【基礎編〜好印象を与える伝え方〜】言葉をうまく伝える方法を解説!

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

cedrobookのすぎです。

いつも当ブログをご覧いただき

ありがとうございます。


相手の良い印象を与える

上手な伝え方を知りたいな。

上手な伝え方を身につけて

営業成績をアップしたいです!

といった悩みに答えます。

スポンサーリンク

言葉をうまく伝える方法とは

本記事の内容

  • コミュニケーションの定義
  • 相手に好印象を与える伝え方

この2本立てで解説していきます。

当記事の信ぴょう性

  • 筆者は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書とYouTube
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じ。

【筆者の歩み】

新卒で上場企業に入社→1年で職場のリーダーに抜擢→従業員80名を管理する業務を約10年間従事→人間関係を大切にしながら経験を積み重ね、身につけたコミュニケーション能力のノウハウを記事にしています。

本記事では、コミュニケーション能力向上を目的として、

  • 話し方
  • 聞き方
  • 伝え方

この3項目のノウハウを解説しています。

「伝え方」のノウハウを学習したい方は、

この3項目で伝え方がすべて網羅できますので、

ぜひ別記事も参考にしてください。

また、「話し方」と「聞き方」に関しましては、

【最強の話術〜基礎編〜】

  1. 話しかけ方
  2. 話の広げ方
  3. 話の聞き方
  4. 話の盛り上げ方
  5. 好印象な話し方

この5本立て解説しています。

さらに、

【最強の話術〜応用編〜】

6.「コミュニケーションの取り方」

こちらでコミュ力の身につけ方を解説していますので、

ぜひこちらも参考にしてください。

コミュニケーションの定義

まず「コミュニケーション」とは、

なんなのか。

よく、

コミュニケーション能力が高い!

なんて言ったりしますが、

実は筆者も割りかし高めなほうだと思います。

過去に80名の従業員を管理する仕事をしていたので。

「コミュニケーション能力=コミュ力」

これが高い人は、

  • 話し方が上手
  • 話の聞き方を知っている
  • 話の伝え方が工夫されている

この3つが備わっています。

つまりコミュ力とは、

人との会話に必要な、

「話す」「伝える」「聞く」

この三拍子が優れています。

コミュ力が高いメリットとしては、

  • 友達がたくさんできる
  • まわりから好かれる
  • 人気者になれる
  • 仕事に有利
  • 発言力が高まる
  • リーダーシップを発揮できる

といったメリットがあります。

人は伝え方ひとつで、感情が変わります。

それを本記事では学習できますので、

ぜひご覧ください。

みなさんもコミュ力を身につけて

たくさんの人とのつながりを大切にしましょう。

本記事では、伝え方の基礎編と称しまして、

「相手に好印象を与える伝え方」を学習できます。

相手に好印象を与える伝え方

本記事のメインテーマであります。

「相手に好印象を与える伝え方」を解説していきます。

結論をさきに述べると、

  • 相手にメリットを与える
  • 相手にデメリットを与える
  • 比較をさせる
  • 承認させる
  • 共同作業

この5つになります。

順に解説していきます。


相手にメリットを与える

まず1つ目が、

「相手にメリットを与える」

つまり、相手が得となる伝え方をすることです。

たとえば、

ハンバーガーショップで、

注文して、5分ほど時間が掛かるとき。

こんな時に、店員さんから、

5分ほど、お時間がかかりますので

少々お待ちください。

このような伝え方をしたとします。

心優しい人であれば、特になんとも思いませんが、

急いでいたり、お腹が空きすぎて

せっかちな人は、

早くしてよ!

遅れちゃうよ!

早く食べたい!

なんて思い、イライラしたり、

ひどい時には文句を口にしたりする人もいます。

ではそんな時に伝え方で工夫したいのが、

相手に対してメリットを与える伝え方に変換することです。

つまり、このたとえで言うと、

「待っててよかった!」と思えるような

伝え方にします。

なので、

できたてをご用意いたしますので、

少々お待ち下さい。

このような言われ方をされたらどうでしょうか。

「5分待ってて!」と待たされるより、

「アツアツのできたてを用意するから待っててね!」と言われたら、

冷めてしまうと美味しくないから、

できたてのほうがよかった!

楽しみだな!得したな!

こんな気持ちになりますよね。

他にも、

飛行機から降りるときに時間が掛かるとき。

特に、後部座席に座っていたときなんかは、

前の席の人から降りるので、

時間が掛かりますよね。

そんな時に、キャビンアテンダントの人が、

後部座席の方は、お待ちください。

こんな言い方をされたら、ちょっとイラっとしますよね。

後ろにも出口つくってよ!

はやく進んでよ!

みたいな気持ちになりますよね。

荷物の出し入れに時間がかかったりして、

なかなか列が進まず、時間だけが過ぎてゆきます。

しかしこんな時に、

後部座席の方は、お時間が掛かりますので、

ごゆっくりお支度くださいませ。

このような言い方をされたら、

ゆっくり支度して、

気長に待つか!

と、イライラが緩和されて、待つことのストレスから開放されます。

このように、

相手のメリットを考えた伝え方をすることで、

相手に不快感やストレスを緩和させることができます。


相手にデメリットを与える

2つ目が、

「相手にデメリットを与える」伝え方をすることです。

デメリットを与えたら、

さらに印象が悪くなるんじゃないの?

そう思いがちですが、

実は、デメリットを伝える方法も有効なんです。

たとえば、

芝生をキレイにしたあと、立ち入りを禁止したいとき。

せっかくキレイにした芝生に、ドカドカ入られて、

またすぐにぐちゃぐちゃにされたら、たまったもんじゃありません。

こんな時に、

芝生に入らないで!

と、忠告したとしても、

関係なく我が物顔で、入ってくる人がいるかもしれません。

おれには関係ない!

また芝生をキレイにすればいいじゃん!

こんな人も少なくありません。

ではこうゆう時にどうするのか。

相手にデメリットとなる要素を伝えます。

農薬が付いてしまいますので

入らないでください。

このような伝え方をしたらどうでしょうか。

おそらく、

農薬がついて、臭くなりたくないから

入らないようにしなきゃ!

こう思って入りづらくなりますよね。

つまり、相手に対して悪い要素を与えることも、

良い伝え方の一つになります。

他にも、

痴漢を防止する看板。

これも同じで、

「痴漢に注意!!」

看板にこんな書き方をしても、

一向に痴漢は減らないでしょう。

むしろこれは、痴漢される被害者側に呼びかけをするもので、

加害者側に対して注意を呼びかけないと意味がありません。

「近隣の皆様の協力のおかげで、

無事、痴漢を逮捕することができました!」

このような看板ならどうでしょう。

ここの住民は積極的だな。

捕まりそうだからやめておこう。

このように考えますよね。

つまり、痴漢をする人に対して、

デメリットとなる呼びかけを促すことで、

撲滅をはかることができます。

このように、相手にデメリットとなる要素を取り入れて、

伝えてみましょう。


比較させる

3つ目が「比較をさせる」伝え方です。

アパレルショップで服を売るとき。

いらっしゃいませ!

この服買ってください!

このズボン買ってください!

このネックレスも買ってください!

絶対に買いませんよね笑。

えー、いきなりすすめられても

困るわ。

このように思うはずです。

つまり、相手に決断させることを促すのはNGです。

こんなときは、相手に比較をさせることが有効です。

いらっしゃいませ!

どのような服をおさがしですか?

今の時期でしたら、

コチラとコチラの商品がおすすめですよ!

コチラは今年のトレンドカラーとなってまして、

コチラは当店で一番売れている商品になっています。

このような言い方をすると、

そうなのね!

この色の服を探していたのよ!

こっちの服にするわ!

といった感じで、

比較をさせて、相手に選択肢を与える伝え方をすることで、

決定を余儀なくさせて、服を購入させる。

「服買ってください!」と押し売りみたいなセールスよりも、

「コチラとコチラがおすすめですよ!」と比較して、

説明をしてあげことで、買いたい気持ちになります。

他にも、

仕事の打ち合わせの依頼。

この日に打ち合わせしたいです!

お願いいたします!

もしかしたら相手方は、日程がカツカツで、

いそがしいから、本当は

この日に打ち合わせしたくないな。

こんな気分にさせてしまうかもです。

しかし、

打ち合わせをしたいのですが、

この日とこの日で都合がつく日はありますでしょうか?

この伝え方の変えれば、

この日なら、都合付きそうだから

この日でお願いします!

と、選択肢を与えさせて比較させることで、

決断させることを促してあげるのです。


承認させる

4つ目が、「承認させる」伝え方です。

相手に対して、依頼や、お願いをするときに

有効な伝え方になります。

部下に仕事を依頼するとき。

この企画書、〇〇日までに作っといて!

プレゼンもよろしく!

部下に仕事を依頼するときに、

このような伝え方では、

なんでおれがやらなきゃいけないんだよ!

ほかにも、もっと暇な人いるでしょ!

こう思われるかもしれません。

このような伝え方では、上司と部下の信頼関係に、

ヒビが入ってしまうリスクがあります。

こんなときは、相手が承認するような伝え方にします。

〇〇君!最近かなり仕事がんばっているね!

今度の企画書を〇〇君にお願いしたいんだけど。

というのも、この前の企画書が上層部で話題になってね、

今度の企画も、「ぜひ〇〇君に!」と指名が入ったんだよ!

他の部署からも、「〇〇くんの企画はすごい!」と有名でね。

今こそ、顔と名前を売るチャンスだと思って、

私からも君にお願いしたくて。

どうかね?

このような言い方をされたら、

まじで?

そんなに人気なんだ!

これなら出世するのも時間の問題だな!

わかりました!やります!

このように、即決ですよね。

つまり、お願いをするときは、

相手の心理に入り込み、承認させる伝え方にします。

告白するとき。

告白するときも同じです。

付き合ってください!

これだけでは、自分の気持ちが伝わりません。

今日は大事な話があります。

最近の〇〇ちゃんをみていたら、

優しい人で、すごい暖かさを感じました。

いつもにこにこ笑顔で友達と話す姿や、

困っている人がいたら助けてあげたり、

とても素直で優しい人柄に惹かれました。

これからも〇〇ちゃんの隣で、優しさを

僕も学びたいと思いました。

好きです!付き合ってください!

このような、気持ちの伝え方をしてくれたら、

相手に気持ちが伝わりますし、

結果もいい方向にいくのではないでしょうか。

相手にお願いをするときは、

相手が、「ありがとう」「よかった」といった、

感謝される伝え方をして、承認させるようにしましょう。


共同作業

最後5つ目は、「共同作業」という伝え方です。

「一緒にやろう!」と、声をかけると

やってもらえるようになるということです。

勉強しなさい!

よく親から言われた経験がある人が多いんじゃないでしょうか。

でも、

めんどくさいなあ。

あとからやればいいか。

なんて子供は思います。

つまり、

「やって」とか「やりなさい」などの、

命令口調で指示を出しても、相手は乗り気になりません。

〇〇の歴史はおもしろいらしいね。

一緒に勉強してみない?

このように、「一緒に〇〇しない?」と

一緒になにかをすることで、賛同してくれるようになります。

今度のプレゼン、おれがフォローするから

報告してみないか?

など。

「今度のプレゼン、報告しといてくれ。」なんて言われたら、

心底、やりたくはないでしょう。

おいしいラーメン屋さんがあるんだけど、

今度一緒に行ってみない?

とか。

「試しに、ラーメン屋行ってきて!」

なんて言う人いないと思いますが、

「お前行けよ!」ってなりますよね笑。

このように、共同作業として、伝えてみると、

相手は喜んで賛同してくれます。


以上が、「相手に好印象を与える伝え方」になります。

まとめますと、

好印象を与える伝え方は、

  • 相手にメリットを与える
  • 相手にデメリットを与える
  • 比較をさせる
  • 承認させる
  • 共同作業

この5つになります。

相手に得する伝え方によって、

ストレスを与えない。

あえてデメリットを強調して、

行動を防止させる。

比較した2つを選ばせて、決断させる。

相手に感謝を伝えて、承認させること。

一緒に作業することで、行動を促すこと。

これが、好印象を与える伝え方です。


さらに学習したい人がいると思います。

とはいえ、コミュニケーションは、

「話し方」「聞き方」「伝え方」

この3要素で成り立っていますので、

すべてを網羅したい人は、本で学習することです。

別記事で、

「コミュニケーションが高まるおすすめ本」

紹介していますので、

ぜひそちらを参考にしてみてください。

また冒頭でも、話しましたが、

「話し方」と「聞き方」を学習したい方は、

【最強の話術〜基礎編〜】

  1. 話しかけ方
  2. 話の広げ方
  3. 話の聞き方
  4. 話の盛り上げ方
  5. 好印象な話し方

でも学習できますし、

【最強の話術〜応用編〜】

6.「コミュニケーションの取り方」

こちらでコミュ力向上を

身につけることができますので、

ぜひ参考にしてみてください。

学習しつつやるべきこと

本記事で学習してもらうことは非常にありがたいです。

さらに学習した知識を身につけるために

以下の3つのことを意識しましょう。

  • その①:使える知識をメモすること
  • その②:メモした知識を見つつ、実践すること
  • その③:できるだけ多く、実践すること

順番にみていきましょう。

※ちょっと記事が長くなってきたので、あと1分で終わらせます。

その①:使える知識をメモすること

ただ学習するのはNGです。

知識をメモして、ノートに書き留めること。

知識をメモするノートの例

上記は、私がメモしているノートです。

※汚くてすみません。

ただ汚くても大丈夫です笑。自分が分かれば。

学習するたびに知識をメモすると、忘れづらいです。

当たり前ですが、だらだら記事を呼んだり、

ページを読み進めることに価値はないですからね。

かならず知識を吸収しましょう。

その②:メモした知識を見つつ、実践すること

先ほどのメモを見つつ、実践してみましょう。

例えば、好印象な伝え方で「相手のメリットを与える」とかを学んだら、

人間観察力を学習して身につけるとかです。

人間観察力を上げることは、

客観的見方が養えますし、

相手のメリットを与えた伝え方を実践する上で

非常に役立ちます。

その③:できるだけ多く、実践すること

学習するだけじゃダメです。

そして知識を使いつつ実践するだけじゃダメです。

うまく伝える考え方を身につけるために必要なこと。

できる限り、たくさん実践することです。

実践することは必須です。

たくさん行動しないと、身につきませんからね。

また、トライ&エラーを繰り返すことで、

無意識で身につくようになります。

この「無意識」という状態が大切でして、

ここまでいけば、相手に伝える時に、

即座この伝え方ができるようになります。

そのためには繰り返しですが、実践することが欠かせません。


最後までご覧いただき

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました