【第一章】書評レビュー『繊細さんの幸せリスト』を徹底解説!

スポンサーリンク

どーも、cedrobookのすぎです。いつも当記事をご覧いただきありがとうございますm(_ _)m

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • 読書が趣味
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じです。

趣味の読書を活かして、紹介する書籍の購入を考えているみなさんの、お役に立てていただけたらと思い、当ブログを運営しております。かならず”読みたくなる””買いたくなる”書評ブログを提供します。絶対に損はさせません。ぜひ最後までご覧くださいませm(_ _)m


本記事は、

『繊細さんの幸せリスト』ってどんな本なんだろう?

購入前に少しだけ内容を知りたい!

繊細だけど、とにかく幸せになりたいです!

といったニーズに答えます。

「繊細さん」の幸せリスト

◎今日も明日も「いいこと」がみつかる『繊細さんの幸せリスト』のついて徹底解説していきます。

「自分は繊細だ…」と悩んでいる人にとって必ずや救われる一冊!繊細な人間性をポジティブにとらえて人生を幸せに歩むことができる学習本になっています!


【繊細さんの幸せリスト①】繊細さは「幸せを感じるため」の才能

◎中田先生のYouTube大学でも本書について解説していますので、こちらも合わせて参考にしてくださいね。

◎当記事では『繊細さんのリスト』について、「第一章〜本書の概要〜」について解説していきます。


『繊細さんの幸せリスト』第一章〜本書の概要〜

 ”繊細”なことは決してネガティブにとらえるものではありません。

ポイント

◎あなたの繊細さは、幸せを感じるためのすてきな才能です。

本書の帯で、いきなり心にグサッと突き刺さる言葉…これだけでポジティブになれそうです!

Amazonより引用

著者累計25万部突破の待望の最新刊で、すでに高評価も獲得しています。

”繊細さん”とは、別名『HSP(とても敏感な人)』のことで、専門カウンセラーの著者、武田友紀さん自身が”繊細さん”だからこそ、深く味わえる日々の幸せを教えてくれます。


第1弾の「繊細さん」の本では、「繊細さんについて理解すれば、少し楽になる」というお話でした。

こちらについても、ベストセラーの高評価になっております。

当ブログでは、「繊細さん」の本についても徹底解説していますので、まだ読まれていない方はぜひこちらも合わせて読んでいただくと、より今回の話が理解できますので、こちらもご覧くださいませm(_ _)m

「繊細さん」の本の書評レビューについてはコチラ


今回解説する「繊細さん」の幸せリストは、第1弾の「繊細さん」の本の続編になっていまして、一体どういう内容なのかと言いますと、

ポイント

◎繊細さんこそ幸せになれる

つまり、自分が「繊細さん」であることを理解して、それを上手く活かすことができれば、”非繊細さん”よりも幸せになれるかもしれないという希望の光を与えてくれます。

”繊細さん”と”非繊細さん”については「繊細さん」の本で出てきます!

「繊細さん」の特徴について解説しますと、

  • 人といると疲れる
  • 周囲に機嫌が悪い人がいると緊張する
  • 気が付きすぎて仕事に時間が掛かる

このような人はたくさんいますよね。これらが5人に1人の割合で存在するという「繊細さん」の特徴です。

それって俺のことかも…

わたし当てはまってる…

このように思ってしまう人たちは、「繊細すぎる」「気にしすぎ」と社会においてネガティブな捉え方をされていました。

そんな中で、アメリカの心理学者”エレン・アーロン”は、『HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)』がいることを明かしました。要訳すると「高度に繊細な人」のことを言います。

さらにこの『HSP』は、病気や悪いものでもなく、5人に1人の割合で存在する生まれつきによるものになります。

5人に1人の割合を例えるならば、「背が高い人」これくらいの割合で存在します!


前作の「繊細さん」の本の続編になるわけですが、なぜ第1弾が飛ぶように売れたのか?それは「繊細さん」というネーミングにあると本書の著者、武田さんは言います。

ポイント

◎”繊細”なことは病気でもネガティブなことでもない。単に個性である。

だからこの”繊細”な自分を理解して上手く活かすことができればいいのです。

ちなみに”非繊細さん”のことも「ズボラ・鈍感」という言い方をしないのがこの本の優しさでもあります!

”繊細さん”と”非繊細さん”が混同する世の中で、どちらが良い悪いという話ではありません。でもお互いに「こう思っている人がいる」という理解をしなければなりません。

  • ”繊細さん”は、”非繊細さん”の存在を知る
  • ”非繊細さん”は、”繊細さん”の存在を知る

これが大切になります。


”繊細さん”は非常に敏感なので、気にしなくていい、こと細かな部分まで気になってしまいます。

しかしその「気にしすぎる部分」というのをうまく活かすことができれば、

ポイント

◎深く幸せを味わう才能がある

このように著者の武田さんは言います。

つまり個性の活かし方次第ですね!

”繊細さん”は、幸せを得るためには非常に良い才能になるわけです。

まさに本書『繊細さんの幸せリスト』では、この個性の活かし方の具体的な方法が書かれているわけです。


以上が、『繊細さんの幸せリスト』についての、「第一章〜本書の概要〜」を解説しました。

◎次回は”繊細”な個性を活かす具体的内容、「第二章〜いいものを”味わう”〜」について解説します。

ひとつ注意点があって、第二章からは”繊細さん”の具体的な個性の活かし方について解説をしていきます。ネタバレになりますので、本書で学習したいという方は、当記事を参考に書籍の購入をおすすめします。あらかじめご了承くださいませm(_ _)m

合わせて読みたい

”繊細”な人は、まわりの目も非常に気になります。しかし「私のことをどう思っているんだろう?」という感情も、勇気を持てば幸福に生きる考え方を見つけることができます。

嫌われる勇気

『嫌われる勇気』岸見一郎 著・古賀史健 著

幸福に生きる考え方を教えてくれる”3つの主張”を学べる『嫌われる勇気』についても徹底解説していますので、こちらも合わせてご覧くださいませm(_ _)m

書評レビュー『嫌われる勇気』についてはコチラ

最後までご覧いただきありがとうございました

当ブログでは、だれよりもわかりやすくをモットーに、

自己啓発書やビジネス書中心に、書籍の紹介、レビューをしています

書籍の購入の参考にしていただければ幸いです。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました