【バビロン大富豪の教え〜第六章〜】お金持ちになれる名書を解説!

スポンサーリンク

どーも、だれよりもわかりやすくがモットーの、

cedrobookのすぎです。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。


お金持ちになるための学習本を知りたいな!

資産運用をするために、どんな本で勉強したらいいのかしら?

老後のためにも、今のうちから貯金しておきたいです!

といった疑問に答えます。

「お金」と「幸せ」を生み出す5つの黄金法則が書かれた名書、

漫画 バビロン大富豪の教え

本書について、これから徹底解説していきます。

【バビロン大富豪の教え①】

オリラジのあっちゃんこと、中田敦彦さんも本書について解説していますので、こちらも参考にしてくださいませm(_ _)m


筆者の読んだ感想として、この本の強みはなんといっても、

漫画で描かれていること。

筆者が大好きな漫画版で書かれているのです。

筆者も本書を読みましたが、厚さが約2cmの分厚い本ですが、1日で読み終えてしましましたし、めちゃくちゃわかりやすく解説してありました。

大富豪になるための法則が、漫画でわかりやすく書かれているため、スラスラ読むことができますし、言葉が頭にスーっと入ってきます。

大人はもちろんですが、子供にもおすすめできる一冊です。

お父さん、漫画買ってよ!

これなんてどうだ?

なんて言って、本書を読ませることもアリかなと思います。


学校で唯一教えてくれないもの、それは「お金」について。

お金に関しての授業はありません。

そのお金の増やし方を本書で教えてくれますので、ぜひお子さんにも本書で学習させてあげていただけたらと思います。

また、非常に読み応えがありますし、学習漫画にしては絵がオシャレで、内容もおもしろい作品になっています。

  • これから貯金したい
  • お金を増やしたい
  • 資産運用を学習したい

という人にピッタリの名書になりますので、ぜひ一度手に取って読んでもらいたい一冊です。

その前に、当ブログで、どんな内容が書かれているのか、予習ついでに学習していただけたら幸いですm(_ _)m


【前回までの話のまとめ】

について、解説しました。

本記事では、「バビロン 大富豪の教え〜第六章〜」と称しまして、

「〜黄金を増やす7つの道具〜Part.3」について解説していきますので、ぜひご覧ください。


(※ここからが前回の続きです)

前回の記事で、「〜黄金を増やす7つの道具〜Part.2」について解説しました。

黄金を増やす7つ道具は、

  1. 収入の10分の1を貯金せよ
  2. 欲望に優先順位をつけよ
  3. 貯めたお金に働かせよ
  4. 危険や敵からお金を守れ
  5. より良きところに住め
  6. 今日から未来の生活に備えよ
  7. 自分こそ最大の資本にせよ

上記の通り。その中の、「貯めたお金に働かせよ」「危険かや敵からお金を守れ」についてのお話でした。

貧乏な武器職人の息子「バンシル」

収入の10分の1を貯金してただ寝かせておくだけではダメです。

投資」をすることです。つまり貯金したお金は、資産運用に回して、お金に働かせてさらにお金を生ませます。

現代に置き換えるならば、

  • 債権
  • REAT
  • 外貨預金

などのことです。資産運用の方法はたくさんあります。

【株投資①】誰でも稼げる米国株投資〜富裕層になるための鉄則〜

資産運用に関しては、中田先生の動画を参考にしていただけると非常にわかりやすいですm(_ _)m

そのうえで、

お金を100倍に増やす方法があるよ!

と、胡散臭い儲け話にいきなり乗っかってはダメです。

  • お金の防衛に長けた者
  • お金の扱いに秀でた者

これらの賢者の忠告を聞き入れて判断し、最善の投資方法を学び、資産運用するのです。


ここから第六章の本題に入ります。

より良きところに住め

「衣」「食」「住」私たちの生活に必要な三本柱がありますよね。

人間は基本的には、「衣」「食」に贅沢してしまう傾向があるんです。

  • ブランドの服
  • 高級バックや時計
  • 高級車
  • 高級レストラン
  • お取り寄せグルメ

など、この2つに関しては贅沢をしてしまいがちです。ですが、住んでいるのは、「家賃2万円のボロアパート。」

※ドラマ、「やまとなでしこ」でもそうですよね。CAの松島菜々子は、給料のすべてを洋服に費やし、住んでいるのはボロアパートですもんね。

ただ、「住」に関して、切り詰めればいいかと言えば、そうではないのです。

「住」に求めるものは、

  • 安全性
  • 心の豊かさ

この2つに密接した関係ですから、ある程度は、しっかりしたところに住むべきです。

バビロンの大富豪「アルカド」

優先すべきは、「住」だ。

アルカドは、逆に、「住」を優先しろと言うのです。

古代バビロニアの時代は銀行がない時代ですので、自分のお金は、家の金庫にしまっていたはずです。ですが、ボロボロの家に住んでいたのならば、もちろん泥棒にお金を盗まれる危険性があるわけです。だから「安全性」は大事なのです。

もうひとつ、「心の豊かさ」というのは、現代に置き換えるならば、

  • 資産になる
  • 帰る場所

この2つが大きいのではないでしょうか。

もちろん、住宅ローンを払っている場合は、「負債」になるわけですが、家が資産になっている人にとっては、万が一、お金をすべて失ったとしても、家を売って、現金化することも可能になります。つまり、「保険」という考え方です。

他にも、帰る場所がなかったら寂しいですよね。中には、ホテル暮らしをしている人がいるかもですが、やはり、自分の家というのは落ち着きますし、安らぎの空間になっているわけです。


今日から未来の生活に備えよ

つまり、「計画」のことです。

  1. 収入の10分の1を貯金せよ
  2. 欲望に優先順位をつけよ
  3. 貯めたお金に働かせよ
  4. 危険や敵からお金を守れ
  5. より良きところに住め

アルカドは、黄金を増やす5つの道具を、ここまでに教えてくれました。

知識の前では、皆、平等。

このように、アルカドは言いました。知識を授けたので、それを計画しなさいと言うのです。

現代においても、同じことが言えます。

アウトプット」です。

例えば、「サッカーが上手くなりたい」という目標があった時に、サッカーのテクニック本を読んで学習しても、サッカーは一向に上達しません。「知識」が増えただけです。つまり、「インプット」しても、「アウトプット」しなければまったく意味がないのです。サッカーが上手くなりたいために、テクニック本で知識を得たら、外に出て実際にボールを蹴って、練習をしてテクニックを身につけるのです。さらに、試合でテクニックを披露して、ゴールを量産し、「結果」を残すのです。

アルカドの「計画」というのは、

  1. 収入の10分の1を貯金せよ
  2. 欲望に優先順位をつけよ
  3. 貯めたお金に働かせよ
  4. 危険や敵からお金を守れ
  5. より良きところに住め

今まで、群衆に教えた、「知識」を、これから実践するうえでの「計画」を立てなさいと言っているのです。つまり、「お金を増やす」ことを目的とした、「結果」に対して、「アウトプット」を出すための「計画を立てる」ということです。

なるほど…。

何においても「計画」というのは大事ですよね。

「行き当たりばったりの人生」なんて人も中にはいるかもですが、失敗はしたくないですよね。

  • 積立預金口座を開設する
  • 不要は月額料金は解約
  • 投資について学習する
  • 経験者に話を聞く
  • 引っ越しの計画を立てる

など、このように計画することです。そうすればおのずと「結果」がついてくるはずです。


以上が、「〜黄金を増やす7つ道具〜Part.3」になります。

まとめますと、

  • より良きところに住め
  • 今日から未来の生活に備えよ

人にとって優先すべきものは、「住」です。

安全性や心の豊かさを持たなければ、裕福な暮らしはできないのです。

また、アルカドが今まで教えてくれた、

5つの道具の知識を実行するために、今から計画を立てること。ただ知識をインプットしただけではダメです。アウトプットするために、まずは計画を立てるのです。

以上が、本記事の内容です。

次回は、第七章「〜黄金を増やす7つ道具〜Part.4」を解説します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました