【技術編】言葉をうまく伝える方法を解説します!

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

cedrobookのすぎです。


相手に伝えるときに

インパクトがある伝え方をしたいです。

プレゼンを勝ち取るための

強調した言葉を知りたいです。

といった悩みに応えます。

スポンサーリンク

言葉をうまく伝える技術

本記事の内容

  • コミュニケーションの定義
  • インパクトのある伝え方の技術

この2本立てで解説していきます。

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書とYouTube
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じ。

【筆者の歩み】

新卒で上場企業に入社→1年で職場のリーダーに抜擢→従業員80名を管理する業務を約10年間従事→人間関係を大切にしながら経験を積み重ね、身につけたコミュニケーション能力のノウハウを記事にしています。

本記事では、コミュニケーション能力向上を目的として、

  • 話し方
  • 聞き方
  • 伝え方

この3項目のノウハウを解説しています。

「伝え方」のノウハウを学習したい方は、

この3項目で伝え方がすべて網羅できますので、

ぜひ別記事も参考にしてください。

また、「話し方」と「聞き方」に関しましては、

【最強の話術〜基礎編〜】

  1. 話しかけ方
  2. 話の広げ方
  3. 話の聞き方
  4. 話の盛り上げ方
  5. 好印象な話し方

この5本立て解説しています。

さらに、

【最強の話術〜応用編〜】

6.「コミュニケーションの取り方」

こちらでコミュ力の身につけ方を解説していますので、

ぜひこちらも参考にしてください。

コミュニケーションの定義

まず「コミュニケーション」とは、

なんなのか。

よく、

コミュニケーション能力が高いね!

なんて言ったりしますが、

実は筆者も割りかし高めなほうだと思います。

過去に80名の従業員を管理する仕事をしていたので。

「コミュニケーション能力=コミュ力」

これが高い人は、

  • 話し方が上手
  • 話の聞き方を知っている
  • 話の伝え方が工夫されている

この3つが備わっています。

つまりコミュ力とは、

人との会話に必要な、

「話す」「伝える」「聞く」

この三拍子が優れています。

コミュ力が高いメリットとしては、

  • 友達がたくさんできる
  • まわりから好かれる
  • 人気者になれる
  • 仕事に有利
  • 発言力が高まる
  • リーダーシップを発揮できる

といったメリットがあります。

人は伝え方ひとつで、感情が変わります。

それを本記事では学習できますので、

ぜひご覧ください。

みなさんもコミュ力を身につけて

たくさんの人とのつながりを大切にしましょう。

本記事では、伝え方の基礎編と称しまして、

「インパクトのある伝え方の技術」を学習できます。

インパクトのある伝え方の技術

本記事のメインテーマであります。

「インパクトのある伝え方の技術」を解説していきます。

結論をさきに述べると、

  • 言葉の前後を強調
  • 落差をつける
  • ものさしを使う
  • 言葉を繰り返す
  • 重要詞を入れる

この5つになります。

順に解説していきますね。


言葉の前後を強調

まず一つ目が「言葉の前後を強調する」技術です。

代表的な例として「!(ビックリマーク)」

これをつけるか、つけないかで、だいぶ言葉の強さが変わりますよね。

言葉の前後になにかをつけるだけで、

印象が大きく変わります。

たとえば、

「京都に行こう。」

まあ、普通の言葉に聞こえます。

  • 京都に行こう。
  • 京都行く?
  • 京都行こうよ。
  • 京都行ってみない?
  • 京都行こうかな。

ごくごく普通の言葉です。

これを、

「そうだ!京都に行こう。」

これならどうでしょうか。

京都行こうかな?って思ってたことが、

体がすでに京都のほうを向いて、一歩踏み出して、

「そうだ!京都に行こう。」そんな感じですよね。

このキャッチフレーズを考えた人は天才的だなと。

つまり、

気持ちや意思の前に、一言添えてあげる。

それにより、気持ちや意思が強調されます。

他にも、

「アンパンマン」

子供に大人気のキャラクターですよね。

アンパンマンのタイトルわかりますよね。

「それいけ!アンパンマン」

「それいけ!」ですよ。

「はやく助けてあげて!」

「早急にバイキンマンをやっつけろ!」みたいな。

すごいですね。

「それいけ!」だけで全然違いますね。

「アンパンマン」だけだと、ちょっと質素ですし。

他にも、

  • 「おーい、お茶」
  • 「あ、小林製薬」
  • 「お値段以上、ニトリ」

など、

言葉の前後にインパクトを残してあげると、

その言葉がより引き立ちます。


落差をつける

2つ目が「落差をつける」技術です。

なかなか、ピンと来ないかもですが、

〇〇じゃない!△△だ!」こういう伝え方をします。

たとえば、

「事件は会議室で起きているんじゃない!

現場で起きているんだ!」

某大ヒット映画の主人公の名セリフです。

この場合、

「事件は現場で起きている。」この言葉を強調しています。

  • 事件は現場で起きてる!
  • 事件は現場で起きているんだ!
  • 事件は現場でしか起こらない!
  • 事件は現場かもしれない!

この伝え方だと、インパクトが弱いですよね。

「事件は会議室で起きているんじゃない!」

まず否定から入るわけです。

そのあとに、肯定をして伝えます。

「わたしの勝利ではない。あなたがたの勝利だ。」

こちらも、某大統領の選挙で勝利をおさめた時の名セリフです。

選挙に勝ったら、

  • 「勝ちました!」
  • 「やりました!」
  • 「やったぞ!」
  • 「ありがとう!」
  • 「皆様のおかげです!」

こんな感じになるでしょうけど、

まず、「わたしの勝利ではない。」

国民からしたら、「えー、勝ったよね?」と疑問になります。

しかし、そのあとに「あなたがたの勝利だ。」

すごい歓声に包まれるわけです。

「選挙に勝ったのは、わたしを応援してくださった

あなたがたのおかげで、わたしは勝ちました。」

このように、「〇〇じゃない、△△だ!」

という伝え方をすれば、より伝えたい言葉が

強調されます。

一般的な例で言うと、

「学校に行ってきます。」

これを変換してみると、

「おれが行きたいんじゃない!

学校がおれを呼んでいるんだ!」

こんな感じですかね笑。

じゃあ行くなよ。ってなりますけど笑。

こんな感じで、

強調したいときは、

否定→肯定で言葉をつくってみると、

インパクトある言葉に変化します。


ものさしを使う

3つ目が「ものさしを使う」技術です。

感想を述べるときに有効な伝え方で、

たとえば、

「最高の映画でした!」

映画の試写会などで、終わりに感想を述べるシーンが

よく映りますよね。

  • 「最高でした!」
  • 「めっちゃ泣けました!」
  • 「感動しました!」

など、率直な感想もいいかもですが、

これに、ひと工夫してみましょう。

「喉がカラカラです!最高でした!」

どうでしょうか。

「飲み物を飲む暇もないくらい見入ってしまった。」

そんな感想に聞き取れますよね。

つまり、

「喉が乾いてゆくさま」をものさしとしてとらえ、

映画の感想を最大限に伝えています。

ほかにも、

「お腹がすいた。」

これを、

「お腹が空きすぎて、なにも考えられない。」

このような伝え方をしたら、

この人、めちゃくちゃお腹空いているんだ。

と思いますよね。

「食べることしか考えられない。」

このように捉えることができます。

つまり、相手に対して、

「そんなになんだ!」と思わせる伝え方をすることで、

言葉にインパクトが生まれます。


言葉を繰り返す

4つ目が「言葉を繰り返す」伝え方です。

わかりやすく例えるならば、

「歌の歌詞」に注目してみましょう。

「会いたかった会いたかった会いたかった

イエス! 君にー」

某アイドルグループの曲の歌詞ですが、

サビで「会いたかった」を3回連呼しています。

これが、

「会いたかった!君に」と1回言うだけだと、

あまりインパクトがありません。

「会いたかった会いたかった会いたかった

イエス! 君にー」

この伝え方だと、

そんなに会いたいんだ!

そんな感じに聞き取れますよね。

ほかにも、

「女々しくて女々しくて女々しくて、

つらいよー!」

これも同じで、

「女々しくてつらい!」とこれだけでは

そこまでインパクトがないので、

3回連呼することで、より強調された

言葉に変化するのです。

一般的な伝え方だと、

  • 「OK!OK!」
  • 「ドンマイ!ドンマイ!」
  • 「大丈夫!大丈夫!」

このように、2回連呼するだけでも、

強い言葉になります。

「OK!」だけだと、

わかったんだな。

「OK!OK!」だと、

ちゃんとわかってくれたな。

と、相手は思ってくれます。

なので、強調して伝えたい時には

くり返し言葉を使うことで、

より相手に理解してもらうことができます。


重要詞を入れる

最後5つ目は「重要詞を入れる」伝え方です。

話の中で、重要とされるポイントに、

使うと非常に際立ちます。

「これだけは、覚えておいてください!

当社の商品が一番です!

単純に、

「当社の商品が一番です!」と伝えても、

そうなんだ!

そう捉えられますが、

「これだけは覚えておいてください!」と前に追加すると、

これは重要だな、

覚えておこう!

相手の脳に記憶されることになります。

他にも、

「ここだけの話なのですが。」

なんか自分だけ特別な気がしますよね。

自分だけの特別情報なのかな?

なんかワクワクした気持ちになります。

こんな感じで、

「これが大切!」という言葉の前に、

アピールする言葉を一言添えて伝えることで、

その言葉がよりインパクトを残せます。

  • 絶対に損はさせません!
  • 今からお話する内容は他言厳禁です!
  • 肝に命じて聞いておいてほしいのですが。

など、重要な話の前に、取り入れてみてください。


以上が、「インパクトのある伝え方」になります。

まとめますと、

インパクトのある伝え方の方法は、

  • 言葉の前後を強調
  • 落差をつける
  • ものさしを使う
  • 言葉を繰り返す
  • 重要詞を入れる

この5つです。

「!(ビックリマーク)」をつけた伝え方で、

「それいけ!アンパンマン」みたいに、

言葉の前後を強調させましょう。

「〇〇じゃない!△△だ!」という落差をつけた伝え方で、

否定→肯定のテクニックを身につけましょう。

「喉がカラカラになるくらい、見入ってしまいました!

最高の映画でした!」みたいに、

感想をのたとえを、「ものさし」ではかった伝え方をすると、

その感想の度合いがわかりやすく伝わります。

単発な言葉よりも、2回、3回、言葉を繰り返すことで、

よりインパクトのある言葉に変化します。

「ここだけの話なのですが。」と重要な話の前に、

強調文を追加して、相手の脳の記憶に残しましょう。

以上が、5項目の簡単な内容です。


本記事は、コミュ力向上の

「話し方」「聞き方」「伝え方」の学習として

役立つ記事を発信しています。

「伝え方」にフォーカスしましたが、

とはいえ、「話し方」「聞き方」を含めた、

すべてを網羅したい人は、本で学習することです。

別記事で、

「コミュニケーションが高まるおすすめ本」

紹介していますので、

ぜひそちらを参考にしてみてください。

また冒頭でも、話しましたが、

「話し方」と「聞き方」を学習したい方は、

【最強の話術〜基礎編〜】

  1. 話しかけ方
  2. 話の広げ方
  3. 話の聞き方
  4. 話の盛り上げ方
  5. 好印象な話し方

でも学習できますし、

【最強の話術〜応用編〜】

6.「コミュニケーションの取り方」

こちらでコミュ力向上を

身につけることができますので、

ぜひ参考にしてみてください。

学習しつつやるべきこと

本記事で学習してもらうことは非常にありがたいです。

さらに学習した知識を身につけるために

以下の3つのことを意識しましょう。

  • その①:使える知識をメモすること
  • その②:メモした知識を見つつ、実践すること
  • その③:できるだけ多く、実践すること

順番にみていきましょう。

※ちょっと記事が長くなってきたので、あと1分で終わらせます。

その①:使える知識をメモすること

ただ学習するのはNGです。

知識をメモして、ノートに書き留めること。

知識をメモするノートの例

上記は、私がメモしているノートです。

※汚くてすみません。

ただ汚くても大丈夫です笑。自分が分かれば。

学習するたびに知識をメモすると、忘れづらいです。

当たり前ですが、だらだら記事を呼んだり、

ページを読み進めることに価値はないですからね。

かならず知識を吸収しましょう。

その②:メモした知識を見つつ、実践すること

先ほどのメモを見つつ、実践してみましょう。

例えば、インパクトのある伝え方で「前後を強調する」とかを学んだら、

観察力を学習して身につけるとかです。

観察力を上げることは、

客観的見方が養えますし、

いろいろなキャッチコピーなんかを目にして

実践することに非常に役立ちます。

その③:できるだけ多く、実践すること

学習するだけじゃダメです。

そして知識を使いつつ実践するだけじゃダメです。

インパクトのある伝え方を身につけるために必要なこと。

できる限り、たくさん実践することです。

実践することは必須です。

たくさん行動しないと、身につきませんからね。

また、トライ&エラーを繰り返すことで、

無意識で身につくようになります。

この「無意識」という状態が大切でして、

ここまでいけば、相手に伝える時に、

即座にこの伝え方ができるようになります。

そのためには繰り返しですが、実践することが欠かせません。


最後までご覧いただき

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました