【第四章】書評レビュー『がんばらない働き方』を徹底解説します!

スポンサーリンク

どーも、だれよりもわかりやすくがモットーの、cedrobookのすぎです。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書とYouTube
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じです。

読書が趣味なので、紹介する書籍の購入を考えているみなさんの、お役に立てていただけたらと思い、当ブログを運営しております。ぜひ参考にしてくださいませm(_ _)m


本記事では、

『がんばらない働き方』ってどんな本なんだろう?

購入したいけど、ちょっとだけ内容を知りたいな!

仕事の効率を上げて出来る人間になりたいです!

といった疑問に答えます。

がんばらない働き方

◎ゼロからイチを生み出せる『がんばらない働き方』の本について徹底解説していきます。

本記事を通して、本書の内容から、筆者個人の感想を交えた書評レビューをご覧いただけます。今の仕事に対して、「がんばっても成果が出ない」「給料が上がらない」など、不満や不安がある方に、確実に参考になるであろう一冊です。ぜひ購入前の参考にしてくださいませm(_ _)m


【がんばらない働き方②】LINEは9割既読スルーしていい!

中田先生のYouTube大学でも本書について解説していますので、コチラも参考にしてくださいね。


◎前回までの話

これらの内容について解説しました。

◎本記事では、『がんばらない働き方』の本についての、「第四章〜生活編」について解説していきます。


◎がんばらない働き方とは

  • 「がんばる」と言わない
  • Googleのやり方
  • 『やらないことリスト』をつくる

この3つが本書で提唱されています。

詳しくは、「第一章〜本書の概要〜」をご覧くださいませm(_ _)m

本記事ではこれに基づき、さらに深掘りをしまして、『生活』に特化して解説をしていきます。


がんばらない働き方〜生活〜

がんばらない働き方に必要な日常生活におけるやらなくていい要素は、全部で3つあります。

結論を述べると、

ポイント

◎生活におけるやらなくていいこと

  • 本を読みきらない
  • スマホをカバンに入れない
  • 大きすぎる夢を持ちすぎない

この3つの要素になります。順に解説していきますね。


本を読みきらない

日本人は真面目でいい人です。それゆえ、本を買い読み始め、途中で読むのをやめてしまうと、

最後まで読めなかった。おれはバカだ…。怠慢だ…。

本を最後まで読めなかった自分を責めて苦しみ、でも買ったから捨てはできない、本棚に置いておくけど読まない。やっぱり読もうと思って手に取りますが他のことが優先されて結局読まない。

結局読まないおれはバカだ…。

このように思うことは必要ありません。本屋で本を買うときに、

  • 本のタイトル
  • 帯のコメント
  • 目次の内容

これらを見て「買おう!」と決めたわけですよね。

ポイント

◎買った本は目次で気になった部分だけを読め。

全部読む必要はありません。全部読んで得られるのは達成感だけです。しかし本当に必要なのは、本の中に書いてある自分が知らないことや、足りていない知恵こそが必要になるわけです。

例えば、出された食事を一粒残さず完食しなくていいんです。出された食事の中から、自分が好きなものをチョイスしてそれを食べたら満足なのです。バイキングとかビュッフェスタイルでいいんです!

◎『電子書籍』or『単行書籍』どちらをチョイスするか。

ここは必ず意見が分かれます。

結論を述べると、なるべく単行書籍(紙)を読むことをおすすめします。

筆者も基本的に、単行本を買います。ページをめくるごとに読んでいる実感がありますし、『本を手に取り読む』という動作が脳に刺激され内容が頭に入ってくるからです!個人の感想になりますので予めご了承くださいませm(_ _)m

しかし最近のニーズだと、持ち運びや買う手間を省けることを考えると、電子書籍は非常に便利なツールと言えます。繰り返しになりますが、個人の自由ですし、本を読むといった行為自体には変わりはありませんので、どちらでも構わないでしょう。

本を買って読みきらなくていい、自分に足りていない知恵を吸収できればそれでいいんです。さらに電子書籍でも単行書籍でもどちらでも大丈夫です。本を読むことに変わりはありません。

繰り返しになりますが、本を読んで知恵を吸収できていればなんら問題は無いのです。


スマホをカバンに入れない

ちょっと待って!どういう意味ですか?手で持っていればいいの?それとも持ち運ぶなってこと?

結論を述べると、

ポイント

◎『会話中にスマホをいじるな!』という空気感は必要ない。

話をしている最中に、どうしても気になるワードが相手から出た時にとっさにググって調べることがありますよね?

この前買った株がテンバガー株で良かったよ!

テンバガー??調べなきゃ!

気になった内容を調べたり、相手に言われて調べたり、連絡を取りたいときに、わざわざカバンからスマホを取り出す行為は必要ありません。常にフランクにスマホを出しておきましょう。

補足

一つ注意点があって、『通知はOff』にしておいても大丈夫です。電話の着信や、LINEの通知音はオフでもOKです。

カバンからスマホを取り出す無駄を省くといった行為は、要するに取捨選択です。断捨離と言っても過言ではありません。第二章では『仕事』、第三章では『人間関係』、そして第四章では『生活』のいろんなものを捨てます。

たしかに…。本の読まなくていい部分を捨てたり、スマホを取り出す無駄を捨てるわけなんですね!

「お茶碗についた米粒一粒残さず食べなさい」「その服まだ着れるから着なさい」このような日本人特有の『もったいない精神』これがあります。非常にいい言葉ではありますが、捨てることが出来ずにやがて巨大なゴミの山が出来上がってしまいます。

ポイント

◎『もったいない精神』を捨てよ。

繰り返し日本の現状を話していますが、世界でダントツの仕事人間でありながら生産性はトップではない日本、だから根底の考え方を変えて生産性10倍上げることをするのです。そのお手本が、”Google”のやり方になるのです。


大きすぎる夢を持たない

『大きすぎる夢』ってどういうこと??

ポイント

◎『大きすぎる夢』を持つことのプレッシャーを捨てること。

夢について語ることや、夢が無いという悩みを抱えている人はたくさんいます。つまり、夢が入るところに”ToDo”でいっぱいになっているからです。

本当にやりたいことはあるけれども、毎日やらなければいけないことがパンパンに詰まっていて、夢を考える時間が無いのです。だから夢は遠く感じます。

「夢がない」という問題で悩む必要がありません。まず、”ToDo”を捨てましょう。色々なものを捨てたうえで、「夢を持たなければいけない」ことも捨てていいのです。

<br>

「夢を持つ」ことをどのように考えればいいですか?

結論を述べると、

ポイント

◎ミッションとして考える。

自分が今やりたいことの、コアなミッションをひとつ決めることです。

『ミッション』=『任務』

自分が社会に対して追っている任務です。それは小さくて些細なことでもいいです。

さらには、『ミッション』×『行動』で状況は変化してゆきます。

つまり、

◎ミッションが雪ダルマ式に変化していったものが『夢』になるのです。


以上が、『がんばらない働き方』の本についての「第四章〜生活編〜」について解説しました。

がんばらない働き方

◎ゼロからイチを生み出せる『がんばらない働き方』の本

“Google”が提唱する『生産性を10倍にするやり方』その裏には、取捨選択によってがんばることを排除し本当にやるべきことに注力することを教えてくれるとても参考になる一冊です。

ぜひ本記事を参考に、本書を手にとっていただけたら幸いですm(_ _)m

合わせて読みたい

当ブログでは、他にも仕事や勉強でやる気を出したい人のための学習本を紹介していますので、合わせてそちらも参考にしてみてくださいませm(_ _)m

仕事・勉強でやる気を出したいおすすめ本はコチラ

最後までご覧いただきありがとうございました

当ブログでは、だれよりもわかりやすくをモットーに、

自己啓発書やビジネス書中心に、書籍の紹介、レビューをしています

書籍の購入の参考にしていただければ幸いです。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました