【第四章】名書「金持ち父さん貧乏父さん」について徹底解説!

スポンサーリンク

どーも、だれよりもわかりやすくがモットーの、cedrobookのすぎです。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

当記事を信頼する担保

  • 筆者歯現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書とYouTube
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じ。

読書が趣味なので、紹介する書籍の購入を考えているみなさんの、お役に立てていただけたらと思い、当ブログを運営しております。ぜひ参考にしてくださいませm(_ _)m


本記事は、

金持ち父さん貧乏父さんの本について詳しく知りたい!

お金について学習したいけど、どの本を買えばいいんだろう?

貯金を貯めてお金持ちになりたいです!

といった疑問に答えます。


金持ち父さん 貧乏父さん

「アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」

この書籍について徹底解説していきます。

※ひとつ注意点として、紹介する本書は、「改訂版」となっております。過去のベストセラーのものとは表紙が違いますので、ご了承くださいませm(_ _)m

【金持ち父さん①】お金持ちになる手順

中田先生も本書について解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

当記事では、お金について学習したい人向けに、わかりやすく解説していきますので、ぜひご購入前の参考にしてくださいませm(_ _)m


【前回までの話の流れ】

以上を解説しました。

当記事では、「第四章〜お金持ちになれる仕事〜」について徹底解説していきます。


(※ここからが本記事の内容になります。)

前回の話で、「第三章〜お金の教育〜」について解説しました。

◎私たちは、絶対に金持ちになれない教育を施されてきました。

社会には、色々な仕事がある中で、

  • 従業員
  • 専門家
  • 経営者
  • 投資家

この4つの分野に分類されます。

子供の頃に親から受けた教育というのは、

いい会社に入りなさい!

このように、大企業や、医者や弁護士などの、「従業員」や、「専門家」を目指すことを親から教育を受けてきましたよね。

つまり、「お金の安定」を求められていました。

逆に、

起業します!!

このように言う人は、リスクや失敗する確率が大きい道をあえて選ぶために煙たがられます。

まさに、教育がなっていません。

いい大学を出て、公務員になり出世をしていた貧乏父さんは、20年後、揉めて会社をやめざる負えなくなり、次の仕事を探していた。

しかし、自分でビジネスをしていた金持ち父さんは、20年後、大富豪となっていました。

以上が、第三章の内容になります。


ここからが、第四章の話になるのですが、

とにかくお金持ちになりたい人は、今の仕事と向き合う必要があります。

◎お金持ちになれない仕事とはなにか?

  • 従業員
  • 専門家
  • 経営者
  • 投資家

社会における仕事というのは、4つの分野に分かれることを解説しました。その中で、お金持ちになれない分野はどれなのか?

結論を言います。

「従業員」と、「専門家」は、金持ちにはなれません。

筆者も現役会社員なので、お金持ちになれない…。

なんか悲しい…笑。

つまり、本書の中で、貧乏になると定義付けていることを要約すると、

  • 「家は資産」と解釈している人
  • 従業員(会社員など)
  • 専門家(医者、弁護士など)

これらに該当する人は、お金持ちにはなれません。

ちょっとまってよ!

外資系やIT関係の友人は、めちゃくちゃ給料いいよ!

従業員でも、お金持ちはたくさんいますよ!

たしかに、「専門家」においても、医者や弁護士、はたまた芸能人など、めちゃくちゃお金を稼いでいる人はたくさんいます。

しかし、その解釈は間違っています。

「従業員」や、「専門家」は、金持ち父さんに言わせれば、貧乏人同然なのです。

お金持ちかどうかを測るには、お金に不安があるかどうかです。

質問のニュアンスを変えてみましょう。

◎あなたは一年休んでも大丈夫ですか?

この質問をされた時に、実際に休むことが可能でしょうか。

超シンプルな質問ですけど、めちゃくちゃくわかりやすい!一年休むことはかなり厳しいですよね。

例えば、「YouTuber」毎日動画更新して、視聴回数が伸びて、めちゃくちゃお金を稼ぎます。しかし突然病気をして、一年やすんでしまったとしたら、収益はもちろん下がります。さらにファンも減るので、原点復帰するまでにまた頑張らなきゃいけない。しかも、一年間、動画の更新がなかったら、忘れ去られてしまうかもですよね。過去の動画があるとはいえ、絶対的に収益は減少しますよね。

従業員の人は、一年休業したら、会社の来て仕事していないわけですから、給料は当然もらえませんし、医者や弁護士などの専門家の人は、一年休めば報酬がもらえなくなりますから、どちらにせよ収入ゼロですよね。

なので、「従業員」や、「専門家」は、一年休んだらお金を稼ぐことができなくなります。


逆に、「経営者」や「投資家」の人はどうでしょうか。結論を述べると、

◎一年休んでも、お金が入って来ます。

つまり、お金持ちになりたい人に本書が伝えたいこと。

「経営者や投資家は、お金持ちじゃない人はいない。逆に、成功している従業員や専門家で、お金持ちじゃない人はいる。」

ということなんです。

経営者や投資家でなければお金持ちになれないってどうゆうこと?

このような疑問を抱くことでしょう。

しかしそれは単純に、

◎ルールが、経営者や投資家をお金持ちにさせています。


サッカーでも、ほかのスポーツなどでも、必ずルールがあるはずです。そのルールが強者と敗者を決めていますよね。

  • 勝ちやすい者
  • 勝ちにくい者

ルールがこれを決めていますよね。

100m走で、足の早い連中に混ざって、筋肉もりもりの格闘家が出場しても勝てるはずがないよね。ルールが違うから!

ならば、経営者や投資家がお金持ちになれる有利となるルールは何か。

それは、「税制」にあります。

つまり、税制というルールが、

  • 従業員、専門家を金持ちにさせない
  • 経営者や投資家を金持ちにさせる

このような制度が構築されているのです。

この税制のルールを詳しく解説すると、

①従業員や専門家

「収入→税金→支出(総利益に課税)」

収入(給料や報酬)が入ると、まず税金が取られます。例えば、総支給から税金が引かれて、手取りがいくらなのか。つまり、お金が手元に来た時点で、税金は引かれています。そして、手元に入ってきたお金で支出をします。

②経営者や投資家

「収入→支出→税金(純利益に課税)」

収入が入ったら、まず支出をします。いわゆる「経費」とも言いますが、この経費は控除の対象になります。つまり、支出をしたあとの残ったお金に税金が掛かってきます。

このような違いがあります。

つまり、経営者や投資家は支出をしたあとの、手取り分に税金が掛かるわけですから、国に収める納税の負担が軽減されているわけです。

経営者や投資家は、お食事代を経費にすれば、税金が掛からないし、社用車として車を登録すれば、これも税金が免除される仕組みになっています。

さらに、経営者や投資家は、

◎税金をコントロールできます。

プライベートで食事したのに、仕事の経費で落とすのはNGですが、つまり、仕事の経費としてならば、より大きな支出をすることができるのです。

税金は控除されるけど、支出が膨らむと出ていくお金は大きくなりますよね?

ここが超重要なポイントで、

◎お金持ちと貧乏人で、支出の概念が全然違います。

つまり、「倹約」とかは貧乏人が語る言葉です。支出を切り詰めて、倹約をすればお金が貯まるからお金持ちになれるとい次元の話ではありません。


以上が、「第四章〜お金持ちの仕事〜」について解説しました。

まとめますと、

◎お金持ちになれない仕事は、従業員と専門家です。

  • 「家は資産」と解釈している人
  • 従業員(会社員など)
  • 専門家(医者、弁護士など)

このような考え、業種は絶対にお金持ちにはなれない。

お金持ちになれる仕事とは、一年休んでもお金が入ってくる、経営者や投資家の人たちです。

その根拠は、

税制が勝ち負けを決めているから。

つまり、従業員や専門家は、総利益に課税されるのに対し、経営者や投資家は、純利益に課税されるため、税金として取られる額に大きな差が生じているのです。

支出が増えると、出ていくお金も増えるんじゃないの?

このような疑問がありますが、

お金持ちと貧乏人で、支出の概念がぜんぜん違うのです。

というのが、本記事の内容になります。

次回は、「第五章〜支出の概念〜」について解説していきます。

合わせて読みたい

◎補足になりますが…。

漫画 バビロン大富豪の教え

お金と幸せを生み出す黄金の法則についての名書も徹底解説しています。

お金に関してさらに興味がありましたら、コチラのレビューもぜひ読んでいただけると幸いですm(_ _)m

※バビロン大富豪の教えの解説についてはコチラ

最後までご覧いただきありがとうございました

当ブログでは、だれよりもわかりやすくをモットーに、

自己啓発書やビジネス書中心に、書籍の紹介、レビューをしています

書籍の購入の参考にしていただければ幸いです。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました