【第二章】書評レビュー『君たちはどう生きるか』の見どころ解説!

スポンサーリンク

どーも、cedrobookのすぎです。いつも当記事をご覧いただきありがとうございますm(_ _)m

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • 読書が趣味
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じです。

趣味の”読書”を活かして、紹介する書籍の購入を考えているみなさんの、お役に立てていただけたらと思い、当ブログを運営しております。かならず”読みたくなる””買いたくなる”書評ブログを提供します。だれよりもわかりやすくあらすじを解説していきますので絶対に損はさせません。ぜひ最後までご覧くださいませm(_ _)m


本記事は、

『君たちはどう生きるか』ってどんな本なんだろう?

購入前にあらすじを知りたい!

生き方を教えてくれる学習本を探しています!

といったニーズに答えます。

漫画 君たちはどう生きるか

◎『君たちはどう生きるか』原作 吉野源三郎漫画 羽賀翔一

自分自身の、そして子供の教育に”生き方”の知恵を教えてくれる『君たちはどう生きるか』情報過多の世の中で本質を見失い、確証を持てない方向けのスマホを置いてぜひ一度読んでもらいたい一冊になっております。

すべての世代で2018年の一番読まれた本になっております!筆者も読みましたが、”生き方”について深く考えさせられた一冊です!悩みや行き詰まりを抱えている人はぜひ手に取り、人生を見つめ直すキッカケになるはずです!


【君たちはどう生きるか①】〜歴史的名著「君たちはどう生きるか」2018年一番読まれた本を中田が解説〜

◎中田先生のYouTube大学でも本書について解説していますので、こちらも合わせて参考にしてみてくださいね。


◎前回までの話

これについて解説してきました。

◎本記事では、「第二章〜銀座から見た街〜」について解説をしていきます

第二章からは具体的な内容に踏み込んだ書評をしていきますので、「ネタバレしたくない!」という方は、第一章までで本書の購入をすることをおすすめします。予めご了承くださいませm(_ _)m


『君たちはどう生きるか』第二章〜銀座から見た街〜

漫画 君たちはどう生きるか

ハピママより引用

15歳の少年『コペル』

そして、

ライフフィールドマガジンより引用

コペル君の母親の実弟である『おじさん』

ポイント

◎おじさんが書いた”ノート”と、コペル君の”裏切り”までが描かれたストーリー

本作品のあらすじは、

  • 友達の裏切りと、おじさんのノート
  • 銀座から見た街
  • 浦川をいじめる山口
  • 野球・豆腐屋・ミルク缶
  • 浦川のノートと父
  • ガッチンとナポレオン
  • 雪の日の裏切り
  • 手紙と投稿

以上の、全8つのエピソードに分かれて描かれています。

エピソード0の”友達の裏切りと、おじさんのノート”に関しては、「第一章〜本書の概要〜」で触れています!

本記事では、『エピソード1:銀座から見た街』について見どころを解説していきますね。


『エピソード1:銀座から見た街』は、

ポイント

◎コペル君とおじさんの再会、そして『コペル』のあだ名の由来が描かれている

おじさんの職業は『編集者』

ある日、おじさんが働いていた出版社が潰れてしまい、コペル君の家の近くに引っ越しました。そして引っ越しの手伝いをコペル君がするところから始まります。

引っ越しの手伝いをしながら、コペル君とおじさんは話します。

目に見える最小単位は”分子”で、その”分子”が集まってモノになる!

こんなことを言い出します。

ちなみにコペル君は成績優秀で頭がいいんです!

そんな話をしているときに、小雨が降ってきて、引っ越しもキリになっていたので、

ちょっと出かけようか?

このようにおじさんがコペル君を誘います。そこで『銀座』に向かうわけです。

そしてデパートの屋上に行き、コペル君は街並みを見ながら、

人がちっちゃいね。まるで”分子”みたいだね!

授業の内容を思い出して、銀座を歩く人が”分子”に見えたのです。

それを聞いたおじさんが、

おもしろいことを言うね!じゃあこれから君のことを『コペル君』と呼ぼう!

このように言います。ここで『コペル』というあだ名が付くのです。

この『コペル』とあだ名は、

ポイント

コペルニクスの発見に相当する

地球が太陽のまわりを回る”地動説”を唱えた科学者『コペルニクス』から取って付けたあだ名です。頭がいいコペル君に対して、あだ名を付けるおじさんも色々な知恵が備わっていて相当頭がいい人なんです!

つまり、『コペル』というあだ名を付けたのは、おじさんになるわけです。

おじさんが『コペル』と名付けてくれたから、なんだか今日はワクワクして寝れそうだ…。


『エピソード1:銀座から見た街〜』はこのようなストーリーになっています。

ここで、”ノート”が開かれます。

「第一章〜本書の概要〜」でも解説しましたが、この物語はコペル君が、おじさんが書いた”ノート”を読んで思い出している話になります。

このページでおじさんが書いた”ノート”の内容というのは、

ポイント

◎ものの見方

先ほど出てきた、”地動説”に対しての批判、キリスト教からの迫害の内容が書かれています。この話でおじさんがコペル君に教えたことというのは、

◎人間は自分を中心に考えたい生き物

このことを伝えています。

これを聞いたとき、グサッと心に響きましたね!正直人間は自己中心的な考えですよね。少なからず筆者はいわゆる”自己中”です笑。それを『地動説』と掛け合わせたところがさすがだなと感じました!

世界地図を見たときに中心にあるのは、『日本』ですよね。自分の家の地図を書くときに、紙の中心に書くのは、『自分の家』を中心に書きますよね。つまり、人間は自分の置かれている状況を常に中心に置いて物事を考える傾向があるのです。

ポイント

◎自分が”中心”で、まわりが”脇役”

まさにこの考えが人間にはあるのです。だからあの『地動説』も当時は受け入れてもらえず、それから数百年後にやっとこの説が受け入れられるようになったのです。

そこで、コペル君が銀座の街並みを見ながら、

人がちっちゃいね。まるで”分子”みたいだね!

という発言は、コペル君自身が『自分も分子みたいにちっぽけな人間』だと解釈して、

ポイント

◎大人より自分を客観視できている

このようにおじさんは、コペル君を褒めています。このような『ものの見方』が出来ることはコペルニクス的な発見だと感じ、『コペル』というあだ名を付けたわけなのです。

めちゃくちゃおもしろいですよね!おじさんの秀才さと閃きに感無量といった感じです!読んでいる筆者からしても知恵がつきますし、二人の話から天文学の唱えや、宗教のあらましといったことも分かるので、非常に勉強にもなるのです!


以上が、「第二章〜銀座から見た街〜」について解説をしました。

◎次回は、第三章〜浦川をいじめる山口〜について解説をしていきます。

漫画 君たちはどう生きるか

◎『君たちはどう生きるか』

情報過多の世の中で「どのように生きるか」その知恵を教えてくれる一冊です。ぜひ一度手にとって読んでみる価値がある歴史的名書となっています。

合わせて読みたい

自分を変えて、より良い人生を送りたい人が読むべき哲学の名書

7つの習慣

『7つの習慣』スティーブン・R・コヴィー著

こちらも書評していますので、合わせて読んでいただけたら幸いですm(_ _)m

→『7つの習慣』書評レビューはコチラ

最後までご覧いただきありがとうございました

当ブログでは、だれよりもわかりやすくをモットーに、

自己啓発書やビジネス書中心に、書籍の紹介、レビューをしています

書籍の購入の参考にしていただければ幸いです。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました