【最強の話術】コミュニケーションを高めるおすすめ本を紹介!

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

cedrobookのすぎです。

コミュニケーションが上手になる

おすすめの本を知りたいな。

人と話すことが苦手なんだけど、

どんな本で学習したらいいのかしら?

コミュニケーションスキルを身につけて

営業成績を上げたいです。

といった悩みに答えます。

スポンサーリンク

コミュニケーションを高めるおすすめの本を紹介!

本記事の内容

  • 話し方の基礎学習本【5冊】
  • 伝え方の技術が身につく本【5冊】
  • 聞き取るチカラが身につく本【5冊】
  • 学習しつつやるべきこと

この4項目で解説していきます。

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書とYouTube
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • 「だれよりもわかりやすく」がモットー

といった感じ。

【筆者の歩み】

新卒で上場企業に入社→1年で職場のリーダーに抜擢→80名の従業員を管理する業務に従事→人との関わりを大切にして、約10年間職場をまとめた実績がありますので、わりと信頼できると思います。

なお本記事では、新書は紹介していません。

というのも、紹介する本を探していたら、

ミーハーであり、より信頼がおける本になったからです。

みなさんに安心してご購入していただくために

最強の話術が身につくおすすめ本を厳選しましたので、

ぜひご覧ください。

では紹介していきますね。

コミュニケーション能力を身につけるために読むべき本【15冊】

コミュニケーションとは、

「会話のキャッチボール。」

話し方、伝え方、聞き取り方

これができて初めて、

良質なコミュニケーションと言えます。

悩みたおし、

厳選15冊を選びました。

なお、学習する際のおすすめの方法としては、

スタートダッシュで5冊ほど読む。

→毎月3冊は続けて読むといった感じです。

読書は継続することに意味がありますし、

学習し続けることで、確実に身につくからです。

では、本題に入りますね。


話し方の基礎を学習できる本【5冊】

こちらの5冊です。

その①:カーネギー「話し方入門

D・カーネギーの「話し方入門」です。

1926年に初版刊行されていますが、

いまだに色あせないベストセラーになります。

「話し方の基礎」を本書から学ぶことができます。

話し方の基礎とは、

空手の「型」みたいなものでして、

基礎を学ぶことで話し方が確実に身につきます。


その②:話すチカラ

斎藤孝×安住紳一郎の「話すチカラ」です。

こちらは、Amazonの発売即日ランキングで、

総合1位になった圧倒的良書です。

大学部の文学部教授と、アナウンサーが送る、

話術のノウハウ本です。

教授とアナウンサーから基本を学習することは

巨人の肩に乗っかるイメージ。

より早く、より丁寧に

話し方が身につくはずです。

日本屈指の話し手の二人から、

話し方のスキルを学習しましょう。


その③:話し方の教室

人前で話すことが苦手な方におすすめの一冊です。

基本的に、会話というのは

相手がいることで成立します。

面と向かって話すことが苦手という方は

本書から、話す勇気をもらいましょう。

変わることができる良書です。


その④:話し方の教科書

アナウンサー、魚住りえさんの

「話し方の教科書」です。

プロのアナウンサーの彼女が実際にしている、

話術を向上させるための「全スキル」を

学ぶことができます。

会話をするときには、「声」も重要でして、

声の質で相手の感情が変わるといった

分析結果も出ています。

発生方法から会話術まで総合的に学習できる良書です。


その⑤:ロジカルな話し方超入門

会話の技術を学べる学習本です。

筆者も過去に、

「なにを言いたいのかわからない」と

言われたことがあります。

結局は「会話のストーリー」がバラバラなのです。

本書から、話術の基礎的な

根拠、ストーリー、伝え方を学ぶことができます。

伝える技術が身につく本【5冊】

相手に伝わりやすくなるような話術を手に入れたい方向け。

つぎの5冊です。


その①:伝え方大全

伝え方の基礎学習におすすめです。

伝え方=説得力」

私はこれを知らなかったので、

仕事において大変苦労しました。

伝え方をすべて丸呑みした最強の良書と言えます。


その②:まんがでわかる 伝え方が9割

伝え方の技術が向上する一冊です。

まんがでわかりやすく解説してくれます。

伝える技術はどの分野においても重宝します。

著者自信が膨大な時間とトライ&エラーで導き出した

方法論でわかりやすく解説してくれます。

圧倒的良書です。


その③:神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り

科学的根拠をもとに伝え方の技術を教えてくれる一冊です。

どことなく、似たり寄ったりにタイトルですが、

タイトルから読者の目を惹かないとですし、

根拠があって初めて信頼されますし、

そんな読者の心に溶け込む良書です。

人の心理から伝え方の技術を教えてくれます。


その④:“トークの帝王”ラリー・キングの伝え方の極意

究極の伝え方をトークの帝王が教えてくれます。

コミュニケーション最大のポイントは、

「会話が盛り上がること」

彼自身の経験から「伝え方のコツ」を

学習することができます。

伝える技術の極意を知ることができる

ビシネス自己啓発書です。


その⑤:相手のキャラを見きわめて 15秒で伝える!

「秒」で判断し、「秒」で伝える技術です。

テンポがない会話に好印象は持てません。

相手を見極め、「秒」で伝える技術。

本書から圧倒的速さを学習できます。

聞き取るチカラが身につく本【5冊】

聞き取るチカラがなければ会話が成立しません。

それが学習できる5冊です。


その①:「聞く力」こそが最強の武器である

聞くチカ手に入れることができる一冊です。

聞く力の武器を手にすることで

話す言葉に重みが増します。

イチローのレーザービームが身につくイメージ。

会話の返球が鋭いと、相手も信頼します。


その②:齋藤孝の聞く力 (だいわ文庫)

大学文学教授の「聞く力」です。

相手の懐に入って話を聞きます。

親身になって話を聞いてくれる人は、

一緒にいて安心感を与えます。

会話が楽しいと思わせてくれる技術を

本書が教えてくれます。


その③:「聴く力」の強化書

聴く力の強化書です。

「ちゃんと話聞いてた?」

よく上司から言われた過去があります。

「傾聴力スイッチ」

これを知らないと、

つぎの会話がストップしてしまいます。

耳を傾け、聞き上手になれる一冊です。


その④:聞き出す力

相手から話を聞き出す技術が養えます。

多数芸能人を参考に、

話を引き出す技術を学習できます。

ちょっと話下手な相手との会話を

盛り上げる手段として活用できる一冊です。


その⑤:人生は「聞く力」で9割変わる

人生観で解説してくれる経済新書です。

自分の言いたいことは言えるが、

聞いてほしいことは聞けない。

そんな人間の弱点をついた一冊です。

聞き上手になり、人生を変えてくれる良書です。


以上がおすすめの本になります。

なお、くり返しになりますが、

読書で学習することは継続が大切ですので、

かならず毎月3冊は読むようにしましょう。

また別記事では、

なども紹介していますので、

ぜひ活用してみてください。

さらにコミュニケーション能力向上をを目的とした、

「コミュ力を向上させる話し方の基礎」が

当サイトで学習できます。

  1. 話しかけ方
  2. 話の広げ方
  3. 話の聞き方
  4. 話の盛り上げ方
  5. 好印象な話し方

5つの項目別に、

わかりやすく解説していますので、

ぜひ活用ください。

学習しつつやるべきこと

本を読みつつ、次の3つを意識しましょう。

  • その①:知識を必ずメモすること
  • その②:メモしたことを見つつ、実践すること
  • その③:できるだけ多く、実践すること

順番にみていきましょう。

※ちょっと記事が長くなってきたので、あと1分で終わらせます。

その①:知識をメモすること

本を読みながらメモを取りましょう。

メモして、ノートに書き留めること。

私がいつもメモするノートの例

上記は私がメモしているノートです。

※汚くてすみません。

メモすると、忘れづらいです。

当たり前ですが、あとで何をやるか忘れてしまっては意味がないですからね。

必ずメモしましょう。

その②:メモしたノートを見つつ、実践してみる

先ほどのメモを見つつ、実践しましょう。

例えば、話す力が身につく方法をノートに書きまくる。

それを見ながら実践する。

その③:できるだけ多く、実践すること

そしてただメモして、実践するだけじゃダメです。

実践するために大切なこと

できる限り、たくさん実践することです。

それが成功のカギです。

読書ツールの紹介

最近、

筆者がハマっているもの。

それは、

本を聴くことです。

「ん?」って思うかもですが、

時代の進化はすごいです。

本は読むものではなく、

聴くものに進化しました。

「audible(オーディオブック)」

を知っていますか?

たとえば、

満員電車で本を読めないとき、

手が空いていないけど

本を読みたいとき、

自転車に乗っているとき、

とにかく、

スマホと耳さえあれば、

本が読めちゃいます。

いや、すいません。

本が聴けちゃいます。

いつでもどこでも

本が読みたいかたは、

「本を聴く」にシフトして、

読書や学習の時間に

役立ててください。

登録方法は、

会員登録をして、

聴きたい本を選んで、

スマホでアプリをインストールするだけ。

無料トライも実施して

いますので、

ぜひ、活用してみてください。

audibleを試したいかたはコチラ。

↓↓↓

以上が、

コミュニケーションを高めるおすすめ本の紹介になります。

仕事においても、プライベートにおいても

コミュニケーションスキルは必要不可欠です。

よりよい人間関係を構築できるように、

ぜひご活用ください。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました