【最強のメンタル編】精神力の鍛え方を解説します!

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

cedrobookのすぎです。

精神力を鍛えたいです。

精神力を鍛えるには

どのように学習したらいいんだろう。

精神力を鍛えて

本番に強い人間になりたいです。

といった疑問に答えます。

スポンサーリンク

精神力の鍛え方を解説!

本記事の内容

  • 精神力とは
  • 精神力を鍛える方法
  • 学習しつつやるべきこと

この3本立てで解説していきますね。

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書とYouTube
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じ。

【筆者の歩み】

新卒で上場企業に入社→1年で職場のリーダーに抜擢→挫折を3回経験し15年間のキャリアと仲間を捨てて職場異動→異動先で再スタート→さらなる高みを目指して奮闘中

3回挫折を経験しましたが、

体育会系で育った経験から

社会の荒波でもなんとか生きています笑。

それではさっそく本題に入ります。

まずはじめに

まずはじめに

本記事のメインテーマになります、

「最強のメンタル編」

ということで、

まず「メンタル」とはなんぞやと言うことで、

メンタルの直訳は、「精神」や「心理」。

その名の通り精神面の強さや意志の強さ、

集中力の高さなどを表します。

他にも根性や執念、気合い、何事にも動じない平常心、

逆境に合っても負けない心、

プレッシャーを跳ね除ける強さなど、

メンタルを構成する要素は様々です。

ということです。

つまり、

「メンタル」とは、

  • 精神力
  • 集中力
  • 意志

この3つの総称ということ。

そこで本記事では、

このうちの一つであります、

「精神力」にフォーカスして解説していきます。

また別記事で、

この2つを解説していますので、

総合的に学習したい方は

そちらも参考にしてくださいね。

では本題に入ります。

精神力とは

あることを遂行するために精神を集中するとか、

その状態を持続するとかといった、

精神的な意志の状態の総称。

ということで、

ん?

って感じですよね笑。

要するにですね、

  • 集中力を維持をする
  • 意志をもつ

この2つの、「心の状態」のことを指します

つまり、

「気持ちの保ち方」ということ。

試験勉強だるいな。

ダメだ!集中しよう!

絶対に合格してやる!

と自分を鼓舞(こぶ)する。

それができる状態のことを、

「精神力が備わっている」と言います。

つまり、

  • 本番に強い人
  • 人前でも萎縮(いしゅく)しない人
  • 簡単に諦めない人

といった感じで、

「威風堂々(いふうどうどう)」

態度や雰囲気に威厳が満ちあふれて立派な様子

精神力が強い人は

この言葉がお似合いなんじゃないでしょうか。

なので、

精神力を鍛えたい方は、

「自分自身の「負」の考えに打ち勝つ力」

やしなうことができれば、

精神力が身につくでしょう。


精神力を鍛える方法

「精神力を鍛える

自分自身の「負」の考えに打ち勝つ

その力を身につけます。

その方法は、

「努力×継続×ポジティブ」

この方程式で身につくことができます。

つまり、

  • ひたむきに努力ができる
  • 継続力が備わっている
  • ポジティブな考えを持っている

ということです。

これを身につけていれば、

どんな状況においても、

いざ、負けそうな自分がいても、

諦めずに立ち向かっていけるはずです。

くり返しになりますが、

「精神力=

努力×継続×ポジティブ」

これにより鍛えることができます。

その鍛え方をそれぞれ紹介していきますね。


努力

まずは努力ができるようになるには、

どうしたらいいのか。

結論を先に述べると、

「努力=労働環境を整える」

そうとらえてください。

一生懸命、努力しました!

たまにそうゆう人いますよね。

みんな目標にむかって努力しています。

死に者ぐるいでがんばっているかもしれない。

しかし、

「本当の努力の仕方を知っていますか?」

本当の努力とは、

「いかにそのことに労働時間を費やせたか。」

ということ。

たとえば、

スキマ時間はすべて勉強しています!

とか、

コツコツ努力しています!

とか、

いまの現状で空いた時間をつかって

なにかをしていても、

それは努力じゃない。

努力というのは、

「努める力」

つまり、

目標の実現のため、心身を労してつとめること。ほねをおること。

心身を労してつとめること。

ようするに、

「目標達成のために身を削って行動しなさい。」

そうゆうことです。

じゃあ、身を削るとはどうゆうことか。

それは、

時間をつくってそれに打ち込むこと。

これが努力。

忙しくて時間が作れません。

たしかにそう言うでしょう。

しかしながら、

本気になれば、時間はかならず作れる。

もしも時間が作れないというならば、

それは本気で向き合うことができていないから。

お金はいくら使っても、

また稼げばいい。

しかし、

時間は使っても

巻き戻すことはできない。

なにかを成し遂げたい。

自分に負けるかもしれない。

そういうときに精神力が必要とされる。

そのときに、

努力することが身についていれば、

やらなきゃ!

頑張るんだ!

そうやって自分を鼓舞できる。

なので、冒頭で述べた、

「努力

=労働環境を整える

努力できる時間をつくる

これで、努力ができるというわけ。

どうやって時間を作ればいいの?

別記事で、

「いそがしい人の時間のつくり方」

解説していますので、

そちらを参考にしてください。

また、ストイックな方でしたら、

「睡眠時間を削って努力する方法」

あります。

そちらも参考にすると良しです。


継続

精神力を鍛える2つ目の方法が、

「継続力」を身につけること。

これが、精神力を鍛える上で

もっとも難しい課題かもです。

継続する力ってなかなか身につきませんよね。

「継続は力なり」

なんて言いますが、

結論を述べると、

「継続=忍耐」

これで考えましょう。

忍耐とは、

つらさ・苦しさ・怒りを、じっと我慢すること。たえしのぶこと。

聞いただけでゾッとしますよね笑。

つまり「我慢しろよ。」ということ。

継続するためには、

どうやって我慢するの?

その答えは、

継続しようという意識を持たせることです。

たとえば、

「ダウンを奪われたボクサーが

9カウント目で立ち上がってまた戦う姿勢。」

みたいなものです。

諦めかけてもう無理かもしれない

でもまた立ち上がる。

その姿勢を自分にも植え付けます。

「継続力」って言いますけど、

「力」じゃなくて、

その瞬間にテコ入れをするイメージ。

どうすれば継続できるの。

それは、

諦めかけたその瞬間に

意識を変えて上げれば大丈夫です。

その手段としては、

  • YouTube

この2つです。

その①:YouTube

YouTubeってエンタメ系だよね?

たしかにそうですが、

YouTuberとして成り上がった

成功者の成功体験を動画を閲覧すると、

もとは素人でして、

かなり共感を持てますし、

自分もやってやろう!

と感情が高ぶります。

筆者がおすすめするのは、

嫌われながら好きなことで、生きていく「起業家-ヒカル」
YouTubeより引用

YouTuberヒカルさんの

「嫌われながら好きなことで生きていく」

これがおすすめです。

継続することに関係ないような

タイトルですが、

すべての挫折者を救ってくれる

神がかった動画です。

  • 努力
  • 継続
  • 自信
  • 貪欲さ
  • ポジティブ

すべてを網羅(もうら)している1本。

すこし手が止まったときに、

この動画をみれば、

また頑張ろう!

と背中を押してくれます。

ぜひ見てみてください。

また他にも、

  • メンタリストDaiGo
  • 東京カモガシラランド
  • マナブ
  • イケハヤ大学
  • 中田敦彦YouTube大学

この辺が筆者はおすすめします。

ぜひチェックしてみてください。


その②:本から学ぶ

こちらもおすすめです。

本から学ぶことの一番のメリットは、

信憑性(しんぴょうせい)があること。

本を出版されている企業や著者ということは、

信頼をおけるということでして、

本から継続力を身につけることに

適しています。

瞬間的に継続することにも便利ですし、

ハード面で身につけることも可能です。

別記事で、

「継続力が身につくおすすめ本」

紹介していますので、

参考にしてみてください。

一番のおすすめはありますか?

あえて選ぶとしたら、

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

こちらです。

瞬間的なテコ入れを考えるならば、

本書から継続することの本質を学べますし、

科学的な分析から、

習慣が身につきますので、

圧倒的に良書です。

また他にも、

成功者からも学びたい方は、

【令和最新】おすすめのビジネス書」でも

学習できます。

また筆者独自に、

「継続できる人間になる方法」

記事にしていますので、

こちらも参考にしていただけると嬉しいです。


ポジティブ

最後が、

「ポジティブになること。」

結論は、

前向きにならないとなにも進まない。

ということ。

だいたい不安要素がある時って、

自信ないなあ。

本当に大丈夫かな。

というように、

マイナス思考が働きます。

これが精神力に大きく影響しています。

マイナス思考が働くと、

  • 本番に弱い
  • 人前でも萎縮(いしゅく)する
  • 簡単に諦めてしまう

このような結果になってしまいます。

そこで、プラス思考を身につけるためには、

  • Google先生に聞く
  • YouTubeから学ぶ
  • 本から学ぶ

この3項目で身につきます。


その①:Google先生に聞く

Googleの検索エンジンで調べることです。

ネットの急速な発展と

情報過多の時代でして、

メリットしては、

Googleで調べれば、

かならずといっていいほど、

結論が出ます。

例えば…

「ポジティブ思考 方法」で

検索すると、

このように、

ポジティブ思考になるために

トレーニング方法などが出てきます。

ただここで注目してもらいたいのが、

検索結果が

「約49,00000件」

やばいですよね。

ポジティブ思考になるための方法が

約49,00000件あるんですよ。

もちろん使えるものと使えないものが

ありますが、

驚異の検索結果です。

たぶんというより…

絶対にほしい情報が見つかりますから。

しかも、基本的に無料でコスパも最強。

(中には有料のものがあります。)

なので、ポジティブ思考になるための方法を

Googleで検索してみて実践しましょう。

ただひとつだけ注意点があります。

「信ぴょう性に欠ける」ということ。

検索上位は企業が掲載しているものなので

安心できるかもですが、

下にスクロールしていくと、

一般人のブログからの掲載になりますので

信ぴょう性に欠けます。

(筆者がこんなこというのも

おかしな話ですが笑。)

おすすめとしては、

検索上位10位までなら安心かなと。

まとめますと、

【Googleでの検索方法】

①欲しい情報がかならず見つかる

②無料でコスパ最強(有料版もアリ)

③検索上位10位までなら信頼してよし

以上を意識すれば、

Google検索からでも、

ポジティブになる方法が学べますので、

実践してみてください。


その②:YouTubeから学ぶ

継続力同様に、YouTubeからも学ぶことができます。

こちらも、

「ポジティブ思考 方法」で

調べてみると、

こちらもたくさんの検索結果が出てきます。

注目してもらいたいのが、

上記、検索結果で

一番下の動画は

「メンタリスト・DaiGo」さんの動画です。

最近では、芸能人もYouTubeに

参入してきているので、

影響力もバツグンです。

筆者のおすすめとしては

やはり、一般人の動画もありますので、

「フィルターで視聴回数が多いものを選んで学習すること」

視聴回数が多いものは信ぴょう性があると

解釈してOKです。

ぜひ活用してください。

筆者だったら…

やる気なし、元気なし。ネガティブ思考を一瞬でポジティブにするコツ

「東京カモガシラランド」で

勉強しますね。

チャンネル登録者数が1.8万人で

視聴回数も27万回の高視聴率です。

個人的には、

熱く語ってくれて、心に響く」

ところが魅力的かなと。

実践する自分の背中を後押ししてくれる感じ。

ぜひ参考にしてみてください。


その③:本から学ぶ

これも上記で推薦していますが、

やはり本から学びましょう。

別記事で、

こちらを紹介していますので

ぜひ参考にしてみてください。


以上が、精神力を鍛える方法になります。

まとめますと、

精神力とは、

  • 集中力を維持をする
  • 意志をもつ

この2つの「心の状態」ということ。

これを鍛えるためには、

「自分自身の「負」の考えに打ち勝つ力」

やしなうこと。

そのためには、

  • 努力
  • 継続力
  • ポジティブ

この3要素を身につけましょう。

これであなたも精神力が鍛えられるはずです。


学習しつつやるべきこと

本記事で学習しつつ、3つのことを意識しましょう。

  • その①:使える知識をメモすること
  • その②:メモした知識を見つつ、実践すること
  • その③:できるだけ多く、実践すること

順番にみていきましょう。

※ちょっと記事が長くなってきたので、あと1分で終わらせます。

その①:使える知識をメモすること

YouTubeを見たり

本を読むだけじゃダメです。

知識をメモして、ノートに書き留めること。

知識をメモするノートの例

上記は私がメモしているノートです。

※汚くてすみません。

学習するたびに知識をメモすると、忘れづらいです。

当たり前ですが、だらだらYouTubeを見たり

本のページを読み進めることに価値はないですからね。

かならず知識を吸収しましょう。

その②:メモした知識を見つつ、実践すること

先ほどのメモを見つつ、実践してみましょう。

例えば、心理学の本で「主観的幸福感」とかを学んだら、

その方法をポジティブ思考の実践に

取り入れてみるとかです。

主観的幸福感の原理は、

ポジティブ思考になる方法で使われていますので、

確実に効果がありますし、

実際に実践することで身につくと思います。

その③:できるだけ多く、実践すること

学習するだけじゃダメです。

そして知識を使いつつ実践するだけじゃダメです。

精神力を鍛えるために大切なこと

できる限り、たくさん実践することです。

実践することは必須です。

たくさん行動しないと、身につきませんからね。

また行動するためには、、

「モチベーション、継続力、積極性」といったスキルが必要ですが、

実践し続けることにより、

無意識で身につくようになります。

この「無意識」という状態が大切でして、

ここまでいけば、何か行動するときに、

即座にポジティブな発想が生まれると思います。

そのためには繰り返しですが、実践することが欠かせません。


読書ツールの紹介

最近、

筆者がハマっているもの。

それは、

本を聴くことです。

「ん?」って思うかもですが、

時代の進化はすごいです。

本は読むものではなく、

聴くものに進化しました。

「audible(オーディオブック)」

を知っていますか?

たとえば、

満員電車で本を読めないとき、

手が空いていないけど

本を読みたいとき、

自転車に乗っているとき、

とにかく、

スマホと耳さえあれば、

本が読めちゃいます。

いや、すいません。

本が聴けちゃいます。

いつでもどこでも

本が読みたいかたは、

「本を聴く」にシフトして、

読書や学習の時間に

役立ててください。

登録方法は、

会員登録をして、

聴きたい本を選んで、

スマホでアプリをインストールするだけ。

無料トライも実施して

いますので、

ぜひ、活用してみてください。

audibleを試したいかたはコチラ。

↓↓↓


以上になります。

最後に、

勝つための最善の努力は、

どんな時もやめてはいけない。

逃げたらだめなのです。

by王貞治

精神力を鍛えたいという悩みや

コンプレックスがあるならば、

結果にコミットして、

全力でその大きな壁をぶち破りましょう。

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました