【7つの習慣〜第五章〜Part.2】人生哲学の名書を徹底解説します!

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

すぎです。

いつもご覧いただき

ありがとうございます。


成功をつかむための学習本を知りたいな。

7つの習慣について詳しく知りたいです。

といった疑問に答えます。

本記事では、

人生の成功法則を学びたい方向けに、

人生哲学の書籍を紹介します

7つの習慣

「7つの習慣」という本をご存じでしょうか。

スティーブン・R・コヴィーという人が書いた本になります。

全世界で3000万部、日本では200万部が売れている

ベストセラー著書になります。

【前回までの記事の概要】

  1. 一章→本書の成り立ち
  2. 第二章→習慣についての全体マップ
  3. 第三章→第1の習慣
  4. 第四章→第2の習慣
  5. 第五章→第3の習慣Part.1

本記事では、「7つの習慣〜第五章〜Part.2」と称しまして、

第3の習慣「予定の立て方」について深掘りをして、

わかりやすく解説していきます。

ぜひご覧ください。


(※ここからが前回の続きです。)

前回の記事では、

7つの習慣の第3の習慣〜Part.1〜「優先事項」について解説しました。

優先順位を決めるうえで、

  • チェックリスト
  • カレンダー
  • 優先順位

これを整理しながら、日々行動しています。

さらに、大切なことは、優先事項を決めること。

優先事項というのは、

  1. 緊急かつ重要
  2. 緊急だが重要ではない
  3. 緊急ではないが重要
  4. 緊急でも重要でもない

これに4分割され、

第2の習慣の個人の憲法でつくった行動の原則を紙に書いて貼り付けておくこと。

それを毎日見ながら行動すれば、「②緊急だが重要ではない」「④緊急でも重要でもない」この2つがカットされて、

もっとも大切な「③緊急ではないが重要ではない」これがなにかが分かってきます。


第3の習慣〜Part.2〜

それを理解したうえで、次に「予定を立てる」ことです。

「緊急ではないが重要ではないこと」の予定を立てること。

頭の中で整理したり、

手帳やスマホに予定を並べるだけではダメですか?

こう思う人も少なくないでしょう。

しかしコヴィーは、

降ってきた予定を、ただ単に書き込まないこと。

こう言うのです。

まずは、自分がどんな役割を持っているのか書き込むことです。

スケジュールなのに役割を書くの?

そう思う人がいるかもしれません。

第2の習慣で「終わりを思い描く」ことをしました。

葬儀で弔事(ちょうじ)を読んだ参列者との関係のことです

  • 親族
  • 会社関係
  • 友人

そこに参列してくれた人との続柄のことを指しています。

つまり、

  • 親族からみたら「」「
  • 会社であれば「上司」「部下
  • 友人であれば「個人

自分自身がその人とどのような関係なのか。

それが役割になります。

会社を経営している人であれば「社長」であったり、

趣味でなにかを取りまとめているのであれば「会長」であったりしますよね。

フットサルチームの「代表」をしているのであれば、

チームメイトが自分の葬儀に参列するはずですよね。

その役割を書いたら、次に、役割ごとに目標を書きます。

そして、その目標を書く時のポイントがあって、

一週間単位で目標を書くことです。

つまり、「個人の憲法」をもとに一週間の目標が立てるのです。

たとえば、「夫」という役割に対して、「夫婦のコミュニケーション」という目標を立てました。

「父」としては「子供にサッカーを教えたい」という目標を立てました。

それらを、「第3の習慣〜Part.1〜③緊急ではないが重要」な時間として、

優先的に予定に入れ込むのです。

その間に「①緊急かつ重要」なことを予定として入れ込むのです。

簡単にまとめると、

【プログラミングのスキルを身につけたい】

  1. スキル学習の時間を予定に入れる
  2. 3日後の報告資料作りの予定を入れる

たいていの人は、「目先のやるべきこと」つまり、緊急で重要なことを先に予定をいれますが、

そうではなくて、自己投資である、緊急ではないが重要なことを先に予定に入れ込んでおいて、そのスキマに報告資料作りをやるといったイメージです。

さらに、緊急かつ重要な事柄、ここでは、報告資料作りを「なるべく委任してください。」と言うのです。

つまり「誰かに任せなさい」ということです。

部屋の掃除であれば、「子供に任せる」とか、代役でもできる仕事は「部下に任せる」とか。

経営者の人も同じで、社員やバイトに仕事を任せること。

さらに、委任の仕方にもコツがあるのです。

  • 使い走り委任→✕
  • 全面委任→◯

このようにコヴィーは言います。

使い走り委任というには「一つ一つ説明しなければいけない」ことです。

コヴィーの例えでいうと、

「奥さんに写真を撮ってもらうように依頼した際に、シュチュエーションや取り方を事細かく説明して、何回も取り直した」

これが使い走り委任です。これではダメです。

しかし、うまく説明ができて、一発でよい写真が撮ることができたとしたら、

ほかのことに時間が使えるはずです。

それをうまくやるポイントとしては、

「効率よりも効果」を考えること。

教えることとに時間が掛かるから、結局自分でやってしまうとか、「こうしたほうがいい」と事細かく説明して時間をかける。

次の報告資料はこういう風に作ってみて。

これがこうでこれはこうで、こんな感じ。

できたら一回見せて。

違う!こうじゃない。

これもう一回直して!

このようにやってしまうのはNGです。

大事なことは、その人ときちんと向き合って、最終的にその人が委任できる人物になることのほうが効果が高いのです。

  • 目標はどこか
  • こうすればいい
  • この程度で十分
  • これはNG

このように、ピンポイントで重要となるポイントを教えてあげて、

少しづつ成長させていく、そして最終的には全面委任ができる人物に育て上げていく。

一発で使い走りにすることはNGです。

こういうことができるようになれば、先ほど述べた「①緊急かつ重要」なことを回避ができる。

そうなると「③緊急ではないが重要」な自己投資に時間を費やせることができるのです。

つまり、緊急かつ重要な案件に関しては、全面委任で、ポイントにメスを入れますが、

信用して任せることができるようになればいいのです。

つまり、

③緊急ではないが重要なことをやり続けること。

なるほど…と、めちゃくちゃ感じました。

筆者も現役会社員ですが、①緊急かつ重要なことにものすごく時間を費やしているんです。次から次へと仕事が舞い込んでくるから。

しかも、家に帰って毎日ブログをアップしているんです。

ブログを書くことが仕事みたいな感じになっていて、でも本質はそうじゃないですよね。

この記事を見てくれている読者に役立つ情報を発信することです。

しかし、そういうスケジュールを果たして私は立てていたか。と疑問になるわけです。

ブログ毎日更新がんばって、

いつか100万PV超え狙って

有名になってやる!

なんて思っているわけです笑。

【弔事〜妻〜】

あなた、ブログ毎日更新して、

100万PV超えたわね。

よくがんばったわ。

あなたは最高のブロガーでした。

あの世でも毎日更新頑張ってね!

こんな弔事読まれたくないですよね笑。

だとするならば、本来やるべきスケジュールの管理の仕方が見えてくるのです。


以上が、第3の習慣〜Part.2〜予定の立て方になります。

まとめますと、

ただ単に、降ってきた予定は入れ込まないこと。

自分自身の役割を書いて、その役割ごとに目標を立てます。

その目標は一週間単位でスケジュールに入れ込みます。

その時の注意点としては、

緊急ではないが重要なこと、つまり自己投資を優先して入れ込むこと。

そのスキマに緊急かつ重要なことを入れ込んでいきます。

さらに、緊急かつ重要な案件は、全面委任でほかの人に任せることができれば、なおさら良いです。

任せ方も、あれもこれもといった、使い走り委任はNGです。

最終的には、緊急ではないが重要なことはやり続けることが大切です。

これが、優先事項の予定の立て方になります。

ご理解いただけたでしょうか。

最後に、コヴィーは、

明日からこれをやりなさい。

このように伝えています。

え?いきなり?

こう思いかもですが、

まずやってみることが大切です。

しかし、すべてをやる必要はありません。

徐々にやっていけばいいのです。

それが習慣になります。

本記事までに、

この3つの習慣を解説してきました。

それを3つ同時にこなす必要はありません。

まずは第1習慣の「主体的であること」

これをまずはスタートとして始めてみましょう。

そうすれば、順々に習慣化されていくことで、

成功を掴み取ることが必ずできるはずです。

まずはやってみることです。

やらなければ始まりませんし、成功もつかめないので。

まずは始めてみましょう。

最後までありがとうございました。

次回は、第六章「第1から第3の習慣〜私的成功まとめ〜」です。お楽しみに。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました