挫折をしたときの立ち直る方法とは!【わたしは3度の挫折を経験しました】

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

すぎです。

先日こんなツイートをしました。

Twitterより

この記事を書いているのは、

挫折を3回経験した現役会社員です。


挫折者
挫折者

カラダもメンタルもボロボロです。

立ち直る方法を知りたいな。

この経験をバネに立ち直ってみせたいです。

こんな悩みに答えます。

結論を先にのべると、

挫折から立ち直る方法は以下のとおり。

  • リセットする
  • 迷わず即行動
  • 成功者から学び思考転換する
  • 学びつつやるべきこと

この4本立てで解説します。

スポンサーリンク

挫折(ざせつ)しても立ち直る方法!

当記事の信ぴょう性

  • 筆者は現役の会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書(年間200冊)
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • だれよりもわかりやすくがモットー

といった感じ。

体育会系で育った経験から、

社会の荒波でもなんとか生きています笑。

さっそく本題に入ります。

まずはじめに…

まずはじめに…

学校、仕事、プライベート、さまざまな状況において

人生で挫折というものはつきものです。

たとえば、

石につまづいてころんでしまうイメージ。

そうかんがえていただきたい。

しかし、

石につまづいても

かならず立ち上がります。

つまづいてできたキズを治したり、

脱げたくつをはき直したり。

そしてまた歩きだす。

つまり、立ち直るということは、

キズを治したり、くつをはき直し、

また歩きだすことと一緒で、

かならず立ち直ることができます。

Twitterより

筆者も3回、挫折を経験しました。

仕事とプライベートで。

心がおれそうなくらい、

ぶっちゃけ病気一歩手前みたいな。

しかし、立ち直ることができました。

筆者がまず伝えたいこと。

それは…

何回も挫折したっていいんです。

どんだけボロボロになっても大丈夫。

日本人に生まれた以上、

ホームレスになろうがニートになろうが、

生きていけるから大丈夫。

何回もチャレンジして、

何回も失敗して挫折して、

その挫折を乗り越えて大きく成長しましょう。

それをYouTuberのヒカルさんが、

教えてくれました。

嫌われながら好きなことで、生きていく「起業家-ヒカル」
YouTubeより

いま挫折しているひとへ、

立ち直る方法を解説させていただきます。


リセットする

なにかに失敗したり、

おおきな壁(かべ)にぶち当たる。

挫折した人
挫折した人

もう立ち直れません。

どうすればいいかわからない。

こうなったら思い切って、

リセットしてみる。

言い換えると、

「道を正す(ただす)」こと。

正直、挫折したときって、

乗り越えられないから挫折するわけで、

これって、

いまの環境もそうだし、

人間関係もそうだし、

じぶんのまわりも

大きく影響してます。

つまり挫折したときは、

これらを変えるために

なにかを変えなければならない。

なので、仕事なら今までのキャリアとか、

人間関係なら、仲いい友達とか、

とにかく思い切って、

影響しているものを捨てる。

すなわちリセットする。

リセットしたことで、

つぎの行動ができたり、

新しいなにかを発見できたり、

確実に成功に近づきます。

筆者も仕事で思い悩み、

もう病気一歩手前になりましたが、

15年のキャリアを積んだ

職場と仲良かった仲間を捨てて、

職場異動しました。

もちろんさみしい思いもありましたが、

おかげで今は、

また新たな仲間にも恵まれ、

仕事も再スタートを切りました。

なかなか踏ん切りがつかないのも事実、

でもやっぱり、環境を変えることは

挫折を乗り越える一番効果的な方法。

というか、

なにか変えなければ、

今までどおりですし、

成長もしないですし、

成功も近づかないですし。

なので、挫折して思い悩むなら、

思い切ってなにかを捨てて、

リセットしてみましょう。


迷わず即行動

迷ったら即行動すること。

挫折した人
挫折した人

また挫折するかも…

そんな気持ちは捨てて、

とにかく前に進む。

冒頭でも言ったように、

挫折をたくさんすることが、

成功のカギ。

より早く、

より多く

失敗が成功を生む。

成功しているほとんどの人は、

たくさんの挫折や苦労をしているから、

そのバネで大きな成功をつかんでいます。

精神論かもですが、

迷ったら即行動して、

まず一歩前に進むこと。

『失敗学』圧倒的に成長を目指す人にだけ、聞いてほしい話
YouTubeより

成功者から学び思考転換

筆者は読書が大好きですが、

本から学べることもたくさんあります。

挫折した人
挫折した人

どうしたらいいかわからない

この先の行動を教えてほしい。

筆者も挫折したとき、

まわりに相談できませんでした。

理由は、

同じ状況の人間がまわりにいなかったから。

たとえば、

彼女にふられた。

どうしたらいいかわからない。

友達に相談した。

友達
友達

そんなときもあるよ。

大丈夫だよ。

いやいやそんなこと聞いてない。

なぐさめの言葉じゃなくて、

復縁する方法とか、

気持ちの切り替えかたを知りたいのに、

答えが違う。

つまり、

同じように失敗を経験していないから、

まわりも答えようがない。

もちろんそうだと思う。

彼女の性格だったり、価値観だったり、

自分ですらわかってないのに、

友達が知るよしもない。

そう気づいた。

正確にピンポイントで

答えを言える人はなかなかいない。

しかし、

そんなときに解決策がどこにあるか。

答えは、本の中にある。

失敗や挫折したとき、

悩んだときは、

本を読んでほしい。

今回のように、

挫折を経験したときは、

たいていの成功者は

挫折をたくさん経験しているから、

成功者から学ぶことが

挫折から立ち直る近道。

そして、成功者から学ぶことで、

自分の考えかたが変わったり、

つぎのやるべきことが正確にわかる。

だからぜひ本を読んで、

挫折から立ち直り、

つぎの行動を手に入れよう。

別記事で、

「令和に読むべきおすすめの本」

紹介しています。

今の時代の流れ、

時代のニーズにのっかった

より影響力のある

著名人に特化したビジネス書を

紹介しています。

思考を学んで、

つぎの行動に活かせるように

ぜひ参考にしていただきたいです。


本を読みつつやるべきこと

思考転換のために読書しますが、

それと同時にやるべきことを解説します。

本をよみつつ、次の3つを意識しましょう。

  • その①:知識をかならずメモすること
  • その②:メモしたことを見つつ、実践すること
  • その③:できるだけ多く、実践すること

順番にみていきましょう。

※ちょっと記事が長くなってきたので、

あと1分で終わらせます。

その①:知識を必ずメモすること

本をよみつつメモを取りましょう。

メモして、ノートに書き留めること。

私がいつもメモするノートの例

筆者がメモしているノートの例

上記は私がメモしているノートです。

※汚くてすみません。

とはいえ

別にきたなくて大丈夫。

メモすると、忘れづらいです。

当たり前ですが、あとで何をやるか忘れてしまっては意味がないですからね。

必ずメモしましょう。

その②:メモしたノートを見つつ、実践してみる

先ほどのメモを見つつ、実践しましょう。

例えば、ポジティブ思考で

体性感覚」を学んだら

ノートを見つつ、実践します。

ちなみに体性感覚はカラダの

敏感(びんかん)な部分のことで

一番敏感な部分は「手」です。

その③:できるだけ多く、実践すること

メモしたことは、すべて実践しましょう。

そしてただメモして、実践するだけじゃダメです。

実践するために大切なこと

できる限り、たくさん実践することです。


おすすめの読書ツール

最近、

筆者がハマっているもの。

それは、

本を聴くことです。

「ん?」って思うかもですが、

時代の進化はすごいです。

本は読むものではなく、

聴くものに進化しました。

「audible(オーディオブック)」

を知っていますか?

たとえば、

満員電車で本を読めないとき、

手が空いていないけど

本を読みたいとき、

自転車に乗っているとき、

とにかく、

スマホと耳さえあれば、

本が読めちゃいます。

いや、すいません。

本が聴けちゃいます。

いつでもどこでも

本が読みたいかたは、

「本を聴く」にシフトして、

読書や学習の時間に

役立ててください。

登録方法は、

会員登録をして、

聴きたい本を選んで、

スマホでアプリをインストールするだけ。

無料トライも実施して

いますので、

ぜひ、活用してみてください。

audibleを試したいかたはコチラ。


以上が、

挫折したときの立ち直る方法を解説しました。

まとめますと、

環境を変えるためにリセットする。

迷ってるくらいなら即行動して

まず一歩前に踏み出す。

本を読んで成功者から学び、

思考を変えてチャレンジする。

これをして挫折から立ち直りましょう。

くり返しですが、

挫折は何回してもOK。

むしろたくさんして

何回もチャレンジすること。

裏を返せば、

挫折をたくさんすることは、

たくさん行動している証拠。

どんどんチャレンジすることが、

成功の秘訣です。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました