【7つの習慣〜第七章〜】人生哲学の名書を徹底解説します!

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

すぎです。

いつもご覧いただき

ありがとうございます。


成功をつかむ学習本を知りたいな!

7つの習慣について詳しく知りたいです!

といった疑問に答えます。

本記事では、

人生の成功法則を学びたい方向けに、

人生哲学の書籍を紹介します

7つの習慣

「7つの習慣」という本をご存じでしょうか。

スティーブン・R・コヴィーという人が書いた本になります。

全世界で3000万部、日本では200万部が売れている

ベストセラー著書になります。

【前回までの記事の概要】

  1. 一章→本書の成り立ち
  2. 第二章→習慣についての全体マップ
  3. 第三章→第1の習慣
  4. 第四章→第2の習慣
  5. 第五章→第3の習慣Part.1
  6. 第五章→第3の習慣Part.2
  7. 第六章→第1から第3の習慣まとめ

前回の記事までに、第3の習慣までを解説してきました。

第1章から第六章までを解説しましたが、第3までの習慣をさくっと学習したい人は、「第六章〜第1から第3の習慣まとめ〜」で学習することができます。

ぜひ参考にしてくださいませm(_ _)m

本記事では、「7つの習慣〜第七章〜」と称しまして、

第4の習慣〜WIN-WINを考える」ことについて解説していきます。

ぜひご覧ください。


(※ここからが前回の続きです。)

第1から第3の習慣で「依存状態」から「自立した私的成功を収める」ことを解説しました。

ここからは、第4から第6までの習慣が身につくことで、「公的成功を収める」ことができます。

公的成功とは、まわりを巻き込み成功を収めること。

継続してまわりを巻き込み成功を収めることが、本当に成功だとコヴィーは言うのです。

まずはひとつ目の「第4の習慣〜WIN-WINを考える」ことについて解説していきます。

  • WIN-WINの関係

聞いたことがありますよね。

「平等な関係性」「同じ数」「同じ量」など、互いに不公平にならないように平等な関係を築きましょうということです。

ドーナツをはんぶんこ。

どちらが大きい、どちらが小さいなんて兄弟げんかになる原因のひとつではありますが、互いにWIN-WINになるように半分に分けます。

このようなことを、WIN-WINと言います。

コヴィーはこのWIN-WINについてしっかり考えています。

「私もWIN、あなたもWIN」つまり両者とも得となる関係のことをここでは語っています。

そうした時に、

WIN-WINじゃない関係というのはどれくらいあるのか。

この商品を買っていただくと、我が社にとって莫大な利益になります!

御社はこの商品を使うことで、生産性が効率的になり、コストカットにも繋がって、最大限の効果が見込めるでしょう!

この状態というのは「WIN-WINな関係」ですよね。

商品を売りたい人、商品を買いたい人がいることで商売というのは成り立ちますよね。

つまり、このような状況が人間関係やビジネスにおいて、常につくることができるのか。逆に、WIN-WINじゃない状況というのはどれくらいあるのか。


WIN-WINの状況を知るために、WIN-WINじゃない状況を細かく分析すると、

おおきく3つに分割されます。

  • (私)WIN[勝]-(あなた)LOSE[負]
  • (私)LOSE[負]-(あなた)WIN[勝]
  • (私)LOSE[負](あなた)LOSE[負]

この3つになります。

「LOSE-LOSE負け×負け」なんて状況があるの?

そう思う人もいるかもしれませんが、

  • 復讐(ふくしゅう)
  • 裁判

このような状況がそうなんです。

離婚裁判なんかは、復讐の部類になります。

あいつはなにがなんでも殺してやる!!

相手は殺されてしまうし、自分は警察に捕まってしまいますよね。

お察しの通り、LOSE-LOSEは最悪の状態と言えますよね。

離婚する時の裁判もそうです。

  • 財産分与
  • 親権問題

など、せっかく幸せな家庭を築いてきたのにも関わらず、折り合いがつかず離婚の方向へ。

財産分与や子供の親権について時間をかけて裁判を行いますよね。

時間や労力、いままでの築き上げてきたものをぶち壊すわけですから、

どちらも得があるわけではありませんよね。

人間は苦しくも、「LOSE-LOSEを選んでしまう。」それを念頭に置くこと。

なるほど…。

WIN-WINを学ぶには、まずLOSE-LOSEの不毛さを知る。ということです。

そこでコヴィーは言います。

人間は、「WIN-WIN」の関係を願いながら、

「WIN-LOSE」「LOSE-WIN」の間を行き来しているのが大半の人間である。

このように言います。

「WIN-LOSE」と聞いてピンと来るのが、

  • スポーツなどの勝負事

これはまさにそうですよね。

どちらが勝ったら、どちらが負ける。

サッカーでは決着がつくまでPK戦をしたり、野球の高校野球では、決着がつくまで再試合をしたりしますよね。

いわゆる「勝負の世界。」これが、大抵の人に浸透しているわけです。


逆に、「LOSE-WIN」とはなにか。

  • 自分はいらない、相手に与える

俺はいいから、お前に全部やるよ!

こういうことなんです。

  • 子育て
  • 恋愛

このような場面に多く発生します。

欲しい服あるからお金頂戴!

私が我慢すればいいだけのことだわ。

はい、3万円あげる!

ちょっと胡散臭いですが、こういうことです。

他にも、「あと片付けをしない子供」

いつまで経っても片付けないから、しょうがなく母親が片付けてしまう。

いつまで経ってもしつけができない親がいます。

しかも、「はやく片付けなさい!」なんて叱ったときは、

「いやだ!いやだ!」と機嫌を損ねるため、そうなるくらいなら、

私がやってしまったほうが早いし楽だわ。

このように、我慢をして、あと片付けをしてしまうのです。

つまり、いい人だから甘やかしてしまうことを「LOSE-WIN」というのです。

なるほど…。

勝って相手を黙らせる「WIN-LOSE」

もしくは、自分が諦めて投げやりになる「LOSE-WIN」

この連続で、人間関係をしていないか。と、コヴィーは言います。

同じ人を相手にも、この関係が成り立っています。

  • ここは俺が勝たせてもらう。
  • ここは俺が負けて、お前に譲るよ。

このように、勝った、負けたの世界観で生きていませんか。ということです。


そのような中で、「WIN-WIN」の関係を築くには非常に大変です

なぜかというと、

たいていの人は、「WIN-LOSE」で立ち向かって来るから。

  • 自分は「WIN-LOSE」
  • 相手は「LOSE-WIN」

このような状況だと交渉は難航しますよね。

大半の人の頭の中は、「WIN−LOSE」でできていますから、それを考えたうえでスタートしなければなりません。

すべての人が、「WIN-WIN」の気持ちがあればいいのですが、

中には、

絶対にお前だけには負けたくない!!

このように、「WIN−LOSE」で立ち向かってくる人がいるわけです。


筆者の仕事の同期でも、

将来、みんなで出世しような!

なんていう人がいるわけです。

しかし、会社員である以上、ライバルでもありますし、どっちかが先に昇格したり、給料はどちらが高いとか。

それが火種で影で悪口が始まったりするわけです。

あいつがいなけりゃ、俺のほうが出世するのが早かったのに!

なんて嫉妬したり、文句を口にしてしまったりするんです。

あいつさえいなければマインド」に、いつの間にかなってしまっています。


そういう人に、「WIN-WINでいこう」と持ちかけるのは非常に苦戦します。

「WIN-LOSE」でくる相手に対しては、内面が安定していなければいけません。

だから、

第1から第3の習慣がないと、第4から第6の習慣に立ち向かえないということになります。

まさにだなと…。

筆者も、交渉なんかをする時に、内面が安定していないと、心がグラついたりします。

そんな時に、自分の中心のある「個人的な憲法」や「予定」がしっかり立てられているのであれば、グラつくことなく自分を守ることができますよね。


内面の安定に必要なものは、

  • 誠実さ
  • 成熟さ
  • 豊かさマインド

この3つが必要になります。

誠実というのは「WIN-WIN」を守ること。

個人的な憲法があって、原則の中心はブレることがなく、「WIN-WIN」な関係を深く望んでいること。


成熟というのは、勇気と思いやりのバランスで成り立っています。

「思いやり」というのは、

  • WIN-WIN
  • LOSE-WIN

相手を優先しようというマインドがあり、相手と対等な立場、もしくは相手のほうが立場が上にある状況だから、「思いやり」があるということです。

しかし、「LOSE-WIN」の場合は、「勇気」が物足りません。

自分は投げ出したり、諦めているからです。

「勇気」がある人は、自分の意見をきちんと言える人です。

だから勝てるわけです。

逆に、「勇気」があって自分の意見を述べることができますが、「思いやり」がなくて相手に配慮できない人は、「WIN-LOSE」になってしまいます。

俺は必ず出世してみせる!

利用できるものはなんでも利用する!

こういう人は、「WIN-LOSE」になります。


なので、「思いやり」と「勇気」を備えている人は、「WIN-WIN」で考えることができます。これが成熟です。


そのうえで、「豊かさマインド」とはなにか。

資源はお互いに分けられるほどある。

このマインドのことです。

たとえば、イス取りゲームであるならば、我れさきにと、イスを取りにいきますよね。

しかし、

イスは世界に2個ある。

という考え方ができれば、

2つのイスに自分も相手も座ればいい。

こういうことです。

それぞれのイスに座ればいいというマインドを持つこと。

だから、

成功とは、誰かの犠牲をもとに成り立ってはいない。

この世界観をまずは思い描くこと。

その上で、「思いやり」と「勇気」を持つことが大事だと言うことです。

そして、「WIN-WIN」にいたる誠実な気持ちを持つこと。

この考え方を持つことです。


しかし、逆に、

「WIN-WIN」になれなそうだな!

こういう場面だって必ず起こります。

「絶対にWIN-WIN」になれない時、「WIN-WIN or No deal」でいきましょう。

  • 取り引きをしない

これが「No deal」です。

つまり、「WIN-WIN」に至るならば、取り引きをする。

しかし、絶対に意見が譲れないとか、相手も意見を譲らないときは、取り引きはやめることです。

たとえば、「恋愛」でもそうですよね。

お互いに得しないようであれば、お付き合いしないほうがいいですよね。

どっちかが貢いでいたりだとか、お互いに意見がぶつかり合うならば、お付き合いはやめましょう。ということです。

あえて、そこを成り立たせても得がない。ということになります。


自分×相手の中で、実際に「WIN-WIN」を実行する際には、

  • 望む成果
  • ガイドライン
  • リソース
  • 報告
  • 評価

このように、具体的に決めると実行ができる。とコヴィーは言います。

これが、「WIN-WIN」の考え方であります。

なるほど…。


以上が、「第4の習慣〜WIN-WINを考える〜」になります。

まとめますと、

「WIN-WIN」じゃない関係は、3分割されます。

  • (私)WIN[勝]-(あなた)LOSE[負]
  • (私)LOSE[負]-(あなた)WIN[勝]
  • (私)LOSE[負](あなた)LOSE[負]

その中で、たいていの人は、「勝負の世界」で生きていたり、「自分があきらめる」ことで、

「WIN-LOSE」「LOSE-WIN」この連続で人間関係を築いています。

そこで、「WIN-WIN」を成り立たせるには、内面の安定が必要です。

  • 誠実さ
  • 成熟さ
  • 豊かさマインド

成功とは、誰かの犠牲をもとに成り立ってはいない。

この世界観をまずは思い描くこと。

その上で、「思いやり」と「勇気」を持つことが大事です。

そして、「WIN-WIN」にいたる誠実な気持ちを持つこと。

これが「WIN-WIN」になる考え方になります。

どうしても、成立しないときは、「No deal=取り引きしない」これでOKです。

これが、第4の習慣のまとめになります。

次回は「第5の習慣〜まず理解し、そして理解される〜」を解説していきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

次回もお楽しみに!

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました