【バビロン大富豪の教え〜第四章〜】お金持ちになれる名書を解説!

スポンサーリンク

どーも、だれよりもわかりやすくがモットーの、

cedrobookのすぎです。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。


お金持ちになるための学習本を知りたいな!

資産運用をするために、どんな本で勉強したらいいのかしら?

老後のためにも、今のうちから貯金しておきたいです!

といった疑問に答えます。


「お金」と「幸せ」を生み出す5つの黄金法則が書かれた名書、

漫画 バビロン大富豪の教え

本書について、これから徹底解説していきます。

【バビロン大富豪の教え①】

オリラジのあっちゃんこと、中田敦彦さんも本書について解説していますので、こちらも参考にしてくださいませm(_ _)m


筆者の読んだ感想として、この本の強みはなんといっても、

漫画で描かれていること。

筆者が大好きな漫画版で書かれているのです。

筆者も本書を読みましたが、厚さが約2cmの分厚い本ですが、1日で読み終えてしましましたし、めちゃくちゃわかりやすく解説してありました。

大富豪になるための法則が、漫画でわかりやすく書かれているため、スラスラ読むことができますし、言葉が頭にスーっと入ってきます。

大人はもちろんですが、子供にもおすすめできる一冊です。

お父さん、漫画買ってよ!

これなんてどうだ?

なんて言って、本書を読ませることもアリかなと思います。

学校で唯一教えてくれないもの、それは「お金」について。

お金に関しての授業はありません。

そのお金の増やし方を本書で教えてくれますので、ぜひお子さんにも本書で学習させてあげていただけたらと思います。

また、非常に読み応えがありますし、学習漫画にしては絵がオシャレで、内容もおもしろい作品になっています。

  • これから貯金したい
  • お金を増やしたい
  • 資産運用を学習したい

という人にピッタリの名書になりますので、ぜひ一度手に取って読んでもらいたい一冊です。

その前に、当ブログで、どんな内容が書かれているのか、予習ついでに学習していただけたら幸いですm(_ _)m


【前回までの話のまとめ】

について、解説しました。

本記事では、「バビロン 大富豪の教え〜第四章〜」と称しまして、

「黄金を増やす7つの道具〜Part.1」について解説していきますので、ぜひご覧ください。


(※ここからが前回の続きです)

前回の記事で、第1の教え〜収入の10分の1を貯金せよ〜について解説しました。

バビロンの大富豪「アルカド」

真のお金持ちとは、「お金の増やし方を知っている者だ!」

お金を増やすための、基礎は、「収入の10分の1を貯金すること」です。

例えば、月収20万円ならば2万円、月収30万円ならば3万円を貯金すること。

これを半年間続けるように、バンシルに命じたのです。

それを達成したバンシルは、学びの殿堂を訪れ、アルカドの講義を聞きます。

以上が、「第1の教え〜収入の10分の1を貯金せよ〜」になります。


ここからが、第四章の本題になります。

アルカドの第1の教えを忠実に守り、収入の10分の1を半年間、貯金したバンシル。

学びの殿堂を訪れ、アルカドの講義を聞きに行きます。

これから無人島に行く奴隷たちに、今日食べる魚を分け与えても意味がない。

魚を釣る方法を教えよう。

アルカドは、バンシルと共に第1の教えを守った大勢の大人たちに向けて、魚の釣り方、すなわち、「黄金を増やす7つ道具」を教えてくれるのです。

  1. 収入の10分の1を貯金せよ
  2. 欲望に優先順位をつけよ
  3. 貯めたお金を働かせよ
  4. 危険や敵からお金を守れ
  5. より良きところに住め
  6. 今日から未来の生活に備えよ
  7. 自分こそ最大の資本にせよ

これが、「黄金を増やす7つ道具」になります。すなわち、「お金の増やす方法」です。


収入の10分の1を貯金せよ

これは、第三章で学びましたよね。

余談ですが、大勢の大人たちの一人が

そんなことを聞きに来たんじゃない!!」と豪語するわけです。

たしかに、この件は、すでにクリアできた者が学びの殿堂に来ているわけですから。

しかし、アルカドは、

黙れ!!そんなことだからお前たちはまだ貧しいのだ!!」とさらに返します。

まず知恵を学ぶこと。これからも収入の10分の1を貯金し続けることを、群衆たちに伝えます。

そこからしか始まらない。とアルカドは言います。

これは、現在においても言われています。あらゆるお金に関する書籍や、貯金に関する本を読んでいる人はわかるかもですが、「先取り貯金」がそうです。

しっかり貯金しておきなさいよ!

なんて親から言われた経験があるかと思います。しかし、なかなか貯まらないものです。

現に貯金ゼロの人が全体の2割いることも事実ですから。

貯金するのはどうすればいいのか?

「給料が入ったら、10分の1のお金を取ってを別口座に入れること。」

これをするだけです。これが、「先取り貯金」です。

つまり、紀元前18世紀の古代バビロニアの頃から、先取り貯金は言われていたんです。

まさに、昔からの知恵ですよね。

先取り貯金しても、足りなくなって使ってしまいます。

このような人もいるかと思います。

そのような人のために、2つ目の道具があります。


欲望に優先順位をつけよ

10分の1を貯金したのなら、10分の9の中で生活すること。

ちょっと待ってよ!

そんなこと言われても今の収入でカツカツです。

贅沢するなってこと?

欲しいものを我慢すればいいの?

このように考えますよね。しかし、答えは違います。

欲望に優先順位をつけるのです。

アルカドは聞きます。

「この中に、金持ちはいるか?」

当然、いるはずがありません。

「職業も、生活環境もバラバラだ。もちろん収入も違うはずだ。しかし、皆が一様に口をそろえて言う。『お金が足りてません』と。

つまり、人間の欲望には際限がないということだ。人間は収入が上がれば、必ず支出も上がる。」

たしかに…。

「だから、収入の10分の1を貯金して、10分の9で生活するように、自分に固く命じること。その中で、本当に欲しいものは何かを考えるようになる。」

これが、欲望に優先順位をつけることなのです。

つまり、欲しいものや、買いたいものは皆にあるはずです。そのすべてを諦めることではなくて、貯金をして残りの10分の9の中で、支出をするという意識をすることが大事です。

それができるようになると、自分が本当に欲しいものが明らかになります。

暮らしぶりというのはそこまで変わらないはずです。生活レベル、満足度、幸福度というのは、高級時計が買えなかったり、高級な肉を食べれなかったしても、急激に不幸にはなりません。

本当に大事なものにお金を使って、余剰だったものは何かを分析すること。すなわち「支出管理」についてアルカドは教育しているのです。


  • 先取り貯金
  • 支出管理

この強固な2つをすることで、まず貯金ができるようになります。

めちゃくちゃシンプルですよね。

例えば、20万円の給料ならば、2万円を別の口座に移して貯金します。残りの18万円で、生活をするのです。その中で、不必要なものが何かを洗い出します。簡潔に述べると、「無駄遣い」しているものです。全然見ないのに月額契約しているネット番組であったり、欲しいものがあればすぐにネットで買ってしまっていたり、格安スマホを未だに使ってない人。すぐに見直しましょう。

  • 無駄な月額料金
  • 大手キャリアのスマホや保険
  • ネット通販

など、現代では無駄な支出は数多く存在します。自分が生活するうえで、必要最低限に生活するにはいくら必要なのかを考え、改善し、そのうえで残ったお金で贅沢を楽しめばいいのです。

ただ、これができていない人がほとんどです。本書でも、学びの殿堂にきた大勢の大人たちは全員失格です。

古代バビロニアから現代に至るまで、ほとんどの人が、お金を増やす基礎ができていないのです

今からでも遅くありません。今月の給料から、早速始めましょう。


以上が、「第四章〜黄金を増やす7つ道具〜」の2つ目までを解説しました。

まとめますと、

「黄金を増やす7つ道具」とは、

  1. 収入の10分の1を貯金せよ
  2. 欲望に優先順位をつけよ
  3. 貯めたお金を働かせよ
  4. 危険や敵からお金を守れ
  5. より良きところに住め
  6. 今日から未来の生活に備えよ
  7. 自分こそ最大の資本にせよ

お金を増やす基礎は、「先取り貯金」と「支出管理」です。

収入の10分の1を別口座に移し、残りの10分の9で生活をすること。

残ったお金で生活することを固く命じて、本当に大事なものにお金を使い、余剰だったものは何かを分析することで、「支出管理」ができるようになります。

この2つの基礎が身につくことで、始めて貯金が貯まっていくのです。

以上が、本記事の内容になります。

次回は、「〜黄金を増やす7つの道具〜Part.2」について解説していきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました