書評レビュー『絵本 Goodnight Moon』の見どころを解説!

スポンサーリンク

どーも、cedrobookのすぎです!いつも当ブログをご覧いただきありがとうございますm(_ _)m

◎当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • 32歳2児の父親
  • 読書が趣味
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じです。

趣味の”読書”を活かして、紹介する書籍の購入を考えているみなさんの、お役に立てていただけたらと思い、当ブログを運営しております。かならず”読みたくなる””買いたくなる”書評ブログを提供します。だれよりもわかりやすくあらすじを解説していきますので絶対に損はさせません。ぜひ最後までご覧くださいませm(_ _)m


本記事では、

どの絵本を買えばいいのかいつも悩みます。

『GOOD NIGHT MOON』ってどんな絵本か知りたいわ!

購入前に少しあらすじを知りたいです!

といったニーズに答えます。

Goodnight Moon

◎Goodnight Moon マーガレット&クレメント作

眠りたくないうさぎの物語。「おやすみなさい」という言葉は穏やかで優しい言葉に包まれてきっと子どもたちを夢の中へ誘うことができる一冊です。寝る前の読み聞かせる絵本の代名詞とも言えるGoodnight Moonの見どころを余すことなく解説します。購入前の参考にしていただけたら幸いですm(_ _)m


【中田史上最高の絵本①】子供も楽しめて大人の心にも残る絵本4選

◎オリラジのあっちゃんもYouTube大学で紹介していますので、こちらも合わせてご覧くださいませm(_ _)m


スポンサーリンク

書評レビュー『Goodnight Moon』

Goodnight Moon

◎『Goodnight Moon』 マーガレット&クレメント作の世界中で愛されている絵本の一つになります。

Amazonより引用

購読者の評価も高評価となっており、ベストセラー第1位を獲得しております。

補足

ひとつ補足として、”日本語版”も出版されています。

日本語で読み聞かせたいわ!

という方は、ぜひこちらの日本語での購入をおすすめします。

おやすみなさいおつきさま

◎『おやすみなさい おつきさま』 せた ていじ翻訳

◎日本語版も同様に高評価になっていて、ここ日本でもたくさんのお子さんに読まれています。

筆者が選ぶ絵本の中で。『寝る前の読み聞かせ絵本』の最強の一冊といっても過言ではありません!上記で紹介した通り、日本語版が出版されているのですが、筆者としては、ぜひ英語版で読み聞かせをすることをおすすめします!


ストーリー

Puppy Dogs&Ice creamより引用

『Goodnight Moon』のストーリーは、

◎主人公は『うさぎさん

うさぎさんは、お部屋にある色々なものに、

「Goodnight」

「おやすみなさい」を言います。

そして眠りにつくという物語です。

他にもうさぎさんは、”音”にも「Goodnight」を言って眠りにつきます。ストーリーとしてはめちゃくちゃシンプルです。うさぎさんが「おやすみなさい」を言って眠りにつくというお話です寝かしつけに読み聞かせるにはピッタリの一冊です!

概要

Goodnight Moon

『Goodnight Moon』は1945年に、マーガレットという人が物語を作り、クレメントという人がイラストを描かれています。

そこから1947年に出版されていて、現在に至るまでずっと売れ続けている大ヒット作品になります。

Q:それはなぜか?

寝かしつけのための、夜に関係する絵本は無数に存在します。

筆者も本屋に行って寝る前の読み聞かせの絵本を探したときに、基本的に夜に関係した絵本がほとんどで驚きます!

しかしこれだけは、

ポイント

◎寝かしつけの絵本の中の最強の一冊

この『Goodnight Moon」が子どもたちを寝かしつけるのに、どの絵本よりも優れていることをこれから解説していきますね。

魅力①:色彩

この絵本の最大の魅力が、

ポイント

◎『緑』と『赤』の色彩で描かれていること

表紙を見てまず目につく色が、『』と『』ですよね。

夜の関係する絵本の色彩の象徴は、基本的に『黒』『青』『黄色』というイメージが強いと思います。しかし『Goodnight Moon』は、『緑』と『赤』を基調としています。だから本屋で見かけたときに度肝を抜かれたわけなんです。

子どもたちの寝る前に読み聞かせる絵本にしては、色彩が派手です。そのうえで非常に色彩が鮮やかに感じます。イラスト作家のクレメントもかなり色彩にこだわりを持っていることが表紙を見ただけでわかるのです。

さらにセリフにも注目してみると、

1ページ目の冒頭で、

◎「緑の部屋に赤い風船が浮いています」

この言葉から入ります。

『緑』と『赤』のイラストは、セリフに合わせて描かれた意図的なものだったのです!

『緑』と『赤』が基調となっているシンボルと言えば、

例えば『クリスマス』

ですよね。クリスマスを想像すると、ワクワク感とか楽しいイメージを想像しがちですが、そんなエネルギッシュな色彩を、寝る前の読み聞かせ絵本に織り込んでいるわけです。

どのページを見ても、基本的な色彩は『緑』と『赤』が基調になっていて、唯一最後の眠りにつくページで暗くなります。

『緑』と『赤』が基調となっている色彩でページをめくり、最後に暗くなるギャップは絵本でしか味わえない感覚で、他の寝る前に読む絵本とは一線を博しています。とてもオシャレな絵本になっているわけです!

Q:なぜ鮮やかな色彩なのか?

それは、

ポイント

◎起きてる時間をあえて鮮やかに描き、寝る時間を強調するため

筆者はこのためだと感じました。

魅力②:韻

もう一つの魅力が、

ポイント

◎英語版を読む理由が『韻』

英語版で読み聞かせてほしい理由が、『』に隠されています。

とにかくずっと韻を踏んでリズミカルに読み聞かせることができるのも特徴です。

  • bears-chairs
  • kitten-mittons
  • clocks-socks

このように、

  • クマの前にイス
  • 子猫の後ろに手袋
  • 時計の下にくつ下

英語で読み聞かせると『韻』を踏んでいて、それがずっと続いていきます。なので歌を歌うようにリズミカルに読むことができるのです。

テンポよく読み進めることができるので、読んでいる大人もだんだん眠くなってしまうのも特徴の一つです。なので聞いている子どもたちも気持ちよく聞くことができます!逆に言うと、日本語版は『韻』が踏めないので、リズムが取れないのがネックです。

情報量が少ないページ数とシンプルなセリフを、鮮やかな色彩でカバーしているので、英語版で『韻』を踏んでいるところにも大きな意図が含まれています。無駄がまったくない中で翻訳するだけで絵本の魅力が損なわれてしまいます。だから繰り返しになりますが、英語版で読み聞かせることをおすすめします。

さらにフォントもすばらしくきれいでして、芸術そのものとなっているので、

ポイント

◎この絵本が家に置いてあるだけで、絶対に素晴らしい子供になる

このように感じ取れる絵本なわけです。

魅力③:すべてのものが眠る

最後の魅力の一つが、

ポイント

◎すべてのものが眠る

部屋の中は、最初から最後まで静かです。

そして色々な動物が登場しますが、それらのほとんどは絵の中にいます。ペットの子猫や忍び込んだネズミが出てきますがほとんど会話はしません。

ですが、机の上に置いてある『マッシュポテト』や『ブラシ』にも「Goodnight」を言うので、部屋中のありとあらゆる全部に「おやすみ」を言います。

そしてさらに、

  • 空気
  • サイレント
  • 沈黙

これらに対しても「おやすみ」を言います。

Q:なぜうさぎがすべてのものに「おやすみ」を言うのか?

それは、

ポイント

◎みんなに夜が来て、みんな一緒に寝る

このためだと筆者は感じ取りました。

だからうさぎは一人でも寂しくありません。

子供って一人で寝るのを非常に怖がりますよね…「まだ寝たくない!「ママと一緒がいい!」このように言いますよね。つまり寝るのが怖いから。

本来ならば、夜が来ることが怖かったり、寝るのが怖いといった気持ちになります。ずっと起きていたり、ずっと遊んでいたいはずです。そしてそのうちにコテッと眠りについてしまうのが子供です。

しかし、部屋中のいろんなものが一緒に寝ます。だから寂しくないですし、一人で寝ても怖くないわけなんです。

◎夜の怖さは、死の恐怖と類似している。

子供にとっては、明日が来ることはわかりません。だから一度眠ってしまったら永遠と寝たままになてしまうのではないか。こう思うからこそずっと起きていたい気持ちがあるのです。

それを言い換えれば『死』と同様で、さらにこの本で感じ取れることが、

◎『死』と『安息』の境界

これではないかと筆者は感じます。

『Goodnight Moon』「おやすみなさい おつきさま」

死の恐怖から寝るのが怖いのを、すべてが寝るから寂しさを紛らわす勇敢なうさぎの眠りを鮮やかな色彩とともに描いたすばらしい作品になっているのです。


以上が、『Goodnight Moon』の書評レビューになります。いかがだったでしょうか?

Goodnight Moon

◎『Goodnight Moon』マーガレット&クレセント作

鮮やかな色彩と優しく包み込むリズミカルな言葉で眠りにつく子供に読み聞かせる絵本にぴったりな一冊です。本記事を参考に一度手にとって子どもたちに読み聞かせてあげてはいかがでしょうか?購入前の参考にしていただけたら幸いですm(_ _)m

合わせて読みたい

はぐ (幼児絵本シリーズ)

◎『はぐ』佐々木マキ 著、イラスト

お子さんを”ギュッ”と思わず抱きしめたくなる、不思議と幸せに満ち溢れる絵本。『はぐ』という言葉の優しさ、柔らかさが心に響く特別な一冊です。子供が読んでも面白い、大人の心にも残る、村上春樹さんの著書のイラストも手がける『佐々木マキ』さんが描いた絵本『はぐ』についての書評レビューもしています。こちらもあわせてご覧くださいませm(_ _)m

→『はぐ』についての書評レビューはコチラ

最後までご覧いただきありがとうございました

当ブログでは、だれよりもわかりやすくをモットーに、

自己啓発書やビジネス書中心に、書籍の紹介、レビューをしています

書籍の購入の参考にしていただければ幸いです。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました