【7つの習慣〜第六章〜】人生哲学の名書を徹底解説します!

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

すぎです。

いつもご覧いただき

ありがとうございます。


成功をつかむための学習本を知りたいな。

7つの習慣について詳しく知りたいです。

こんな疑問に答えます。

本記事では、

人生の成功法則を学びたい方向けに、

人生哲学の書籍を紹介します

7つの習慣

「7つの習慣」という本をご存じでしょうか。

スティーブン・R・コヴィーという人が書いた本になります。

全世界で3000万部、日本では200万部が売れている

ベストセラー著書になります。

【前回までの記事の概要】

  1. 一章→本書の成り立ち
  2. 第二章→習慣についての全体マップ
  3. 第三章→第1の習慣
  4. 第四章→第2の習慣
  5. 第五章→第3の習慣Part.1
  6. 第五章→第3の習慣Part.2

前回の記事までに、第3の習慣までを解説してきました。

本記事では、「7つの習慣〜第六章〜」と称しまして、

第1から第3の習慣までのまとめ」を解説していきます。

ぜひご覧ください。


(※ここからが前回の続きです。)

前回までの、第1から第3までの習慣について少しだけ要約して解説します。

スティーブン・R・コヴィーという本書の筆者は、アメリカのビジネス書を片っ端から読み漁り、分析して、大きな特徴に気付きました。

それが、「7つの習慣」です。

最近のビジネス書の特徴と言えば、「成功するためのテクニック」

これが主として書かれているわけです。

  • ポジティブマインド
  • コミュニケーションスキル

この2つについてばかりが書かれていると指摘します。

※筆者も成功をつかむための「ポジティブマインド」「コミュ力向上」についての記事を書いています。

参考までに、お読みくださいませm(_ _)m

ポジティブに考えよう!

コミュ力が大切だわ。

最近のビジネス書は、この2つに特化して書かれているわけです。

これでは本当の成功にはたどり着けない。

さらに、「なにかを犠牲にした成功も、偽物の成功」だとコヴィーは言います。

  • 家族
  • 友人
  • 会社
  • 健康
  • 正義

これらを犠牲にして成功をつかんだとしても、それは、「即効性があり短期的な成功」しか収めることができません。

寝ずに働いて成功したけど、体を壊した。

こんな人がたくさんいますよね。

ほかにも、仕事ばかりで家庭を犠牲にするだとか、友人を巻き込みビジネスが成功したけど、不仲になるなど。

このような成功はかならず何かを犠牲にしています。

筆者自身の体験談からも、成功に導いた記事があります。

短期的な即効型です。

成功をつかむ方法を教えます

こちらも参考にお読みくださいm(_ _)m

7つの習慣

この画像には alt 属性が指定されていません

全世界3000万部、日本でも200万部を叩き出したベストセラーとなった理由は、

ポジティブマインドや

コミュ力を身につけたい!

といった、まだ成功していない、またはこれから成功しようとしている人にはテクニック本が効果的です。

しかし、「7つの習慣」は成功者にもきびしく語っているのです。だから、成功者も購入しているからベストセラーとなっているのです。

本書の序盤や、裏表紙にたくさんの「レコメンド」が掲載されています。

これをレコメンドしている人はすべて「成功者」なのです。

私達はこの本を読んで救われました!

このように成功者たちは口をそろえて言うのです。

だから、

成功者たちがそんなに絶賛するなら、

これから成功したい私達も買うわ!

というように、芋づる式に次々に本書が売れていったのです。

つまり、本書というのは、

まだ成功した人たちから売れたわけではなく、

成功したけど「なにか物足りない」「なにか不満に感じる」

そんな、苦しんでいる成功者から売れていったのです。

そしてその結果、まだ成功していない人たちも救ってくれた一冊なのです。

そんな中で、本書が語っているのは、

「7つの習慣」で、本当の成功に導いてくれます。

そしてそのポイントになるのが、ポジティブマインドや、コミュニケーションスキルといった「テクニック」ではなく、

本当の成功に導くのは、人格育成。

これがポイントになります。

人格主義者になりなさい」と、コヴィーは言います。

人格者になるにはなかなかの経験や知識を身につけている人しかなれないはずです。

しかし、毎日コツコツ継続することができれば、やがて成熟し、誰でも人格者になれるというのです。

じゃあ、どのように成熟してゆくのか。

それを「第2章の全体マップ」で解説しています。

  1. 依存
  2. 自立(私的成功)
  3. 相互依存(公的成功)

このステップで7つの習慣を身につけていきます。

「依存」というのは、誰かのせいにすること。

妻に嫌われたら生きていけません。

このような状況です。

なので、まずは第1から第3の習慣を身につけて、

自立をして、私的成功を収めることです

さらに第4から第6までの習慣を身につけて、相互依存の状態になり、

公的成功を収めるのです。

まわりを巻き込み成功をつかむことです。

最後の7つ目の習慣が公的成功を何回も繰り返すこと。

これが7つの習慣の全体マップです。

依存状態から抜け出し、まずは自分が成功する。

それができたら次は、まわりを巻き込み成功する。

そしてまわりを巻き込む成功を量産すること。

そのためにやることが、7つの習慣を身につけることです。

第1の習慣

主体的であること

スタートを切るうえでのマインドセットです。

うちの上司がさあ〜。

とか、誰かのせいや、環境のせいにしているのはNGです。

その状況や言動というのは、すべてあなた自身の責任だということです。

自分自身の責任だということを自覚して、自分自身が変えることができることだけにフォーカスすることです。

  • 自分が影響を持たないもの
  • 無関係なもの
  • 自分にできないこと

このようなことに、興味関心を抱いても無意味なのです。

なので、自分が影響できるものだけにフォーカスしましょうということです。

第2の習慣

終わりを思い描く

ビジネスの成功のゴール設定ではなく、人生のゴールを思い描くことです。

つまり、「ゴール=死ぬこと」です。

自分の葬儀の参列者の弔事(ちょうじ)を思い描くのです。

  • 家族
  • 友人
  • 会社関係

などの参列者から弔事を読まれます。

弔事で言われたいことが本当の成功。

だというのです。

先輩のおかげで成長することができました!

いままでありがとうございました!

あなたは本当に家族思いで、

いろんなところに旅行に連れていってくれたわ。

ありがとう。

など、「このように読まれたらうれしい」という感情が、

湧き出る弔事が本当に成功の具体例なんです。

だから、それを目指して行動していきます。

そのためには、「個人の憲法」をつくることです。

自分の中心に、個人憲法を置いて、行動の原則をつくって、それに基づいて行動します。

  • 家族
  • お金
  • 仕事
  • 所有物

これらを中心においては危険です。

あくまで、読まれたい弔事の内容が成功になるわけで、それに基づいた憲法の行動原則を中心におくことです。

第3の習慣

全2部に分けて解説しましたが、

大切なことを優先すること

第1の習慣でスタートを切って、第2の習慣でゴールを思い描いて、第3の習慣でスケジュールを立てることです。

時間の使い方は4つに分けることができます。

  • 緊急かつ重要
  • 緊急ではないが重要
  • 緊急だが重要ではない
  • 緊急でも重要でもない

この4項目に分割されます。

なかでも、大抵の人は、「緊急かつ重要」なことにいつもいそがしいです。

  • 締め切り
  • トラブル

などです。

本当にスケジュールに入れ込まなければならないのは、

「緊急でないが重要」なこと。つまり自己投資です。

いつか転職に向けて、

プログラミングのスキルを学びたい!

このような、自己投資を優先します。

なので、この自己投資の重要案件をスケジュールに入れ込むのです。

そのスキマに、「緊急かつ重要」なことを入れ込んでいく。

  • 緊急だが重要ではない
  • 緊急でも重要でもない

この2つに関しては大胆にカット、つまりやらなくていい案件です。

さらに、緊急かつ重要な案件に関しては、「全面委任」でOKです。

ほかで代用ができるのなら、他の人になるべく委任しましょう。


以上が、第1から第3の習慣のおさらいになります。

つまり、自分が成功を収めている人は、

この3つの習慣が身についている人になります。

逆にコヴィーはこう言います。

第1から第3の習慣は、

第4から第6の習慣にいたるうえでの必須事項。

このように言います。

つまり、第1から第3の習慣が身についていない人は、この先の習慣を学んでも意味がありません。

だから、「明日から行動しなさい」このように言うのです。

私的成功を収めた人だけが、公的成功をつかむ資格を持っているということになります。

しかし、私的成功を収めていなかったとしても、第4から第6の習慣を学習した上で、成功をつかみにいくことも可能ですので、先に学習しても大丈夫です。

ということで、第1から第3の習慣を解説したところで、振り返りを解説しました。

次回は「第4の習慣〜WIN-WINを考える〜」について解説していきますので、ぜひご覧ください。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました