【第四章】書評「繊細さん」の本について徹底解説します!

スポンサーリンク

どーも、だれよりもわかりやすくがモットーの、cedrobookのすぎです。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書とYouTube
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じです。

読書が趣味なので、紹介する書籍の購入を考えているみなさんの、お役に立てていただけたらと思い、当ブログを運営しております。ぜひ参考にしてくださいませm(_ _)m


本記事では、

「繊細さん」の本てどんな内容なんだろう?

購入前に少しだけ内容を知りたい!

気を使いすぎる性格を本書を読んで治したいです!

といった疑問に答えます。

「繊細さん」の本

◎「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる『繊細さん』の本について徹底解説していきます。ぜひ購入前の参考にしてくださいませm(_ _)m

【繊細さん①】気がつきすぎて疲れる人へ今日からできる実践テクニック

中田先生のYouTube大学でも本書について解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください。

◎前回までの話

  1. 第一章〜本書の概要〜
  2. 第二章〜繊細な考え方の対策①〜
  3. 第三章〜繊細な考え方の対策②〜

この内容について解説しました。

◎本記事では、「第四章〜繊細さんの対策テクニック〜」について解説していきます。


前回までの話の内容で、『繊細さん』の考え方の対策を6つ解説しました。

◎『繊細さん』の特徴

  • 人といると疲れる
  • 他人の雑さが気になる
  • 機嫌が悪い人といると苦しい

これらの特徴から、まわりに振り回されない考え方を対策しました。

◎『繊細さん』の考え方の対策

  • 断っていい
  • 嫌っていい
  • 確認していい
  • 助けなくていい
  • 頼っていい
  • 逃げていい

この6つの考え方を持つことで、『繊細さん』も、「非繊細さん』も互いに許容し合うことができます。

第一章から第三章までをご覧になっていない方は、シリーズものになりますので、第一章から読んでいただくと本書の内容がよく理解できますので、ぜひご覧くださいませm(_ _)m


『繊細さん』の考え方の対策がわかったところで、

ここからは実際に対策すべきテクニックについて解説していきます。

第三章の話の中での考え方の対策で、マイルールをつくることで、そのルールから反した場合は、「逃げていい」ということを解説しました。そのマイルールの具体的な実践テクニックになります。

結論を述べると、2つのテクニックがあります。

ポイント

◎『繊細さん』が対策すべきテクニック

  • 合言葉をつかう
  • 仲間を見つける

この2つになります。順に解説していきますね。


合言葉をつかう

まず一つ目の対策テクニックは、

対策①

◎合言葉をつかう

合言葉を使うと、非常に楽になるはずです。本書の中でのおすすめの合言葉は3つあります。

ポイント

◎本書おすすめの合言葉

  • とりあえず
  • ちょっとお願い
  • ひとつひとつやろう

この3つになります。


①とりあえず!

「とりあえず」という言葉は、『繊細さん』は非常に苦手です。

◎『繊細さん』は仕事をするときに、必ずシミュレーションしてしまう。

とはいえ、推測やシミュレーションが得意なので、

この仕事は〇〇先輩にお願いしよう。ここの取り引き先はかなりクセがあるけど、柔軟に対応できる〇〇先輩ならきっとうまくいくはず。でもちょっと待てよ!この仕事をお願いおすると先輩の仕事が遅くなるし、納期が間に合わないかもしれないし、それに合わせて他の取引先との会議も先延ばしになるかもしれない。どうしよう…。

このように考えこまず、「とりあえず聞いてみましょう!」ということです。

なので、「とりあえず」という言葉を合言葉に設定すると、話や行動が進むのです。


②ちょっとお願い

ちょっとそこのお醤油取って!

これ前回の話で出てきましたよね。

冒頭に、「ちょっとお願い、〇〇して!」と付け加えることで、まわりに頼れなかったのが頼れるようになります。


③ひとつひとつやろう

「とりあえず」の考えで行動すると、考えすぎて推測して確認しなくなり、「ちょっとお願い」を冒頭に付け加えると頼らなくなります。

そのうえで、ひとつひとつやることです。

マルチタスクが非常に苦手な、『繊細さん』

『繊細さん』の特徴でもある、「他人の雑さが気になる」と同時に、自分の仕事に関してもきっちりしていないと気が済まないので、「やることが遅い!」と言われている人が多いのです。

『繊細さん』はまわりから、「遅い!」と言われれますが、しかし本当は、決して遅くありません。

◎とりあえずやってみる、『非繊細さん』と比べると、スタートダッシュが遅く、考えながら、リスクを埋めながらやったり、その都度チェックしながらこなしていくので、遅く見えるのです。

『非繊細さん』の場合は、「ミスをしてやり直し!」といった状況が多々ありがちですが、『繊細さん』の場合はリスクを回避してこなすタイプなので、最終的には結果がスムーズに出ることが多いのです。

「遅い!」と見られがちで言われちゃうのが、『繊細さん』のデメリットでもあり、さらにはマルチタスクを非常に恐れているため、

あれもやらなきゃ!これもやらなきゃ!もう頭の中がすでにパンクしています…。

このような状況に陥った際に、まわりを頼ることが出来ず、ストレスを抱えながら淡々とこなさざる負えないのです。

そこでの対策が、

◎ひとつひとつをやろう。

ビジネス書でよく耳にする言葉が、「優先順位をつけよ!」これは少し、『繊細さん』にはハードルが高めです。どれも大切になるからです。

なので、一度にたくさんのことをやろうとせず、ひとつひとつやることが大切です。


繰り返しになりますが、

  • とりあえず
  • ちょっとお願い
  • ひとつひとつやろう

この3つを合言葉に、行動してみてください。


仲間を見つける

2つ目の対策テクニックが、

対策②

◎仲間を見つける。

5人に1人の割合でいる、同じ『繊細さん』を見つけましょう。

5人に1人ならば、日本の人口の割合からして、253億人の、『繊細さん』がいるので、絶対に仲間を見つけられますよ!

同じ仲間を見つけることが出来たら、かならず安心するはずです。

ポイント

◎同じ仲間を見つける方法

  • 見つけにいく
  • 見つけてもらう

この2つになります。


①見つけにいく

まず、『繊細さん』が好きなお店やイベント等に足繁く通うことです。

◎『繊細さん』が好むお店は、『繊細さん』にとって優しいお店になります。

なんか落ち着いた雰囲気だったり、『繊細さん』は五感が鋭いため、ライトが眩しいお店や、大音量で音楽が流れるイベントなどは好みません。

なので、自然豊かな落ち着いた雰囲気のお店や、優しいBGMでゆったり過ごせる空間であるほうが、『繊細さん』にとって絶好の場所になります。

そのようなお店に、『繊細さん』がたくさん集まってきますので、何度も通って同じ『繊細さん』を見つけましょう。

具体的な場所を示すと、「ヨガ教室」「薬膳料理のお店」「哲学カフェ」などは、『繊細さん』の巣窟になります。ぜひ通ってみましょう!


②見つけてもらう

◎SNSを使って、『繊細さん』をアピールして、見つけてもらいましょう。

そのうえで、好きなものを発信しましょう。好きな音楽や、好きな食べ物、好きな映画など、好きなものが共感できる人が、『繊細さん』なわけです。つまり、SNSで発信した投稿に対して、アクションを起こしてくれる人というのが、同じ『繊細さん』になるわけです。

上記2つをすることで、同じ『繊細さん』の仲間を見つけることができて、仲良くすると非常に気が楽になります。


以上が、「第四章〜繊細さんの対策テクニック〜」になります。

最後に本書では、このようなことを言っています。

ポイント

◎この世には、『繊細さん』と、『非繊細さん』がいる。自分のままでいられたら、人は元気になれる。

つまり、筆者が一番理解してほしいのは、互いに、『繊細さんと非繊細さん』がいることを理解すれば安心します。そして互いに素の自分でいることができれば、元気でいられるということです。

「繊細さん」の本

◎「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる『繊細さん』の本。ぜひ一度手にとって読んでみてもらいたい一冊です。ぜひ購入前の参考にしてくださいませm(_ _)m

第一章から第四章にわたり、「繊細さん」の本について解説をしてきました。最後までご覧いただきありがとうございました!当ブログでは、だれよりもわかりやすくをモットーに、自己啓発書やビジネス書中心に、書籍の紹介、レビューをしています。書籍の購入の参考にしていただければ幸いです。

ありがとうございました。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました