【最強の話術〜基礎編〜】だれでもできる話の盛り上げ方を解説!

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

cedrobookのすぎです。

いつも当ブログをご覧いただき

ありがとうございます。


会話を盛り上げるには

どうしたらいいんだろう?

楽しませるような

話術を身につけたいわ。

といった悩みに答えます。

スポンサーリンク

だれでもできる話の盛り上げ方を解説!

本記事の内容

  • コミュニケーション能力の定義
  • 話を盛り上げる方法とは

この2つを解説していきます。

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書とYouTube
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じ。

【筆者の歩み】

新卒で上場企業に入社→1年で職場のリーダーに抜擢→従業員80名を管理する業務に従事→人間関係を大切にして、約10年間経験を積み重ね、コミュニケーション能力を身につけました。

本記事では、「最強の話術」と称しまして、

コミュニケーション能力向上を目的とした、

会話の基礎が学習できます。

  1. 話しかけ方
  2. 話の広げ方
  3. 話の聞き方
  4. 話の盛り上げ方
  5. 好印象な話し方

この5項目をそれぞれ解説していきます。

本記事では、

そのうちの第四章になります、「話の盛り上げ方」について

解説していきますのでぜひご覧ください。

コミュニケーションの定義

まず「コミュニケーション」とは、

なんなのか。

よく、

コミュニケーション能力が高い。

なんて言ったりしますが、

実は筆者も割りかし高めなほうだと思います。

過去に80名の従業員を管理する仕事をしていたので。

「コミュニケーション能力=コミュ力」

これが高い人は、

  • 話し方が上手
  • 話の伝え方が工夫されている
  • 話の聞き方を知っている

この3つが備わっています。

つまりコミュ力は、

人との会話に必要な、

「話す」「伝える」「聞く」

この三拍子が優れているから、高いのです。

コミュ力が高い人は、

  • 友達がたくさんできる
  • まわりから好かれる
  • 人気者になれる
  • 仕事に有利
  • 発言力が高まる
  • リーダーシップを発揮できる

といったメリットがあります。

みなさんもコミュ力を身につけて

たくさんの人とのつながりを大切にしましょう。

話を盛り上げる方法とは

本記事のメインテーマになりますが、

会話を盛り上げる方法を解説していきます。

普段のたわいもない会話でも、

  • すこしでも面白く話したい
  • 楽しく聞いてもらいたい

そうゆう願望ってありますよね。

そんな話を盛り上げるテクニックを

いまから解説していきます。

結論をさきに述べると、

  • たとえ話を織り交ぜる
  • 擬音を積極的に使う
  • 一人二役を演じる
  • 一人質問をする
  • 空きスペースに入る

自分が話をする時に

なるべくおもしろく、なるべくわかりやすく話がしたい。

そんな時にこの5つが有効です。

順に解説していきますね。


たとえ話を織り交ぜる

会話に「たとえ話」を入れると

会話が面白くなります。

自分:

「昨日の〇〇のドラマ観た?」

相手:「うん、観たよ。

最後のシーンすごかったよね。」

自分:

「ほんとすごかったよね!

あそこで、いきなりキスはやばいよね!

初めてタピオカ飲んだ時みたいに

衝撃だった!」

こんな感じで、

「いきなりのキス」ドキドキ感を、

「初タピでの衝撃の食感」にたとえて、

話のスケールを図れるようにすると、

会話がわかりやすく聞こえます。

相手:

「今日のプレゼン緊張するな。

重役みんな来るみたいだし、

30人くらいの前で報告だよ。

嫌だな。」

自分:

「大丈夫だよ!

重役も所詮人間、

全員ジャガイモだと思って報告してみ!」

こんな感じで、

「報告が緊張する」という問題に対して、

「傍観者をジャガイモだと想像する」というたとえで

解決策を述べます。

このようにたとえ話を織り交ぜて会話をすると

わかりやすいですし、会話が弾みます。


擬音を積極的に使う

2つ目が、「擬音」を使うこと。

たとえばなんですが、

「お笑い芸人の宮川大輔さん」

めちゃくちゃトーク力がありますし、

面白い芸人さんです。

この人の特徴が「擬音」をつかって、話を盛り上げること。

「この前の飲み会で飲みすぎちゃって、

その帰りに足を踏み外して、

歯医者のチェーンに引っかかって、

転んじゃった。」

これだとつまらないじゃないですか。

飲みすぎて転んでバカだなって思われるようなもの。

なので、擬音をつかって、

エピソードをよりおもしろく話します。

「この前の飲み会でバーバーに飲んじゃって、

その帰り道に、ズリン!って滑って、

シャーン!って歯医者のチェーンに引っかかって、

ズコーン!って転んじゃった。」

こんな感じで擬音を使います。

そうすると、

めちゃくちゃおもしろく聞き取れますし、

「大変だったんだな」って聞き手が思いますよね。

「子供とクワガタを取りに行ったんだけど、

蜘蛛の巣がワッサワッサしてて、

耳元でブンブン蛾が飛んでるし、

めちゃくちゃ怖かったけど、

樹液がジュルジュルについてる木を見つけて、

んーーーって背伸びしたら、

なんとかクワガタ取ることできたよ。」

みたな感じで、

特に「んーーー」ってとこなんか、

聞いただけで、

「つま先立ちして背伸びしている様子」が

頭に入って来ますよね。

このように擬音を積極的につかって会話してみましょう。


一人二役を演じる

3つ目が「一人二役を演じる」こと。

お笑いコントを観ていると、

ピンの芸人さんとかはよくやっていますが、

これができると、

エピソードなんかでは、よりリアルに聞き取れます。

『この前カフェに行ったんだけど、

そこの店員さんが超かわいくて、

注文をとってくれたんだけど、

去り際も超かわいかったわ!』

これだと、たしかに店員さんかわいいとは思うけど、

そこまで胸に突き刺さらないですよね。

なのでこんな感じで話します。

『この前、友達とカフェに行ったんだけど、

そこの店員さんが超かわいくて、

店員さんが「ご注文はいかがなさいますか?」って

ちょうど俺たちのテーブルで注文をとって

くれたんだけど、

声もめちゃくちゃかわいかった!

でも注文決まってなかったから、

「また後で言います」って答えたら、

店員さんが「じゃあ後ほど」って

ニコって笑ってペコってお辞儀してったの。

めちゃくちゃ癒やされたわー!』

といった感じで、一人で、

「自分と店員さん」両方の会話を演じる。

そうすることで、

その場の雰囲気がリアルに感じますし、

店員さんの可愛さもより感じ取れます。

『昨日、上司にめちゃくちゃ怒られちゃってさ、

俺は「申し訳ございません」と

地に頭を下げてあやまったわけよ。

でも上司はさ、

「もうこれで5回目だぞ!土下座だけはうまくなってるじゃないか!」

ってもう呆れ顔。

だから、「すいませんでした」ってもう一回誤ったら、

「謝罪の王様だな」ってひねくられて終わったよ。』

こんな感じで、

「失敗エピソード」を自分と上司を演じて話すと、

よりリアルに聞こえますよね。


一人質問する

4つ目が「一人質問をする」こと。

「そうですよね?」

「そう思いませんか?」

と相手に投げかけながら話をする。

そうすることで、話に賛同してもらい、

より具体的に話に聞く耳を持ってもらいます。

「サッカーで大切なことって、

まずディフェンスからだと思わない?

まず守備を固めて、点を取られないことが

一番大事!そうだよね?

そこから点を取る戦略がサッカーで

勝つための必勝法だよね?

といった感じで、

話に、一人質問を混ぜます。

相手に答えさせなくても大丈夫。

一人で淡々としゃべるよりも、

「そうだよね?」「そう思うよね?」

と会話に参加させている気分をかもし出すことで、

会話の輪に入らせることができます。

「この前の〇〇のドラマ、

最後の最後であの結末!すごかったよね。

そう思ったでしょ?

だって、絶対犯人じゃないと思ったし、

一番主人公と仲良かったから。

騙されたわー!

そう思ったよね?

第二作も楽しみだわ!

こんな感じで、一人質問をして、

相手を会話の輪に入り込ませましょう。


空きスペースに入る

最後は「空きスペースに入る」ことです。

これは、大人数での会話のときに使います。

大人数の時の会話の際は、

  • 回す人
  • 話す人
  • 聞く人

この3役がかならずいます。

「〇〇さんはどう思う?」「〇〇くんはどう思う?」

といったような言わば「司会者的な人」が会話を回す人

それ答えて、「僕はこう思います。」と話す人

それを「ふむふむ」と聞く人。

この3役がいるわけです。

つまり空きスペースに入るということは、

この中で不足している人物になるということ、

  • 司会者の回す人がいない
  • 話す人がいない
  • 聞く人がいない

このどれかひとつでも欠けてしまったら

会話というものは成立しません。

なので、大人数で話をするときは、

その場の状況判断が大切になります。

だれも司会をしなかったら、

「最近ハマっていることってある?」と

話の切り口をつくってあげて、

会話をスタートさせる。

「〇〇くんはどう?」とまわりに話のきっかけをつくってあげると、

話をしやすくなります。

また、話を回す人がいるけど、

話を振られてもだれも話さない状況ならば、

「俺、最近筋トレにハマってて…。」

話をする人になる。

一番手に話をすると、

二番手三番手が話し始めます。

そして回す人も話す人もいる場合は、

「ふむふむ」と聞き手の回る。

しかも聞きながらアクションを取る。

大笑いしたり、びっくりしたりします。

そうすることで、

「しっかり聞いてるな」という印象になります。

かなり柔軟な対応を求められますが、

このように全体を見渡して、

空きスペースに入ることを考えると、

大人数のときは盛り上がります。


以上が、話の盛り上げ方になります。

まとめますと、

  • たとえ話を織り交ぜる
  • 擬音を積極的に使う
  • 一人二役を演じる
  • 一人質問をする
  • 空きスペースに入る

この5つが話を盛り上げるポイントです。

たとえ話を織り交ぜてわかりやすい話にすること。

擬音や一人二役を演じることで、

より会話がリアルに聞こえる。

「そう思うよね?」と一人質問を入れて会話に参加させる。

大人数のときは、回す人、話す人、聞く人の

穴埋めをして、会話に溶け込む。

これが話が盛り上がる方法になります。

また、話す力、伝える力、聞く力、

このコミュ力全般を学習したいと

考えている人もいると思いますので、

そこでおすすめなのが、本から学習することです。

別記事では、

「コミュニケーションを高めるおすすめ本」がありますので、

ぜひそちらを参考にしてみてください。

コミュ力向上の3つの要素が学べる

厳選15冊を紹介しています。

圧倒的良書のみになりますので、

ぜひ参考にしてくださいね。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました