【最強の話術〜応用編〜】コミュニケーションの取り方を解説します!

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

cedrobookのすぎです。

いつも当ブログをご覧いただき

ありがとうございます。


コミュニケーションの取り方を

知りたいな。

コミュニケーション能力を身につけて

良好な人間関係を築きたいです。

といった悩みに答えます。

本記事は、「最強の話術〜応用編〜」と称しまして、

コミュニケーションの取り方を解説します。

なお、「最強の話術〜基礎編〜」では、

  1. 話しかけ方
  2. 話の広げ方
  3. 話の聞き方
  4. 話の盛り上げ方
  5. 好印象な話し方

を解説していますので、

そちらもぜひご活用ください。

スポンサーリンク

コミュニケーションの取り方

本記事の内容

  • コミュニケーションの定義
  • コミュニケーションの取り方とは

この2つを解説していきます。

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書とYouTube
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じ。

【筆者の歩み】

新卒で上場企業に入社→1年で職場のリーダーに抜擢→従業員80名を管理する業務に従事→失敗や挫折をくり返しながらも、約10年本業務を経験→人間関係を大切にしながら、コミュニケーション能力を身体で体感し、身につけました。

コミュニケーションの定義

まず「コミュニケーション」とは、

なんなのか。

よく、

コミュニケーション能力が高い!

なんて言ったりしますが、

実は筆者も割りかし高めなほうだと思います。

過去に80名の従業員を管理する仕事をしていたので。

「コミュニケーション能力=コミュ力」

これが高い人は、

  • 話し方が上手
  • 話の伝え方が工夫されている
  • 話の聞き方を知っている

この3つが備わっています。

つまりコミュ力は、

人との会話に必要な、

「話す」「伝える」「聞く」

この三拍子が優れているから、高いのです。

コミュ力が高い人は、

  • 友達がたくさんできる
  • まわりから好かれる
  • 人気者になれる
  • 仕事に有利
  • 発言力が高まる
  • リーダーシップを発揮できる

といったメリットがあります。

みなさんもコミュ力を身につけて

たくさんの人とのつながりを大切にしましょう。

コミュニケーションの取り方とは

本記事のメインテーマであります

「コミュニケーションの取り方」を

わかりやすく解説していきます。

上手なコミュニケーションの取り方を身につけたい人は、

これから解説する5項目を実践すれば、

かならず良好な人間関係が築けます。

結論をさきに述べると、

  • カラダで聞く
  • 自己紹介は黒歴史から
  • 自己開示は交換方式
  • 会話の見通しをたてる
  • 結果は「運」

この5項目になります。

順に解説しますね。


カラダで聞く

まず1つ目が、

「カラダで聞く」ことです。

自分自身が話をしている時に、

  • 違う方向を見ている
  • スマホをいじっている
  • 距離が遠くて聞こえづらい
  • 雑談している
  • 寝ている

相手がこんな聞き方をしていたら、

「こいつ絶対、人の話聞いてないな。」と

ちょっと怒れてきますよね。

「人の話はちゃんと聞きなさい!」

なんて、よく親から言われた経験があります。

また筆者は高校時代、サッカー部に所属していた経験があり、

監督の話は目の前で聞くように指導されて、

いつも一番前は、取り合いだったことを思い出します。

クラスの席もサッカー部は一番前が固定されていました。

人の話を聞くときは、

カラダごとその人に向けて、

聞く姿勢をとることが大切です。

それにより、相手に対して、

私はあなたの話を、

しっかり聞いています!

というアピールになります。

なので相手からしても、

「しっかり聞いてくれているな。」と、感じ取れるからです。

ですが、カラダは向いているけど、

スマホをいじっていたら意味がありません。

もう一つ大切なのは、

「目を見て聞くこと。」です。

ちょっと話が変わりますが、

学生時代、授業を受けているときは、

先生主体ですか?黒板主体ですか?

Q:「先生が話をしながら黒板に内容を書いています」

  • 同じようにノートに書き写す
  • 話が終わったあとでノートに書き写す

みなさんはどちらでしょうか?

ちなみにどちらが学力が良いかという質問になります。

正解は、「話が終わったあとでノートに書き写す」です。

人は同時に物事をこなすのが苦手です。

先生の話を聞きながら、ノートに書いて覚えるということは

かなりむすかしいと言えます。

なので、

  • 先生の話をしっかり聞く
  • そのあとでノートに書き写す

この手順を踏むことで、

まず先生の話を理解して、次にノートに書き写した内容が

脳にインプットされるのです。

※ただひとつ注意点があって、

同じことを同時にこなす力を「多動力」と言いますが、

これは鍛えることもできます。

ホリエモンの著書で「多動力」という学習本がありますので、

もし学習したいかたは参考にしてください。

すこし話がそれましたが、

上記のように、話を聞くときは

聞くことに集中することが大切でして、

それが、

  • カラダごと相手に向ける
  • 目をみて聞く

そうすることで、内容がきちんと理解できますし、

相手からも良い印象が持てるはずです。

補足ですが、

筆者は、「相手が目をそらすまで目を見続けます。」

嫌がらせとかそうゆうのではなく、

しっかり聞いてますアピールです。

我慢比べみたいな感じでもありますが笑。


自己紹介は黒歴史から

2つ目が「自己紹介は黒歴史から」語ることです。

結論を言ってしまうと、

自慢話から話し始めるのはNGです。

はじめまして、〇〇です!

難関大学を卒業ししています!

推薦で内定をもらって入社をしました!

今はがんばって仕事しまして、

営業成績は1位です!

よろしくおねがいします!

ぶっちゃけ嫌ですよね笑。

たしかにすごいとは思いますけど、

お付き合いはしたくない。

そう思いますよね。

なので自己紹介から自慢をぶつけるのはNGです。

どうすればいいかというと、

「はじめまして〇〇です!

大学は一応△△大学を出ていますが、

3年留年しています。遊んでばかりいた結果です。

入社時も一応推薦をもらったのですが、

これもインターンシップのおかげで

なんとか入社できました。

たぶん、インターンシップがなければ

どこの企業も雇ってもらえませんでした。

入社してからは、営業部に所属しているのですが、

営業未経験ではじめはかなり上司に怒られてまして、

これではまずいと思い、

マーケティングスキルを勉強しまして、

今ではなんとかノルマを達成できるまでに

なりました。

というように、

  • 3年留年した過去
  • インターンシップのおかげ
  • 上司に怒られまくり

というように、

自分のあまり言いたくない過去を

少し織り交ぜながら自己紹介をする。

そうすることで、

相手に自分の弱点を見せることで、

相手も腹を割って話してくるからです。

よっぽど、最初のガツガツ自慢している自己紹介より

印象はだいぶいいですよね。

自分:

「こんにちは〇〇です!」

相手:

「こんにちは△△です!

〇〇さんは料理得意なんですか?」

自分:

「一応、蕎麦屋を経営しています。

でも、5年ほど修行したのですが、

途中で、修行の厳しさから挫折しまして、

3年ほど引きこもりでなにもしておらず、

これではまずいと思い、

再度、同じところになんとか修行させてもらい、

小さいですが、お店を持つまでになりました。

といった感じで、

自己紹介は黒歴史から語ってみましょう。

そうすれば、相手も心をひらいてくれるはずです。


自己開示は交換方式

3つ目が「自己開示は交換方式」で話しましょう。

つまりどうゆうことかと言うと、

「はじめまして〇〇です。

3人家族で息子が一人います。

△△に住んでいます。

会社は□□に勤めてまして、

一応役職は〇〇です。

趣味はゴルフと釣りです。

最近は将棋にもハマっています。

最近、子供のために一眼レフを買いました。

写真を取ることも趣味になりそうです。

よろしくおねがいします。」

このような感じで、

自分の情報は一方的に話してはいけない。

ガツガツ来られてもなんか嫌ですよね。

コミュニケーションを取るときには、

あくまでカードゲームのように、

交換方式で行ないます。

自分がひとつ情報を話したら、

相手が自分の情報を話すまで待ちます。

自分も相手も徐々に情報を開示してください。

相手:

「四人家族で娘と息子がいます。」

自分:

「私は三人家族で息子が一人です。」

相手:

「〇〇に住んでいます。どこに住んでいますか?」

自分:

「私は△△です。意外と近いですね。」

相手:

「趣味はありますか?」

自分:

「一応、ゴルフと釣りですね。

なにかやられているんですか?」

相手:

「趣味というよりは、

最近は子供の写真を取るのが好きですね。」

自分:

「ほんとですか?

私も最近一眼レフを購入しまして、

子供の写真を撮っています。」

相手:

「そうなんですね。同じですね。」

といった感じで

少しずつ自己開示をしていき、

相手との距離を少しずつ縮めていきましょう。


会話の見通しを立てる

4つ目が「会話の見通しを立てる」ことです。

質問された時の答え方になります。

いきなりですが、

「特措法第43条についてどう思いますか?」

こういう質問がきたら、すぐに答えれますか?

少なからず筆者は無理です。

そんなこと知らないよ。

頼むから俺に聞かないでくれ。

そんな感じになりますよね。

しかし、

「マクドナルドで好きなセットを教えて!」

この質問だったら、余裕で答えることができますよね。

つまり、

  • 自分の頭に答えがあるか
  • 会話のプロセスが出来上がっているか

これにより、

答え方に「差」ができます。

「どう思う?」と聞かれて、

「んー、えーっと」っと悩んでいては

相手とコミュニケーションが取れません。

会話の見通しがついて、

自信を持ってコミュニケーションがとれるか。

これが大切になります。

じゃあ、見通しをつけて、自信を持つには

どうしたらいいのか。

それは、

「最強の話術〜基礎編〜」で学習した、

  1. 話しかけ方
  2. 話の広げ方
  3. 話の聞き方
  4. 話の盛り上げ方
  5. 好印象な話し方

この5項目になります。

話のかけ方から、好印象な話し方までを

頭の中に入れておけば、

見通しもつきますし、会話にも自信も持てます。

振り返りで、学習してもOKなので、

ぜひ参考にしてください。


結果は「運」

最後は、結果は「運」と答えてください。

なんで成功したんですか。

成功の秘訣はなんですか?

なにか目標を達成したときや、

成果をおさめたときにきかれたりしますが、

たいていこういう時って、

  • 「才能です」
  • 「努力したからです」
  • 「継続した結果です」

よくこんな答え方をしがちですが、

本当はそうじゃない。

この答えかたでは、

「すべて自分のおかげ」と答えているようなものです。

たしかにそうかも知れませんが、

それだと感じや、聞こえが悪いです。

なにで、どのように答えるかと言うと、

「運がよかったです。」

こう答えます。

つまり、運がよかったということは、

  • まわりの人達に恵まれた
  • 環境が成功を呼んだ

こういうとらえ方ができるからです。

「自分のおかげ」というよりも、

「まわりの人達のおかげ」のほうが

かなり聞こえがいいですよね。

だから、「成功できたのは運がよかったから」

そう答えましょう。


以上が、コミュニケーションの取り方になります。

まとめますと、

コミュニケーションの取り方は、

  • カラダで聞く
  • 自己紹介は黒歴史から
  • 自己開示は交換方式
  • 会話の見通しをたてる
  • 結果は「運」

この5つです。

人の話はカラダごと向けて、目を見て聞くこと。

自己紹介は自分の黒歴史を混ぜて話すと

良い印象を与えます。

自分の情報は一方的に話さず、

相手と交互に開示していきましょう。

会話に見通しを立てて、自信を持ちたいなら、

会話の基礎である、

  1. 話しかけ方
  2. 話の広げ方
  3. 話の聞き方
  4. 話の盛り上げ方
  5. 好印象な話し方

これに沿って話をすればOKです。

成果が出たのは「運」です。

まわりの人や環境があったから、

結果が出たと答えましょう。

以上が、コミュニケーションの取り方になります。

「さらに学習したい」という方向けに、

「コミュニケーションを高めるおすすめ本」を紹介していますので、

ぜひそちらを参考にしてみてください。

コミュ力向上の3つの要素が学べる

厳選15冊を紹介しています。

圧倒的良書のみになりますので、

ぜひ参考にしてくださいね。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました