【第4章】新型コロナウイルスによる今後の日本経済について解説!

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

cedrobookのすぎです。

いつも当ブログをご覧いただき

ありがとうございます。


コロナショック後の日本は

どうなってしまうんだろう?

この危機的状況を乗り越える

方法を知りたいわ。

といった疑問に答えます。

新型コロナウイルスが終息したあとの、

日本経済はどうなってしまうのか。

それについて、

この3本立てで解説してきました。

新型コロナウイルスの経済危機について、現状を把握、その中で、生き残るためのマインドを学習し、働き方の見直しまでを解説しました。

そこで本記事は、第四章になります、

コロナ後に勝ち残るノウハウ」について、わかりやすく解説していきます。

他の3項目については上記のリンクから参照できますので、

ぜひそちらをご覧ください。

スポンサーリンク

コロナ後に勝ち残るノウハウを解説!

本記事の内容

  • ローカルからの脱却
  • リモートワーク
  • 「TA」から「CX」

この3項目で解説していきます。

当記事の信ぴょう性

  • 筆者は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書とYouTube
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じです。

今回、コロナ対策書を片っ端から読み漁り、

その中でも参考になった一冊があります。

コロナショック・サバイバル 

こちらを参考にさせていただきました。

ぜひ気になった方は、購読してみてください。

では解説していきますね。


ローカルからの脱却

第1章でローカルビジネスの会社、

  • 飲食業
  • 宿泊業
  • 観光業
  • 小売業
  • エンタメ業
  • 住宅メーカー

などは、現在、経済危機に直面していることを解説しました。

おそらく、そこで働いている人の中には、

また元のようにお客さんはお店に来てくれるでしょ!

と、安易な考えでいる人がいます。

しかし、これは大きな間違いで、

コロナ後の経済というのは、

「グローバルとデジタル」が急速に加速していきます。

とはいえ、すでに加速しつつあるのです。

  • 在宅ワーク
  • おうち時間

といった、、外出自粛がもたらしている、

人の移動が制限されている中で、

モノ、サービスの移動はグローバルになっていきます。

そしてもう一つ、「デジタル化」がマストになります。

今までは、

「デジタルだといいな。」という考えでしたが、

これからは、

「デジタルじゃなきゃやばい!」

このマインドに転換できなければ、確実に取り残されます。

  • Zoom
  • Uber Eats
  • NETFLIX
  • Amazon Prime
  • YouTube

など、コロナで外出自粛により、

急速に発展した銘柄です。

Zoomでオンライン飲み会や会議、打ち合わせをしたり、

Uber Eatsでデリバリーフードを頼んでみたり、

お家時間で、NETFLIXやAmazon Primeの加入者が爆増したり、

YouTubeの登録者もめちゃくちゃ増えました。

コロナ前は、

Zoomでオンライン飲み会って

なんか楽しそうだな!

その程度の考えで、いざ飲み会はお店に出向いて、

友達と「カンパーイ!」なんて言って楽しく飲むことが、

当たり前の世の中でした。

Uber Eatsってあるよね?

デリバリーフードと言えば、ピザが主流で、

多少、ファーストフード店がかじっていた程度です。

しかし、コロナの影響で、

上記で述べた、発達し始めた銘柄のような、

グローバルとデジタル化が急速に加速しているのです。

つまり、会社においては、

ローカルなビジネスマインドで経営していた会社は、

第1章から第3章で学習した、

こういう経営にシフトできているか、

アップデートは出来上がっているのか。

そこが、これから勝ち残るための分かれ道になります。

個人も同様に、いまだに、店舗でDVDを借りている人は遅れています。

牛丼のお持ち帰りをお店で注文していませんか。

在宅ワークでパソコンが使えないから電話で対応していませんか。

これらすべては、すでにオワコンなのです。

会社においても個人においても、

ローカルなビジネスの人たちは、

グローバルとデジタル化にフィットするマインドがなければ、

確実に淘汰されることになるのです。


リモートワーク

上記で、解説した、ローカルなビジネス思考の会社、個人は

どう変わればいいのか。

それは、「リモートワーク」に答えがあります。

リモートワークこそが、これからのチャンスととらえましょう。

つまり、ネットでサービスを提供できるビジネス。

今までは店舗に足を運んでくれたお客さんのみに、

モノ、サービスを提供していました。

しかしこれからの時代は、情報過多の世の中の時流を活かして、

日本のみならず、世界中の人たちに

モノ、サービスを提供してきましょう。

しかもそれは、「体験型のサービス」で提供するのです。

  • ゲーム
  • 動画
  • 音楽
  • 書籍

など、エンタメ系をリモートで届けます。

お客さんに、お店でゲームを販売する時代は終わりです。

すでに、テレビゲームもオンラインでネットに繋がっています。

つまり、ネットを通せばゲームが購入できるのです。

しかも、もう一つポイントがあって、

「リカーリング」じゃなきゃダメということです。

リカーリング=くり返し、循環という意味で

サブスプリクション=定額でサービスを提供します。

つまり、今までは、ゲームを単体で売っていたものが、

これからは、月額サービスで提供することで、

ユーザーは月額料金を払えば、

さまざまなゲームで遊ぶことができるということです。

「リモートで月額」

これからは、これがめちゃくちゃ強くなります。

  • オンラインサロン
  • EC

など、すでに波及しているものもあります。

今までは、人と人が顔を合わせて、商品を売る型が主流だった

ローカルビジネスから、

これからは、ネットで色々なサービスを

定額で売る、営業スキルが欲しいということです。

なので、ネットが使える人材にならなければいけない。

  • パソコンが使えない
  • SNSをやったことがない
  • 営業スキルが低い

このネイティブなポイントを変えていかなければいけないのです。

ローカルな人は諦めずに変わりましょう。


「TA」から「CX」

そして、もう一つのマインドが、

「ターンアラウンド」から

「コーポレートトランスフォーメーション」へ。

つまり、ターンアラウンド=もとに戻る。復旧と同じ。

これではダメです。

コーポレートトランスフォーメーション=

会社、個人ごと変わるということです。

自動車は、エンジンで走らせる原動機が主流だった昔から、

モーター、いわゆるハイブリットとなり、

今では、電気自動車に変わります。

今までは、銀行でお金を引き出していましたが、

キャッシュレスの時代に変化し、

銀行にお金を預けるよりも、

仮想通貨のような投資が普及しています。

メディアも同じで、テレビが主流だった時代から、

スマホでニュースもお笑いもすべてが網羅できます。

つまり、コーポレートトランスフォーメーションとは、

会社、個人は、復旧ではなく復興しなければいけないということです。

しかも、ガラッと変わることが大切です。

経済はもとに戻るか不安なら、

自ら時流に乗っかって変わるしかないのです。

同じように復旧していたら、

10年スパンで、またショックが起こった時に、

同じ状況を繰り返すはずです。


以上が、第4章のコロナ後に勝ち残るノウハウを解説しました。

まとめますと、

  • ローカルからの脱却
  • リモートワーク
  • 「TA」から「CX」

ローカルなマインドの人は、

グローバルとデジタル化に今すぐ切り替えましょう。

ネットをつかったリモートで、

定額サービスのリカーリング要素を取り入れること。

コーポレートトランスフォーメーションの概念で、

会社も個人も、ガラッと変わることです。

全4章に渡り、コロナショック後の経済危機について

解説しました。


追加で少し面白い話をしますが、

最近、ふと感じたことがあります。

子供たちと「ドラえもん」を観ていたのですが、

まさにだな…と思いました。

のび太が、大人になったのび太に会いに行った際、

スネ夫がゴミを投げたら、

それをキャッチするゴミ箱ロボットがありました。

ゴミ箱ロボットが街を移動していて、

ゴミを回収してくれるんです。

すごくないですか。

他にも、

警察官になったジャイアンの隣に、

宙に浮いているパトカー。

タイヤが無いんです。

宙に浮いているということは、

飛行機みたいな空飛ぶ車です。

のび太が顔にボックスを被ると、その先には海が広がっている。

これって、現在のVRにそっくりなんです。

1990年代のドラえもんの漫画にも、

ニンテンドースイッチみたいなものが登場している。

つまり、ドラえもんの世界が現実になっているわけです。

なので、空飛ぶ車やゴミ箱ロボットも、

必ず実現するだろうと筆者は考えています。

そうなると、これからのビジネスにも役立つ情報は、

ドラえもんの中にもたくさん詰まっているということで、

大きなビジネスチャンスを掴めるかもしれません。

余談でオカルトな話をしてしまいましたが、

ドラえもんの世界が実現します。

最後までありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました