【最強の話術〜基礎編〜】好印象を与える話し方を解説します!

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

cedrobookのすぎです。

いつも当ブログをご覧いただき

ありがとうございます。


好印象を与える話し方を身につけたいな。

印象が良い話し方を身につけて

プレゼンを勝ち取りたいです。

こういった疑問に答えます。

スポンサーリンク

好印象を与える話し方

本記事の内容

  • コミュニケーションの定義
  • 好印象を与える話し方とは

この2つを解説していきます。

当記事の信ぴょう性

  • 筆者は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書とYouTube
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じ。

【筆者の歩み】

新卒で上場企業に入社→1年で職場のリーダーに抜擢→従業員80名を管理する仕事に従事→人間関係を大切にして、約10年経験を積み重ね、コミュニケーション能力を向上させました。

本記事では、「最強の話術」と称しまして、

コミュニケーション能力向上を目的とした、

会話の基礎が学習できます。

  1. 話しかけ方
  2. 話の広げ方
  3. 話の聞き方
  4. 話の盛り上げ方
  5. 好印象な話し方

この5項目をそれぞれ解説していきます。

本記事では、

そのうちの第五章になります、「好印象な話し方」について

解説していきますのでぜひご覧ください。

コミュニケーションの定義

まず「コミュニケーション」とは、

なんなのか。

よく、

コミュニケーション能力が高い。

なんて言ったりしますが、

実は筆者も割りかし高めなほうだと思います。

過去に80名の従業員を管理する仕事をしていたので。

「コミュニケーション能力=コミュ力」

これが高い人は、

  • 話し方が上手
  • 話の伝え方が工夫されている
  • 話の聞き方を知っている

この3つが備わっています。

つまりコミュ力は、

人との会話に必要な、

「話す」「伝える」「聞く」

この三拍子が優れているから、高いのです。

コミュ力が高い人は、

  • 友達がたくさんできる
  • まわりから好かれる
  • 人気者になれる
  • 仕事に有利
  • 発言力が高まる
  • リーダーシップを発揮できる

といったメリットがあります。

みなさんもコミュ力を身につけて

たくさんの人とのつながりを大切にしましょう。

好印象を与える話し方とは

本記事のメインテーマになります、

「好印象を与える話し方」について解説していきます。

この人と話していると楽しいな。

もっと話がしたい。

そのような印象を持たれたいですよね。

じゃあ、そのためにはどんな話し方が適切なのか。

詳しく解説していきます。

結論としては、

  • ハイライトをメモる
  • 次回予告をつくっておく

この2つになります。順に解説していきますね。


ハイライトをメモる

相手の会話を聞いていて、

感想を求められる場面があると思います。

そんな時に、

相手の会話で印象的な部分を頭の中にメモしておく。

いざ、感想を求められた時に即座に答えられるように

準備しておく。

これが大切です。

「昨日のサッカーの試合観た?

点取られたシーンなんだけどさ、

絶対ファールじゃないよな!

ハンドでPKになっちゃったけど、

手じゃなくて肩のボール当たってたし、

審判も笛吹いたあとに、動揺しちゃってたもんな!

どう思う?」

こんな質問がきた時、

「そうだよね、あれはファールじゃないよね。」

これだとリアクションも薄いし、

「話ちゃんと聞いてたかな?」と相手に疑問が残ります。

なので、

「あれは絶対ファールじゃないよな!

だって審判の顔見た?

かなり引きつった表情で動揺してたもんな!

やっちゃった感ハンパなかったよな!

俺が審判ならハンド取り消しだね!」

このように、相手の話の一文を切り取って、

頭にメモをしておき、それを話に入れます。

ここでは、「審判が動揺していたこと」を頭にメモしておき、

感想に入れ込みました。

そうすることで、相手も

ちゃんと話聞いてくれてたな。

好印象をもってくれます。

「さっきのミーティング、部長の話長かったよな。

となりの〇〇先輩なんて、

いびきまで掻きながら寝ちゃってたもんな。

そのおかげで、おれと間違えられそうになって、

ちょっと焦っちゃったよ。」

こんな会話があったときは、

「たしかに!

ガーガーいびき掻いて気持ちよさそうに寝てたもんな!

子守唄じゃないんだから。」

こんな感じで、

ハイライトをメモしておいて、

会話の返答にあてます。

これができると相手に良い印象を残すことができます。


次回予告をつくっておく

2つ目が、「次回予告つくっておく」ことです。

これは、帰り際とか、別れ際の時に、

もっとこの人と話したいな!

と思わせることができる方法になります。

「今日は長々ランチありがとうございました。

いろいろ話できてよかったです。

どの不動産にするか、帰って妻と練り直しますね。

それにしてもここのパスタ美味しかったっすね!

そういえば、〇〇の洋食屋さん、

めちゃくちゃジューシーなハンバーグがあるらしいですよ!

肉汁閉じ込め製法とかっていう方法で

ハンバーグつくってるらしいです!

ではお疲れ様でした。また!

こんな感じで、

美味しいハンバーグのお店をにおわせる発言をする。

これができると、

肉汁閉じ込め製法?

めちゃくちゃうまそうじゃん!

相手はそう思い、さらに話を詳しく聞きたくなります。

これが次回予告をつくって好印象を持たせる方法です。

「先輩、今日のプレゼン、フォローありがとうございました!

先輩のおかげで無事成功しました!

質問されて、言葉が出てこなかったですけど、

先輩がすかさず発言してくれたんで、

本当に助かりました!

あのときどうやって受け答えすればいいかわからなくて。

〇〇部長と〇〇課長、実は仲悪いとかって噂が…。

今日はありがとうございました。

またお願いいたします!

こんな感じで、「部長と課長の仲悪い説」の予告をつくります。

そうすると、

あの二人って仲悪いの?

そんな感じに見えないけど。

その話、詳しく聞きたいな!

このように、次回予告をつくっておくと、

先輩からのフォローがまた入りやすいですし、

食事に誘ってもらえたりして、話をする機会が増えます。

結果として好印象を持ってくれるはずです。


以上が「好印象を与える話し方」になります。

まとめますと、

好印象を与える話し方は、

  • ハイライトをメモる
  • 次回予告をつくっておく

この2つです。

相手の会話の一文を頭にメモしておく。

それを交えて会話の返答をすることで、

きちんと話を聞いている印象を与える。

帰り際や別れ際では、

「実は〇〇もあるんですよ。」と次回予告をつくり、

興味を抱かせて、もっと聞きたい雰囲気を出す。

そうすることで、また会いたい気持ちにさせることができます。

以上が、好印象を与える話し方になります。

またコミュニケーション能力の、

「話し方」「伝え方」「聞き方」を総合的に学習したい方は、

別記事で、

「コミュニケーションを高めるおすすめ本」がありますので、

ぜひそちらを参考にしてみてください。

コミュ力向上の3つの要素が学べる

厳選15冊を紹介しています。

圧倒的良書のみになりますので、

ぜひ参考にしてくださいね。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました