【最強の話術〜基礎編〜】誰でもできる話しかけ方を解説します!

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

cedrobookのすぎです。

いつも、当ブログをご覧いただき

ありがとうございます。


今回は、「最強の話術〜基礎編〜」といたしまして、

話かけ方を徹底解説します。

うまく話しかけるには

どうしたらいいんだろう?

話しかけ方を学んで、

コミュニケーション能力を身につけたいわ。

といった悩みに答えます。

スポンサーリンク

誰でもできる話しかけ方を解説します!

本記事の内容

  • コミュニケーション能力の定義
  • だれでもできる話しかけ方

この2つを解説していきます。

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書とYouTube
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じです。

【筆者の歩み】

新卒で上場企業に入社→1年で職場のリーダーに抜擢→従業員80名を管理する仕事に10年間従事→経験を積み重ねコミュニケーション能力を習得しました。

本記事では、「最強の話術」と称しまして、

コミュニケーション能力向上を目的とした、

会話の基礎が学習できます。

この5項目をそれぞれ解説していきます。

本記事では、

その中の、「話のかけ方」を解説していきますので

ぜひご覧ください。

コミュニケーションの定義

まず「コミュニケーション」とは、

なんなのか。

よく、

コミュニケーション能力が高い。

なんて言ったりしますが、

実は筆者も割りかし高めなほうだと思います。

過去に80名の従業員を管理する仕事をしていたので。

「コミュニケーション能力=コミュ力」

これが高い人は、

  • 話し方が上手
  • 話の伝え方が工夫されている
  • 話の聞き方を知っている

この3つが備わっています。

つまりコミュ力は、

人との会話に必要な、

「話す」「伝える」「聞く」

この三拍子が優れているから、高いのです。

コミュ力が高い人は、

  • 友達がたくさんできる
  • まわりから好かれる
  • 人気者になれる
  • 仕事に有利
  • 発言力が高まる
  • リーダーシップを発揮できる

といったメリットがあります。

みなさんもコミュ力を身につけて

たくさんの人とのつながりを大切にしましょう。

だれでもできる話のかけ方

本記事のメインテーマでもある、

「話のかけ方」を解説していきます。

だれにでもできる技術になりますので、

ぜひ実践してみてくださいね。

結論をさきに述べると、

  • 質問から入る
  • 現状から攻める
  • 表情をつくる
  • 名前を繰り返す

この4項目になります。

さっそく解説していきますね。


質問から入る

おはようございます!

〇〇ちゃん、久しぶり!

街を歩いていて、偶然、友達に会った時、

会社に到着して、上司や先輩にあいさつ。

第一声はだいたいこんな感じですよね。

あいさつをすることはとてもいいことです。

昔、よく親から、

「あいさつだけはきちんとしなさい。」と

言われたものです。

筆者も、サッカー部に所属していた過去があり、

体育会系で育ったので、

道路に立たされて、通行人全員にあいさつをさせられた

経験があります。

高校生だった当時、下校中の小学生一人一人に

「こんにちは!」とあいさつをしたことを

思い出しました。

あいさつは礼儀作法のひとつ。

武道の世界でも、

「礼にはじまり、礼に終わる」

相手を敬う気持ちが「あいさつ」です。

しかし逆に、あいさつができない人もいます。

  • 人見知りである
  • 恥ずかしい
  • ゆとり世代

など。

会社でも、あいさつを返してくれない人がいて、

やはり、印象は悪いですよね。

まずは、あいさつを必ずすること。

これは礼儀として徹底しましょう。

そしてここからが、ひと工夫で、

「質問から入りましょう。」

どうゆうことか意味不明だと思いますが、

おはようございます!

今日は調子どうですか?

久しぶり!

元気にしてた?

みたいに、質問をひとつ付け加えます。

そうすることで、会話が弾むきっかけをつくるのです。

自分:

「おはようございます!」

上司:

「おはよう」

終わり。

朝のあいさつだけの会話では、

こんな感じで、会話が弾みません。

そこで、質問を付け加えてみると、

自分:

「おはようございます!カラダの調子はいかがですか?」

上司:

「おはよう。

昨日の帰りにマッサージに行ったらだいぶ良くなったよ。

君も行ってみるといいよ。」

自分:

「ほんとですか?いいこと聞きました。

じゃあ私も、行ってみますね。」    

というように、めちゃくちゃ会話が弾みますよね。

ほかにも、

自分:

「久しぶり!元気にしてた?」

友達:

「久しぶり!元気だよ!

実は最近、結婚したんだ。」

自分:

「そうなの?おめでとう!

結婚式はいつ?新婚旅行は?

引っ越しはもう済んだ?」

みたいに、つぎからつぎへと会話が出てきます。

これが話しかけ方の基本で、

その日の初見のときは、

「あいさつ+質問」で会話に切り口を

広げてみましょう。

それだけで、相手からの印象が

ガラッと変わります。

ひとつ注意点があって、

質問はたわいもないことで大丈夫です。

筆者は基本的に、

「最近、調子どうですか?」

これで攻めます。

調子がよくても、悪くても、

「なんでですか?」と会話が続くので。

その日の調子を聞くのが、

話しかけるのに結構、有効ですので、

活用してみてくださいね。


現状から攻める

上記の、

「質問から入る」の上級編になりますが、

さらにあいさつにこだわります。

それが、

「現状から攻める」ことです。

たとえば、

おはようございます!

今度の休みは晴れみたいです。

ツーリングに行くのでよかったです。

〇〇さんは、出かける予定ありますか?

と、こんな感じで、

自分の現状の話から、質問に切り替えるパターンです。

先ほどの、「質問から入る」いさつよりも、

さらに相手の懐にグググッと踏み込みます。

  • あいさつをする
  • 自分のことを話す
  • 相手に質問する
  • 相手に返答させる

これができれば、かならず相手からの返答がありますし、

共通の話題で盛り上がることができます。

自分:

「久しぶり!偶然だね。

父の日だからプレゼント買いに来たんだけど、

全然決められなくて。

◯◯ちゃんはなにか買い物?」

友達:

「わたしも父の日のプレゼント買いに来たよ。

気に入ってきれるかわかんないけど、

おしゃれだなって思ってネクタイ買ったよ。」

自分:

「そうなんだ。ちょっと見せて。

ほんとだ、オシャレ!

いいねそれ。どこで買ったの?」

みたいに、共通の話題で盛り上がることができます。

繰り返しですが、

「あいさつ+現状+質問」で話しかけてみましょう。


表情をつくる

つぎは、「表情をつくる」ことです。

どうゆうことかと言いますと、

「話しかけてもらえる表情をつくること」

これが大切です。

たとえば、

  • Aさん:無表情であいさつ
  • Bさん:にこにこ笑顔であいさつ

明らかに違いますよね。

朝、眠そうな、ダルそうな、暗い感じで

あいさつされても、

上司:「機嫌悪いのかな?」と

いい印象は持てませんし、

そんな感じであいさつされても、

こっちまでテンション下がるわって感じですよね。

しかし逆に、にこにこ笑顔で、さわやかに

あいさつされたらどうでしょう。

上司:「朝から元気がいいな。なにかいいことあったのか?」

このように、相手に好感を持たれますし、

さらに、会話の種をまくこともできますよね。

たとえば、「ディズニーランドのミッキー」

彼がなぜそこまで人気があるのか。

それは、「つねに笑顔だから。」

もし、ミッキーがしょんぼりした顔だったとしたら、

ディズニーランドじゃない、夢の国じゃないみたいですよね。

人気の秘密の裏には、ミッキーの表情が

隠されていたんですよ。

筆者も、笑顔であいさつしますから、

「いつも元気があっていいな。」とか、

「最高の笑顔ありがとう」なんて言われたりします。

つまり、

表情ひとつで、話しかけてくれるだけではなく、

良い印象や好感をもってくれるという

付加価値も与えてくれるのです。

ほんとに落ち込んでいた時に、

無理に表情をつくれとは言いませんが、

話しかけてもらえるという意味では、

表情をつくることも有効なので、

実践してみてください。


名前を繰り返す

最後は、「名前をくり返し使う」ことです。

これをすることのメリットは、

  • 相手の名前を覚える
  • 相手のトリセツを作り込む
  • 話の幅が広がる

詳しく解説しますと、

「はじめまして。」

「佐藤さんですか、よろしくお願いします。」

「佐藤さんは、出身はどちらですか?」

「佐藤さんは、ご年齢はおいくつですか?」

「佐藤さんは、趣味とかございますか?」

みたいに、くり返し使います。

そうすると、まず相手の名前が覚えることができますよね。

「忘却曲線」という記憶力のグラフがあって、

人間は、くり返し言葉を使うことで、徐々に記憶していきます。

つまり、覚えたい単語とかを、忘れかけた時に、

また使うことを繰り返すことで、脳に染み込ませてゆく。

ということです。

たとえば、

トイレに地図なんかを貼り付けておくと、

子供は、トイレに行くたびに、地図が記憶されてゆくので、

みるみるうちに、頭の中に地図が出来上がっていくのです。

つまり、忘れかけたころに、トイレに行って思い出し、

それをくり返して記憶されてゆく。ということです。

なので、忘却曲線の原理から、

  • 名前をくり返し使う
  • 徐々に名前がインプットされる
  • その分、会話ができる
  • 相手の情報がいろいろ聞き出せる

といった感じで、話の幅も広がり、

知らぬ間に、相手のトリセツが完成していて、

次回は、スムーズに会話ができるようになってる。

ということです。


以上が、

「だれにでもできる話しかけ方」になります。

基礎編ということで、

まずは話しかけることができる人になりましょう。

そうすれば、コミュ力が身につきますし、

良好な人間関係も築けるはずです。

とは言え、冒頭で、

コミュ力、すなわち、

「話し方」「伝え方」「聞き方」

この3点セットの話をしました。

もちろん、

すべて学習して

早く身につけたい!

といった人がいると思います。

そこで、役立つのが、「参考本」です。

「コミュ力が身につくおすすめ本を紹介!」

別記事にありますので、

そちらで学習していただければと思います。

3点セットすべてが網羅できる書籍を紹介していますので、

かなりおすすめです。

ぜひ参考にしてください。

以上で終わります。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました