【最強の話術〜基礎編〜】上手な話の聞き方を解説します!

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

cedrobookのすぎです。

いつも、当ブログをご覧いただき

ありがとうございます。


相手にいい印象を与える

話の聞き方を知りたいな。

相手の話をしっかり聞いて

信頼関係を築きたいです。

といった悩みに答えます。

スポンサーリンク

上手な話の聞き方を解説します!

本記事の内容

  • コミュニケーションの定義
  • 上手な話の聞き方とは

この2つを解説していきます。

当記事の信ぴょう性

  • 筆者は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書とYouTube
  • 情報収集と人間観察
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じです。

筆者の歩み】

新卒で上場企業に入社→1年で職場のリーダーに抜擢→従業員80名を管理する業務に従事→人間関係を大切にしながら、経験を積み重ね、コミュニケーション能力が向上しました。

本記事では、「最強の話術」と称しまして、

コミュニケーション能力向上を目的とした、

会話の基礎が学習できます。

  1. 話しかけ方
  2. 話の広げ方
  3. 話の聞き方
  4. 話の盛り上げ方
  5. 好印象な話し方

この5項目をそれぞれ解説していきます。

本記事では、

そのうちの第三章になります、「話の聞き方」について

解説していきますのでぜひご覧ください。

コミュニケーションの定義

まず「コミュニケーション」とは、

なんなのか。

よく、

コミュニケーション能力が高い。

なんて言ったりしますが、

実は筆者も割りかし高めなほうだと思います。

過去に80名の従業員を管理する仕事をしていたので。

「コミュニケーション能力=コミュ力」

これが高い人は、

  • 話し方が上手
  • 話の伝え方が工夫されている
  • 話の聞き方を知っている

この3つが備わっています。

つまりコミュ力は、

人との会話に必要な、

「話す」「伝える」「聞く」

この三拍子が優れているから、高いのです。

コミュ力が高い人は、

  • 友達がたくさんできる
  • まわりから好かれる
  • 人気者になれる
  • 仕事に有利
  • 発言力が高まる
  • リーダーシップを発揮できる

といったメリットがあります。

みなさんもコミュ力を身につけて

たくさんの人とのつながりを大切にしましょう。

上手な話の聞き方とは

本記事のメインテーマになりますが、

相手から好感を持たれる

上手な話の聞き方とはなんなのか。

それをわかりやすく解説していきます。

結論をさきに述べると、

  • とことん励ます
  • とにかくときめく
  • インタビューする

この3つになります。

順に解説していきますね。


とことん励ます

まずひとつ目が

「励ます」こと。

ただ単純に励ますだけじゃダメです。

「とことん励ます」ことです。

話の聞き手のまわるうえで多いのが、

「ネガティブな会話」

  • 仕事の愚痴
  • 悩み相談

など、

ネガティブな話題のシュチュエーションで

盛り上がると思います。

こないだ仕事でミスっちゃって

めちゃくちゃ上司におこられたんだ。

最近、彼氏に振られて

立ち直れそうにないわ。

など。

筆者も仕事で朝から晩まで、

先輩の仕事の愚痴を聞かされているときもあります笑。

そんな時にどうするか。

一番ダメな聞き方は、

「スルーすること」

これだけはNGです。

そんな話聞きたくない。

こっちまで落ち込む。

そう思いたいのは山々ですが、

それでは会話が成立しないで、

シャットダウンしてしまう。

なので、そんなときは、

とことん励ますこと。

先輩:

「昨日仕事でミスっちゃって、

今日まじで仕事する気にならないわ。」

自分:

「どうしたんですか?」

先輩:

「最後の最後で金額の入力誤っちゃってさ。

上司にめちゃくちゃ怒られちゃって。

始末書まで書かされるかもしれない。」

自分:

「大丈夫ですよ先輩!

俺なんか何回も始末書書いてますから。

始末書書くの何回目ですか?」

先輩:

「今回初めてでどう書けばわからないし。」

自分:

「初めてなんですか?

いままで失敗したことが無かったってことじゃないですか。

人間だれにでも失敗はありますし、

私より勤続年数長いのに、

初めての失敗って、どんだけ優秀なんですか。

しかも、この失敗を糧に

次は絶対失敗しないように注意しますし、

新人にも、この経験をレクチャーできるじゃないですか。

失敗ばかりのクソ社員の私よりはるかに優秀です。

大丈夫ですよ。」

みたいな感じで、とことん励まします。

ポイントとしては、

相手を棚に上げて励ますこと。

「こうすればよかったのに」とか、

「わたしだったらこうするな」などの、

変えられない過去に対して

自分の意見をぶつけるのはNGです。

 「そうなんだ、大変だね。」

「同じ経験しています。」みたいに

同情すること

そしてプラスアルファで、

とことん励ますこと。

「この経験は絶対価値あるよ。」

「気持ち切り替えましょ。」

みたいに、

相手のネガティブな心理に入り込み、

悪い虫を退治するイメージ。

落ち込んだときや悩んでいるときって

「お前が悪い」とか

「こうやれ」とか

いきなり叱ったり、指示をしちゃダメなんです。

ピンチの時には、

まず同情して相手と同じ環境をにいることを示す。

そこから励まして元気を分け与えることが大切です。

自分:

「元気ないけどどうかしたの?」

相手:

「実は、昨日彼氏に振られちゃって。

結婚まで考えていたのに、

価値観が違うって。」

自分:

「そっか。でも大丈夫!

私なんか価値観の違いで何回も振られてるから。

しかも、急にメール来なくなって

そのまま別れちゃったときだってあるんだよ。

でも別れてよかったって思うよ。

おかげで自分の悪い部分がわかったから。

しかも、いま価値観が違うってわかってよかったじゃん。

このまま結婚しても、喧嘩ばかりの夫婦生活に

なってたかもしれないし。

絶対またいい人がすぐに見つかるよ!

顔もかわいいし、優しいから。

逆に手放したことを後悔するかもね!

みたいに、くり返しですが、

同情して、とことん励ましましょう。


とにかくときめく

二つ目が、「ときめく」こと。

最近ではSNSでのコミュニケーションが

主流になりつつあります。

「今日、ナイトプール行きました!」とか

「こんなタピオカ飲みました!」とか。

SNSで投稿した時の反応のしかたです。

「友達が初めてハワイ旅行に行った時の写真を投稿した。」

それを見た時に、

ここでもやってはいけないことは「スルー」

そして、もうひとつやってはいけないこととして、

「かぶせる」こと。

友達の投稿:

「初めてハワイ旅行行って来ました!

ワイキキのビーチ最高!

オアフ島最高!

めちゃくちゃ満喫しました!」

自分のコメント:

「私もこの前行ったよ!しかも同じワイキキ!

私は3回行っているよ!」

投稿している友達からしたら、

「ハワイ旅行行ってきたよ!

めちゃくちゃ満喫したよ!

いいでしょ?」

と、ちょっとプチ自慢みたいな感じで投稿しているのに、

それを、かぶせてしまうと、

あまりいい気持ちにはならないはず。

なので、

「スルー」と「かぶせる」はNGです。

SNSの投稿に関しては「とにかくときめく」

これはどうゆうことかというと、

友達の投稿:

「初めてハワイ旅行行って来ました!

ワイキキのビーチ最高!

オアフ島最高!

めちゃくちゃ満喫しました!」

自分のコメント:

「超羨ましい!!

ワイキキのビーチとかめちゃくちゃキレイそう!

私もきれいな海とかロケーションで

癒やされたいです!」

みたいな感じで、

ワクワク感満載の少年みたいに

羨ましがって、とにかくときめいてあげることです。

友達の投稿:

「今日やっと初タピオカです!

つぶつぶの食感たまんないです!

これはリピート確定です!」

自分のコメント:

「タピオカいいなー!

そこのお店のタピオカめちゃくちゃ美味しそう!

めちゃくちゃオシャレ!!

羨ましすぎるから、

絶対、あたしもそこのお店行ってみよう!

ズルすぎます!!」

みたいに、

とにかくときめいて、

相手のプチ自慢を持ち上げること。

そうすることで、

相手の気分を害さずに聞くことができます。


インタビューする

最後は聞き手になって「インタビューする」ことです。

これは自分の意見と全く違うことを言われた時。

「俺、今度の選挙は

◯◯さんに投票するよ!」

俺は〇〇さんに投票しようと

思ってるんだけどなあ。

こんなシュチュエーションありますよね。

相手との意見の食い違いやギャップが発生した時に

どうゆう返し方をしたらいいのか。

相手:

「俺、今度の選挙は〇〇さんに投票するよ!」

自分:

「その人は絶対やめたほうがいいよ!

悪い噂しか聞かないし!

俺はこの党を推薦してるから〇〇さんだね!

だから〇〇さんに投票しなよ!」

自分の意見を押し付けるみたいなことは

絶対やってはいけないですよね。

相手も「いちいち反論してくるなよ」

と気分を害しますから。

なので、

相手:

「俺、今度の選挙は〇〇さんに投票するよ!」

自分:

「そうなんだ。

その人の魅力ってなに??

詳しく聞かせて!」

相手:

「国民第一に考えていて、

減税とかにも積極的に発言しているんだ。」

自分:

「へー、そうなんだ!

その人のことをもっと詳しく聞きたい!

教えて!」

みたいに、

自分がインタビュアーになったように、

どんどん相手から情報を聞き出していく。

そうすれば、意見の食い違いもないですし、

相手としても、

「知りたがっている」と思って、

どんどん情報を話してくます。

友達:

「私、カレーにソースかける派なんだ!」

自分:

「へー、カレーにソース?

びっくり!

味とか変わっちゃわない?

友達:

「ソースの酸味がカレーの辛さを引き立ててくれるよ!」

自分:

「へー、そうなんだ!

ちなみに、ここのソースを入れると美味しくなる

みたいなのってあったりする?」

といった感じで、

どんどん情報を聞き出していくと、

相手もどんどん話してくれますし、

新たな情報も手に入れることができます。


以上が、

上手な話の聞き方になります。

まとめますと、

上手な話の聞き方は、

  • とことん励ます
  • とにかくときめく
  • インタビューする

この3つです。

相手が相談してきたり悩んでいるときは、

ネガティブな心理に入り込み、

悪い虫をポジティブな発言で退治すること。

SNSの投稿に関しては、

かぶせることをしないで、

ワクワク感満載の少年のような心で

羨ましがってとにかくときめくこと。

意見の食い違いやギャップを気分を害さないためには

インタビュアーになって情報をどんどん聞き出すこと。

これが上手な話の聞き方になります。

とはいえ、

コミュ力全般を学習したいと

考えている人もいると思いますので、

そこでおすすめなのが、本から学習することです。

別記事では、

「コミュニケーションを高めるおすすめ本」がありますので、

ぜひそちらを参考にしてみてください。

コミュ力向上の3つの要素が学べる

厳選15冊を紹介しています。

圧倒的良書のみになりますので、

ぜひ参考にしてくださいね。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました