【心配性の解決策】悩みを解決する方法!【悩みすぎると寿命が縮みます】

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

cedrobookのすぎです。

心配性の人
心配性の人

なんでも心配になってしまいます。

緩和(かんわ)させる方法を知りたいな。

心配することをやめて、

思い切りチャレンジしたいです

こんな悩みに答えます。

悩みすぎると寿命が縮む。とか

白髪が増える。

なんて言いますよね。

だれでも心配することはありますが、

そんな中でも極度の心配性の人。

心配性の人
心配性の人

心配しすぎます。

心配のあまり、嗚咽(おえつ)がでます。

うん、わかりますよ。

筆者も昔から極度の心配性ですから。

でも大丈夫。

心配性は克服できますから。

というより、

解決策の引き出しを備える

といったほうが適切かもです。

結論は、

  1. Google先生に聞く
  2. YouTubeから学ぶ
  3. まわりに打ち明ける
  4. 本から解決策を得る
  5. 専門機関に相談する

この5つ。

これができれば心配性が緩和されるはず。

心配するパラメータを下げることができれば、

気持ちがスーッと楽になって、

思い切り行動できるようになりますよ。

さらに深掘りして解説していきますね。

スポンサーリンク

【心配性の解決策】悩みを解決する方法!

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書(年間200冊)
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • だれよりもわかりやすくがモットー

こんな感じで、

社会の荒波でもなんとか生きています笑。

いつも会社でプレゼンするときは、

上司の顔をジャガイモだと思って、

報告しています笑。

まずはじめに…

「心配性=すごい悩む」と、とらえてください。

そして、

悩みごとに対して、

過剰(かじょう)に反応してしまう人、

それについて考えすぎてしまう人、

それが心配性の人です。

人間という生き物は、

大小かかわらず、かならず悩みを持っています。

たまに

悩んで<br>いない人
悩んで
いない人

最近は悩みがないです。

たまにこういう人がいますが、

気にならないような、

小さな悩みで、

まわりに言う必要がないだけで、

かならず悩みはあります。

仕事、学校、恋愛、人間関係、

コンプレックス、お金、などなど

悩みはひとそれぞれ。

普段は明るく接している人でも、

家に帰れば、

悩みに直面していて泣いている。

なんてこともあります。

人は見かけによらないということです。

筆者は基本的に、

スーパーポジティブ人間で、よくまわりから

友達
友達

絶対悩みなんかないでしょ。

いいね、悩みがなさそうで。

よく言われます。

ちょいちょい待て待て笑。

悩みくらいあるわ笑。

日々悩んでるわ。

スーパーポジティブっていっても、

結構、心配性です。

朝、電車が止まっていて、

仕事が遅れそうになると

ソワソワしますし、

子供が小学生になりましたが、

毎日の通学で、事故にあわないか、

めちゃくちゃ心配してます。

変なおじさんについていかないか

心配にもなり、

いつもGPSで監視しています。

ストーカーか笑。

ただこの心配性な性格を

克服するための方法、

すなわち、悩みごとの

具体的な解決策はコチラ。

  • Google先生に聞く
  • YouTubeから学ぶ
  • まわりに打ち明ける
  • 本から解決策を得る
  • 専門機関に相談する

この5つ。

基本的な内容も含まれていますが、

今の時代に流れにそった解決策もあります。

Google先生に聞く

まず心配な悩みがあったら

Googleで調べましょう。

ひとむかし前は検索しても、

検索した答えとぜんぜん違う

回答結果がでましたが、

今はすごいです。

時代の変化はすごいですね。

ほぼカンペキに検索結果がでます。

めちゃくちゃコアな内容じゃないかぎり、

ピンポイントで答えが探せますから。

たとえば、

「通学 事故 心配」と検索します。

Google検索エンジンより引用

そうすると上記のように、

通学中の事故の現状から

通学路の注意点など、

望んでいた答えが

ピンポイントで探すことができます。

なのでまず、

心配なことがあれば

Googleで検索して

答えを探してみてください。

ひとつ注意点があります。

人に聞く前に、

かならずじぶんでググって調べましょう。

じぶんで調べることで、

心配なことに対して

真剣に向き合えるから。

なのでかならず

じぶんでググりましょう。

YouTubeから学ぶ

心配性な人
心配性な人

YouTubeって

エンターテイメントだよね。

いやいや、

いまは違うんですよ。

筆者は最近ニュースをテレビで見るより、

YouTubeを見て情報を仕入れてます。

いまのYouTubeは

なんでも情報を仕入れることが可能です。

テレビでニュースを見てると、

CMがうっとしかったり、

筆者にとって天気予報とか

ほんといらない存在で、

時間の無駄ですし。

だけどYouTubeは、

「いまじぶんの知りたい情報が

いま知ることができるんです」

これも

「通学 事故 心配」と検索すると

YouTubeより引用

このように、事故防止のニュースや、

事例などの情報がたくさん出てきます。

YouTubeを見て、

子供の通学時に気をつけるポイントを

教えることもできますよね。

ただひとつ注意点があって、

素人がアップしているものがあるので、

信頼性に関しては注意してください。

テレビのニュースとか、

ネットニュースを引用している場合は、

大丈夫です。

まわりに打ち明ける

よくみなさんが、心配ごとや

悩みごとがあるときにとる行動です。

王道ですが、

まわりに相談して心配ごとを解消する。

すいません、

筆者としては過去の実績から

あまりおすすめしません。

なぜなら、悩みを打ち明けても

友達
友達

そうだよね。

でも大丈夫。

なんとかなるよ。

上記のように、

具体的な答えが返ってこなかったから。

でもそれもそうですよね。

状況がきちんと把握できなければ、

相談しても答えることできません。

つまり、同じ状況や環境になった人しか

わからないということ。

ただ、筆者の場合は

同じ状況がいなかったので、

求めていた回答が得られなかったですが、

みなさんの中で、

じぶんのことをなんでも知っていて、

同じ状況の人がまわりにいたとしたら、

相談することもいいかなと。

たとえば、

「彼氏と別れようか迷っている。」

この悩みを、

今まで彼氏をつくったことがない

友達に相談するのはNG。ということ。

なぜなら、恋愛経験ゼロの友達に

相談しても、

ドラマや恋愛マンガなどの

フィクションの中での知識しかなく、

信ぴょう性がないからです。

なので、くり返しですが、

本当に相談するなら、

同じ経験のある、

信頼できる友達ならOKです。

本から解決策を得る

本から情報を得ることも可能です。

YouTubeよりも信頼性を

重視している人は、

本から解消方法を得ることがおすすめです。

なぜなら、本を出版するほどの

信頼をおける著者や企業が

本を書いているから。

またより専門的な知識や情報を

得ることができるからです。

筆者も読書が好きで

ひとつアドバイスとして、

心配性の人は、自信を持つことと、

ネガティブを捨てることが

克服する方法だと述べました。

そこで、

読書をして克服したい人におすすめの、

「自信を持ちたい人が読むべきおすすめ本」

紹介しています。

また別記事で、

「ネガティブな人が読むべきおすすめの本」

紹介していますので

参考にするとよいです。

ちょっと話がそれましたが、

ようするに、

重度な心配ごとで、

より専門的な知識が必要な悩みなら、

本で解決することをおすすめします

専門機関に相談する

悩んでいる人
悩んでいる人

もうどうしようもありません。

解決できそうにないです。

もう手がつけられない。

これ以上放置すると、

病気になりそうという人は

専門機関にSOSを発信してください。

厚生労働省のホームページより

こころの健康相談統一ダイヤル」というものがあります。

厚生労働省より引用

上記ホームページより、

そちらに電話をして相談をする。

もしくは指示をあおぐようにしましょう。

カラダが一番ですので、

無理はしないように

躊躇せずSOSを伝えましょう。


以上が、悩んだときの解決策になります。

上記手段をそなえておけば、

心配性な人でも

すこしは緩和するはずです。

ぜひ活用してみてください。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました