【最強の話術〜基礎編〜】話し方のコツを解説します!

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

cedrobookのすぎです。

いつも当ブログをご覧いただきまして

ありがとうございます。


上手な話し方のコツを知りたいな。

まわりの人達と良好な関係を築きたいわ。

話し方のコツを身につけて

営業に活かしたいです。

といった疑問に答えます。

本記事では、「最強の話術〜基礎編〜」と称しまして、

話し方のコツをみなさんに解説します。

話し方のコツというのは、

  • まず結論からしゃべる
  • 相手のペースに合わせる
  • 疑問詞を取り入れる

この3つになります。

順に解説していきますね。

スポンサーリンク

【最強の話術〜基礎編〜】話し方のコツと解説します!

本記事の内容

  • コミュニケーションの基礎
  • 話し方のコツ

この2つで解説していきますね。

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書とYouTube
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じ。

【筆者の歩み】

新卒で上場企業に入社→1年で職場のリーダーに抜擢→80名の従業員を管理する業務に従事→人との関わりを大切にして、約10年間リーダーの職務をまっとうした実績がありますので、わりと信頼できると思います。


コミュニケーションの基礎

「コミュニケーション」と聞いて

真っ先に思い浮かべるのが、

「人との会話」です。

人との会話は、

「話し方」「伝え方」「聞き方」

この3要素で成り立っています。

上手に、人と会話ができる人は、

  • 友達が多い
  • 仕事が早い
  • 好かれている
  • 信頼されている

といったメリットがあります。

筆者も、実はコミュニケーション能力が割りかし高めです。

相手の立場を考えて話すこと

これを常に意識して会話をしています。

相手の気持ちや心情といったことを

考えながら発言すると、

自然と相手も心を開いて会話できるようになります。

  • 相手の気分を阻害しないか
  • 話の内容がズレていないか
  • 丁寧な口調で話せているか

など。

会話は、相手がいて成立するので、

相手のことを考えた発言が大切になります。


話し方のコツ

本記事のメインテーマになりますが、

「話し方のコツ」は3つあります。

  • まず結論からしゃべる
  • 相手のペースに合わせる
  • 疑問詞を取り入れる

この3つです。順に解説しますね。


まず結論からしゃべる

自分自身が発信者だった時に

話し方でもっとも重要視されるのが、

「結論」すなわち、落とし所です。

会話が苦手な人や下手な人の特徴は、

ダラダラ前振りを話して、

結局なにを伝えたいのかわからくなってしまう。

そんな経験ってあると思います。

わかりやすく言うと、

落ちのない面白い話。

これってめちゃくちゃつまらないですよね。

漫才なんかでは、オチを最後に持ってきて

ドカンと笑いを誘いますが、

ド素人の私達が、話の結論を最後にもってきても、

話の構成もきちんと決まっていないので

途中で内容がずれたり、

結論がカチッと決まらなかったりします。

つまり、話し方で重要となるのが、

  • 結論を述べる
  • 理由を説明する
  • 結論を述べる

この3ステップで話すとかなりスムーズに聞き取れます。

たとえば、犬の嗅覚の話をするときに、

犬は人間の40倍の嗅覚をもっています。

なぜなら、犬には味覚が無いため

においでエサかどうかを判断します。

だから犬は嗅覚は人間の40倍なのです。

といった感じで、

結論をさき言っちゃってますので、

あとの会話で多少ずれた話をしようが、

脱線しようが、あまり関係なくなります。

さらに付け加えますと、

相手は結論を知りたがっているということ。

それを知っていれば、

なにが言いたかったのか。

という相手の気持ちはすでになくなりますし

自分もなにを話したかったのか

ということがなくなります。

なので、話をするときにはかならず、

「結論→理由→結論」の順で話しましょう。


相手のペースに合わせる

次に大切なのが、相手のペース合わせることです。

会話が苦手とか、下手な人は

正直、相手のペースに合わせてあげれば

おのずと会話がしやすくなるはずです。

逆に、自分のペースで話そうとするから

話がわけのわからない方向にいってしまいます。

仕事でもそうですよね。

自分ばかりガツガツ話していると、

なんか押し売りみたいになって相手が萎縮してしまったり

なんてことも経験があるかと思います。

相手のペースに合わせることは、

相手に安心感を与えることです。

友達と歩いている時に、

「ちょっとペース早いな」と感じる時って

ありませんか?

まさにこれで、

自分のペースで話をすると、

そのペースについていけないときがあるからです。

なので、相手にペースを合わせて、

相手の話すスピードで、

相手が話したいテンポをつかんで

話すことが大切になります。


疑問詞を取り入れる

会話がすぐ終わってしまう人におすすめなのが、

「疑問詞」です。

たとえば、

犬の嗅覚ってすごいの知ってる?

こんな聞き方をしたらどうでしょう。

なんか、一方通行じゃないなって感じがしますよね。

つまり会話を成立させる条件は、

相手にも主導権を握らせる話し方

これを知っているだけで最強の話し手になれます。

「犬の嗅覚って人間の40倍なんだぜ」というはじまりだと、

自慢チックに聞こえますし、

仮にどうでもいい聞きたくはない話でも

無理に聞かせることになるからです。

つまり、疑問詞で会話を始めることで、

相手の興味や関心を知るものさしの役割が

疑問詞にはあるのです。

いまはあまり聞き慣れないかもですが、

昔、好きな子とメールするときは、

かならず「?」で返信しろなんて言われましたよね。

まさにこれで、

コミュニケーションは、

「会話のキャッチボール」なので、

相手からの返球もないと成立しないので、

疑問詞を使用により、

会話に相手を流入させることが重要です。


以上が話し方のコツになります。

おさらいしますと、

話し方のコツは3つ。

  • まず結論からしゃべる
  • 相手のペースに合わせる
  • 疑問詞を取り入れる

この3つです。

結論→理由→結論の順で話すことで、

話のズレを無くしスムーズに話すことができる。

相手のペースに合わせてあげることで、

スピード、テンポがおなじになり、会話が弾む。

疑問詞を取り入れて、会話にキャッチボールを成立させる。

これが身につけば、話し方のスキルが向上しますし、

相手も気持ちよく会話ができるはずです。

最後に

コミュニケーションを高める手段のひとつの話し方。

とはいえ、伝え方や聞き方も重要になってきます。

そこで、すべてを網羅するためには、

本から身につけることもできます。

別記事で、

「コミュニケーションを高めるおすすめ本」

ありますので、

こちらを参考にしてください。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました