【第三章】書評「繊細さん」の本について徹底解説します!

スポンサーリンク

どーも、だれよりもわかりやすくがモットーの、cedrobookのすぎです。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書とYouTube
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じです。

読書が趣味なので、紹介する書籍の購入を考えているみなさんの、お役に立てていただけたらと思い、当ブログを運営しております。ぜひ参考にしてくださいませm(_ _)m


本記事では、

「繊細さん」の本てどんな内容なんだろう?

購入前に少しだけ内容を知りたい!

気を使いすぎる性格を本書を読んで治したいです!

といった疑問に答えます。

「繊細さん」の本

◎「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる『繊細さん』の本について徹底解説していきます。ぜひ購入前の参考にしてくださいませm(_ _)m

【繊細さん①】気がつきすぎて疲れる人へ今日からできる実践テクニック

中田先生のYouTube大学でも本書について解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください。

◎前回までの話

  1. 第一章〜本書の概要〜
  2. 第二章〜繊細な考え方の対策①〜

この内容について解説しました。

◎本記事では、「第三章〜繊細な考え方②〜」について解説していきます。

第一章からのシリーズになりますので、まだ読まれていない人は最初から読むことをおすすめします。ではご覧くださいませm(_ _)m


ちょっとだけ前回の話のおさらいをします。

『繊細さん(HSP)』の特徴

  1. 人といると疲れる
  2. 他人の雑さが気になる
  3. 機嫌が悪い人といると苦しい

この3項目が『繊細さん』の特徴になります。

そのうえで、繊細さんがまわりに振り回されない考え方の対策を3つ解説しました。

◎繊細な考え方の対策3つ

  • 断っていい
  • 嫌っていい
  • 確認していい

この3つのなります。

まだ学習していない人はぜひご覧くださいね!

  1. 第一章〜本書の概要〜
  2. 第二章〜繊細な考え方の対策①〜


ここから、「第三章〜繊細な考え方の対策②〜」を解説していきます。

『繊細さん』がまわりに振り回されないための対策を、前回の話で3つ解説しました。そのうえでまだまだ対策することがあります。

それが、

ポイント

◎繊細な考え方の対策②

  • 助けなくていい
  • 頼っていい
  • 逃げていい

この3つになります。順に解説をしていきますねm(_ _)m


助けなくていい

4つ目の、『繊細さん』の考え方の対策は、

具体的対策

◎困ってそうな人を助けなくていい。

ちょっとまって!困っている人を助けないなんて、まるで性格悪い人みたいじゃないですか!

繊細さんは、「助けたい!」というマインドを持っていますが助けなくて大丈夫です。それはなぜかと言うと、

◎『繊細さん』は、頼まれてもいないのに、先回りして助けてしまうからです。

なんか大変そう…大丈夫かな?

「手伝いましょうか?」

このように相手に頼まれてもいないのに、自分から手を差し伸べてしまいます。

さらにこのような場合の最悪のパターンが、 

大変そうだったので、これやっておきました。

いや、このやり方じゃない!

このように突き返されるパターンです。『ありがた迷惑』状態になってしまったときは最悪ですよね。

せっかく手伝ったのに、逆に怒られちゃった。

間違ってたのかな?なんで手伝ったりしちゃったんんだろう…。

このように、『繊細さん』は苦しみます。でもそれは頼まれいないのに助けてしまうから。相手がSOSを出していないのに自分から察して手を差し伸べてしまう。

筆者のまわりにもいますよ。頼んでもないのにめちゃくちゃ手伝ってくる人。さらにあれもこれもやらなくていいことまでやってくれる優しい人が!でも正直、私からしたら、ちょっと迷惑かも笑。自分でやりたい時ってありますよね。

なので、

◎頼まれていないのなら、助けない。

確かに、助けたい気持ちはよくわかります。でも我慢!相手が求めてきたら手伝ってあげましょう。

ちなみに筆者は、『非繊細さん』ですが、頼まれてないのに助けるこはしたことがありません。ていうのも、「なんでするのか?」ふしぎです。お恥ずかしい話ですが笑。

なので、『繊細さん』の人は、

◎まず、待つことを覚えましょう。

「困っていそうだな。」と思ったとしても、まずは待ちましょう。そのうえで、見守りましょう。つまり口出しもNGです。「大丈夫?」とか、「私やろうか?」とか言わないでください。相手からのSOSのサインが出たら動きましょう。


頼っていい

5つ目の対策は、

具体的対策

◎ちょっとしたことでも頼っていい。

『繊細さん』の中で、頼ることが苦手な人が1番多そうですよね。

ちょっとしたことでも頼るために、まずこの3つのステップを学ぶことです。

  1. 頼る発想
  2. 推測せず確認
  3. 頼んだら信じて任せる

この3ステップです。

①頼る発想をまず持つ

『繊細さん』は頼る発想がありません。

自慢じゃないですが、筆者はめちゃくちゃ頼って生きてきました。仕事でできないことはすぐに先輩に手伝ってもらいますし、なにかと誰かを頼りにしています。だらしないくらいです笑。

「頼っちゃ嫌がられる…。」そんな風に思うのをやめて、まず頼りましょう。


②推測せず確認

頼ることを覚えたら次の問題が発生します。

頼りたいけど、あの人忙しそうだな…。機嫌も悪そうだし、やっぱり頼るのやめておこう。

頼りたいけど頼れないと思ったら、相手に確認を取りましょう。つまり、勝手に自分の中で、「断られる」と推測しないで、確認するべきなのです。

〇〇先輩すいません。お時間大丈夫でしょうか?ちょっと頼みたいことがあるのですがよろしいでしょうか?

これだけで済むのです。以外とこころよく引き受けてくれるのです。なので頼るときには確認を必ず取りましょう。

補足

本書の中では、

「ちょっと、そこのお醤油取って。」

まずはこれから練習しましょうと言っています。

普通に言えると思うことですが、5人に1人の『繊細さん』は言えないのです。自分でお醤油を取りに行って、「早く返さなきゃ」と思いすぐに戻します。まずは「ちょっとそこのお醤油取って」を練習しましょう!


③頼んだら信じて任せる

頼んだはいいけど、ちゃんと出来ているかな?

このように不安になります。そのうえで、「大丈夫?」と聞いて、相手がSOSを出していないのに、「やっぱり私がやります。すいません」と結局自分でやってしまうという悪い癖がまた出てしまいます。

筆者が頼むときは、「これやっといて!頼むね!」

そして、出来上がったかなって思ったときは、「どう?ちゃんと出来た?」と強気に聞いちゃいます笑。

これでいいんです。


頼るための3つのステップ、

  • 頼る発想
  • 推測せず確認
  • 頼んだら信じて任せる

これを理解して、非繊細力を学ぶと徐々に頼れるようになっていきます。

補足
  • 『繊細さん』は「自分は繊細」だと自覚する
  • 『非繊細さん」は「自分は非繊細」だと自覚する

そのうえで、

  • 『非繊細さん』は『繊細さん』がいることを理解する
  • 『繊細さん』は『非繊細さん』がいることを理解する

これができるようになるとストレスなく生活ができるようになります。

◎人間は、みんなは自分と考え方が同じだと思う傾向にある。

だから、「なんでそんなこと言うんだろう?」と思ってしまっても、仮に、「この人、非繊細さんだ!」と分かれば安心します。

だから、互いに理解し合うことが大切になるのです。


逃げていい

6つ目が、

具体的対策

◎めんどうな人やコトから逃げていい。

筆者は父親から「男だったら一度決めたことから逃げるな!」と言われた経験があります。

筆者の場合は、『非繊細さん』なので逆に闘志が燃えましたが、『繊細さん』は、逃げることも覚えましょう!

なので、職場や人間関係で、内心「嫌だな…」と感じるのであれば、ぜひ逃げる選択肢も持つようにしてください。

この職場は俺がいないとダメだ。ここから俺が逃げるのは非人間的行動だ!

そんなことはありません。もしそれが仮に、

  • 職場
  • 学校
  • 夫婦関係
  • 親子

◎どんな関係であろうが逃げていいのです。

絶対に離れられない関係はどこにもありません。「もうこれ以上ダメだ…」と思ったら、思い切って逃げましょう。

そのうえで、

◎マイルールをつくること。

一つ一つを考えていると相当な労力が必要です。なので自分なりのマイルールをつくっって、そのルールに反しているのなら逃げましょう。

補足

本書の中では

『電話がひっきりなしに鳴る』という仕事をしている人は、

◎電話は、3回に2回は無視していい。

このようなルールをつくってしまえば楽になれます。

1回しか電話に出ないなんて、出なかった2回の電話してきた相手に失礼です!

たしかにそう思うかもですが、電話に注視しなくて済むので以外にスッキリします。

筆者もマイルールがあって、『仕事中に気に食わないことを言われたときは基本的に無視!」これがマイルールです。気に食わないことを言われたらイラッとしますよね?それにいちいち反論して喧嘩なんかしていたら時間が超無駄なので、基本的には無視します。「すぎは、気に食わないと無視するからなあ」って言われても無視!これが私のマイルールです。受け流したほうが断然ストレスになりません!

このように、「この場合はこうする」とルールをつくってしまっていいです。『繊細さん』は、性格ではなく、生まれつきの脳システムでして、「こういう時はこうする」と、半分自動的に行動しています。だから、自分の中でマイルールをあとから上書きをしていきます。そうすることで自動反応を変えていき、メンタルを強化していくのです。

以上が、「第三章〜繊細な考え方の対策②〜」になります。


次回は、「第四章〜繊細さんの対策テクニック〜」について解説していきます。

合わせて読みたい

「繊細さん」の本

◎「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる『繊細さん』の本。ぜひ一度手にとって読んでみてもらいたい一冊です。ぜひ購入前の参考にしてくださいませm(_ _)m

最後までご覧いただきありがとうございました

当ブログでは、だれよりもわかりやすくをモットーに、

自己啓発書やビジネス書中心に、書籍の紹介、レビューをしています

書籍の購入の参考にしていただければ幸いです。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました