【最強の話術〜基礎編〜】だれでもできる話の広げ方を解説します!

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

cedrobookのすぎです。

いつも、当ブログをご覧いただき

ありがとうございます。


「最強の話術〜基礎編〜」と称しまして、

今回は、

「話の広げ方」について解説していきます。

会話を続けるには

どうしたらいいんだろう?

会話を長続きさせて、

いい印象を与えたいです。

といった悩みに答えます。

スポンサーリンク

だれでもできる話の広げ方を解説します!

本記事の内容

  • コミュニケーション能力の定義
  • 話を広げる方法

この2つを解説していきます。

当記事の信ぴょう性

  • 筆者は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書とYouTube
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じ。

筆者の歩み】

新卒で上場企業に入社→1年で職場のリーダーに抜擢→従業員80名を管理する仕事に10年間従事→人との関わりを大切にして、経験を積み重ね、コミュニケーション能力を身につけることができました。

本記事では、「最強の話術」と称しまして、

コミュニケーション能力向上を目的とした、

会話の基礎が学習できます。

  1. 話しかけ方
  2. 話の広げ方
  3. 話の聞き方
  4. 話の盛り上げ方
  5. 好印象な話し方

この5項目をそれぞれ解説していきます。

本記事では、

そのうちの第二章になります、「話の広げ方」について

解説していきますのでぜひご覧ください。

※第一章の「話しかけ方」を学習したい方はコチラ。

コミュニケーションの定義

まず「コミュニケーション」とは、

なんなのか。

よく、

コミュニケーション能力が高い。

なんて言ったりしますが、

実は筆者も割りかし高めなほうだと思います。

過去に80名の従業員を管理する仕事をしていたので。

「コミュニケーション能力=コミュ力」

これが高い人は、

  • 話し方が上手
  • 話の伝え方が工夫されている
  • 話の聞き方を知っている

この3つが備わっています。

つまりコミュ力は、

人との会話に必要な、

「話す」「伝える」「聞く」

この三拍子が優れているから、高いのです。

コミュ力が高い人は、

  • 友達がたくさんできる
  • まわりから好かれる
  • 人気者になれる
  • 仕事に有利
  • 発言力が高まる
  • リーダーシップを発揮できる

といったメリットがあります。

みなさんもコミュ力を身につけて

たくさんの人とのつながりを大切にしましょう。

話を広げる方法

話を広げる方法を解説していきますが、

第一章では、「話しかけ方」を学習しました。

さらっと言いますと、

話しかける方法は、

  • 質問から入る
  • 現状から攻める
  • 表情をつくる
  • 名前を繰り返す

この4項目でした。

今回はさらに深掘りをしていくのですが、

「話がなかなか続かない。」

「会話がすぐに途切れたり、沈黙になってしまう。」

そうならないように、

話を広げて会話を続ける方法が今回にテーマです。

話の広げ方として、その答えは2つ。

  • 共通点から攻める
  • 相違点も探してみる
  • 変化を褒める

この3つになります。

さっそく解説していきますね。


共通点から攻める

話の広げ方の手段として、

まず「相手との共通点」を切り口に会話を広げます。

自分:

「お久しぶりです!元気でしたか?」

相手:

「お久しぶりです!元気でしたよ!」

自分:

「最近はなにか趣味とかやられているんですか?」

相手:

「最近はゴルフにハマってまして、

よく打ちっぱなしに行くんですよ。」

自分:

「そうなんですか!?私もよく打ちっぱなし行くんですよ。

会社のコンペとかで恥かかないようにコソ練です笑。」

相手:

「まったく一緒ですね笑。

ただ調子悪いとスライスするクセがあって。。。」

自分:

「私も同じです。

そうゆうときは握り方をすこし変えてみると

いいかもしれませんよ。」

相手:

「そうなんだ。

こんど一緒に練習行きませんか?」

自分:

「もちろんです。」

こんな感じで、共通の話題で話を広げます。

共通の話題だと、知識や経験がありますから、

話がズムーズに進みますし、

会話をしているうちに、

  • 自分が知らない情報をインプット
  • 相手が知らない情報をアウトプット

できるわけです。

つまり、

お互いに情報交換できる。ということです。

ほかにも、

自分:

「おはようございます!

週末いい天気になりそうですね。

絶好のツーリング日和になりそうです。」

上司:

「おはよう!

そうだね、気温が高いから、

薄手のジャケットのほうがいいかな?」

自分:

「そのほうが良さそうですね。

ただ最近ちょっとエンジンの掛かりが悪いんですよね。

どうすれば直りますかね?」

上司:

「点火プラグにガソリンをちょっと垂らして、

エンジンをかけるといいかもしれないよ。」

自分:

「そうなんですね。帰ったら試してみますね。

ためになります。

ありがとうございます。」

上司:

「週末までには直しておいてくれよ。

途中で止まっても置いていくからな。」

自分:

「はい!」

てな感じで、

共通の話題で、

悩みや疑問を投げかけてみると、

相手から新しい情報がインプットできて、

なおかつ、どんどん話も広がってゆきます。


相違点を探す

つぎが、「相違点」から会話を広げます。

共通点よりもすこし難しいかもですが、

あえて知らない話題に触れることで、

相手からどんどん話を出させる。といった感じ。

自分:

「お久しぶりです!元気ですか?」

相手:

「お久しぶりです!元気ですよ。」

自分:

「最近はゲームにハマってまして、

夜更かししてしまって眠いです。

◯◯さんは、なにか

ハマっているものってなにかありますか?」

相手:

「私は最近VRゴーグルを購入しまして、

家族全員で楽しんでますよ。」

自分:

「へえー、VRゴーグルですか?

名前をちらっと聞いただけで

まったく知りません。

VRのこと詳しく教えていただけますか?」

相手:

「いいですよ、

VRは仮想現実空間で、

頭にゴーグルをセットすると、

そこにはない現実の世界が360度広がっているんです。」

自分:

「へえー、すごい!もうそんな時代になっているんですね。

でもゴーグルも高いんじゃないですか?」

相手:

「そんなことないですよ。

スマホをセットして体験できるものは、

安くて3000円ほどでありますよ。」

自分:

「へえー、そんなに安いんですね。

全然知らなかった、

さっそく家に帰ったら、

VRのこと家族に話してみます。」

みたいな感じで、

共通の話題ではなく、

自分が知らない話題についても

話を広げてゆきます。

普通なら、

「VRですか?よくわからないですね。」

で終わりますが、

そこからさらに深掘りしていき、

「詳しく知りたいです。教えてください。」

というように、つまり、

相手から情報を聞き出していく。

そうすると、

相手は、自分が知らないことを

自慢話のように喋ってくれるので、

会話がどんどん弾んでいきます。


変化を褒める

最後は「変化を褒める」ことです。

すこし難しく聞こえるかもですが、

こんな感じです。

自分:

「お疲れ様です!今日の仕事疲れましたね。」

相手:

「そうですね。なかなか案件取れなくて

がんばってハシゴしまくりました。」

自分:

「そうなんですね。

いま何件くらい取れました?」

相手:

「いまやっと30件くらいです。」

自分:

「そうなんですね。

でも去年の今ごろはどのくらいでした?」

相手:

「たぶん4、5件くらいだったと思います。」

自分:

「去年、4、5件がたった一年で、30件ですよ!

めちゃくちゃすごいじゃないですか!

テクニックなんかはありますか?」

相手:

「そうですね、マーケティングの本を

ひたすら読んで勉強しましたね。」

自分:

「へえー、仕事で疲れて、家に帰っても勉強ですか!

すごいですよ。私なんか疲れてすぐ寝ちゃいますから。

これなら、来年は100件いけるんじゃないですか?」

相手:

「そんなことないですよ。」

みたいな感じで、

過去と現在を比較して褒めることです。

褒められて嫌な人は少ないですし、

自分では成長というものは

フィードバックしないとあまり感じませんから

過去を掘り下げてあげて、変化を褒めてあげることで

会話が広がっていきます。

ただひとつ注意点があって、

単純に褒めるだけでは微妙です。

「へえーすごい」とか

「かっこいい」「きれい」とか

単純に褒めるだけだと、

なんく胡散臭いですよね。

なので、

くり返しですが、変化を褒めること。

これが鉄則です。


以上が、話の広げ方になります。

まとめますと、

話の広げ方は3つ。

  • 共通点から攻める
  • 相違点も探してみる
  • 変化を褒める

です。

共通の話題で、情報交換をしながら会話する。

相違点を探して、自分が知らないことを、

相手から聞き出す。

過去と現在を比較して、

成長点を褒めながら会話を広げてゆく。

これが話を広げる方法になります。

ぜひ活用してみてください。

最後に、冒頭でお伝えした、

コミュ力を高める方法のひとつが

「話し方」になります。

とは言え、伝え方や聞き方も一緒に

学習したいと考えている人もいると思いますので、

本から学習できるように、

「コミュニケーションを高めるおすすめ本」

別記事にありますので、

ぜひそちらを参考にしてみてください。

コミュ力向上の3つの要素が学べる

厳選15冊を紹介しています。

圧倒的良書のみになりますので、

ぜひ参考にしてくださいね。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました