育』です。お金の教育に関してわかりやすく書かれているベストセラー漫画

漫画 バビロン大富豪の教え

「お金」と「幸せ」を生み出す五つ黄金法則が書かれている名著です。「お金に働かせる」ということを本書で学ぶことができます。こちらの書評レビューも解説していますのでぜひ合わせてご覧くださいませm(_ _)m

『バビロン大富豪の教え』についての書評レビューはコチラ

最後までご覧いただきありがとうございました

当ブログでは、だれよりもわかりやすくをモットーに、

自己啓発書やビジネス書中心に、書籍の紹介、レビューをしています

書籍の購入の参考にしていただければ幸いです。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました