【10冊+α】令和の時代に読むべきおすすめのビジネス書を紹介!【成功の近道】

スポンサーリンク

どーも、

だれよりもわかりやすくがモットーの

cedrobookのすぎです。

仕事で悩んでいる人
仕事で悩んでいる人

仕事で成功するためのおすすめの本を知りたいな。

仕事がうまくいくには、

どんな本で勉強したらいいんだろう。

出世してお金を稼いで、

すばらしい人生を歩みたいです。

こういった悩みに答えます。

スポンサーリンク

令和の時代に読むべきおすすめのビジネス書

本記事の内容

  1. 思考を変えるために読むべき本 【5冊】
  2. 行動に起こすために読むべき本 【5冊】
  3. 本を読みつつやるべきこと
  4. 読書ツールの紹介

といった感じですすめていきます。

この記事を書いているのは、

現役の会社員です。

当記事を信頼する担保

  • 筆者(ひっしゃ)は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書(年間200冊)
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • だれよりもわかりやすくがモットー

上記のとおりです。

体育会系で育った経験から、

社会の荒波でもなんとか生きています笑。

すこしは信頼していただけると思います。

なお、本記事では、

「著名人の著書」に特化(とっか)しています。

というのも、

筆者の過去の実績から、

おすすめの本を探していたら、

「影響力があるのは著名人が

執筆(しっぴつ)している本になったから」です。

筆者がミーハーであり、

読者
読者

もっとコアな本を読みたいな。

より専門的な本がいいです。

といったニーズにお答えできませんので

ご理解くださいm(_ _)m

思考を変えるために読むべき本【5冊】

悩みましたが、5冊に厳選しました。

なお、読書は継続することが大切です。

できれば毎月3冊程度は読むべきです。

つまり、最初にスタートダッシュで、

成功するための本を5冊ほど読む。

→その後も継続して、毎月3冊ほど読む。

といった感じ。

本を読んでいると、

読者
読者

仕事で成功するためには、

この分野も読む必要があるな。

という箇所が出てきますので、

そうしたら、その専門的な分野の本で、

勉強すればOKです。

とにかく、継続して読み続けること。

これが大切です。

ということで、おすすめ本を紹介しますね。

成功する生き方を教えてくれる学習本【2冊】

つぎの2冊です。

中田式 ウルトラ・メンタル教本 好きに生きるための「やらないこと」リスト41

オリエンタルラジオの「あっちゃん」こと、

中田敦彦が、「中田式の人生の歩き方」を

片っ端から教えてくれる学習本。

YouTube

「中田敦彦のYouTube大学」

【Think Smart②】嫉妬が成功を妨げる

チャンネル登録者数

爆速で100万人突破した

大ブレイク中あっちゃんです。

2019年9月に発売したばかりの新書で、

2020年も価値観が通用する

良書になっています。

「ぶれない」

「くじけない」

「やりぬく」

この3本柱を中心に、

鉄則のメンタルを教えてくれます。


異端のすすめ 強みを武器にする生き方 (SB新書)

元大阪市長、

現在は情報番組で絶賛大活躍中の

橋本徹氏の著書です。

筆者もこの本を読んで、

「決して後悔しない生き方」

学びました。

とくに印象にのこっているのが、

「逆張りの発想で、自分に変革を起こせ」

これを習得すればカンペキだなと。

情報過多の世の中なので、

タイトルで読者の目を引かないとですし、

序文で読者の興味を引かないとですし、

見出しで読者に読む価値を与えないとでして、

要するに、

「周りと同じ生き方をするな」

といった価値観にもつながります。

とても良書です。

成功にみちびく心理をついた本【3冊】

つぎの3冊です。

無理なく限界を突破するための心理学 突破力

メンタリスト・DaiGoの著書です。

累計部数を300万部を突破している

ベストセラーです。

Amazonより

筆者も本書を読んで、

くせ(バイアス)から逃れたひとりです。

Amazonでも高評価の良書になります。

成功するためにもっとも必要なのは、

「限界突破の方法論」

筆者も本書から「限界突破」を学び、

仕事で数々の成果を出しています。

まさにこれのおかげです。

「ここぞ」っていうときに、

チャンスをつかむ感じ。

限界突破とは、

「思考のくせ(バイアス)から逃れて

チャンスをつかむ技術」でして、

大雑把に解説すると、

「知恵の輪をほどく技術」みたいな。

知恵の輪をほどくことは

かなりむずかしいです。


理不尽に逆らえ。 真の自由を手に入れる生き方 (ポプラ新書)

「ホリエモン」こと

堀江貴文氏の著書です。

YouTuberとしても、

チャンネル登録者数100万人超えの

人気の評論家です。

「手取り14万?お前が終わってんだよ」について解説します

挫折と苦労をのりこえ、

「人生はだれにも邪魔させない」

ホリエモン流が炸裂(さくれつ)で、

信ぴょう性もバツグンです。

さすが、元ライブドアの社長だけあって、

本書を読んでいて、

むずかしい単語とかがあれば、

その都度ググって調べましょう。

「不満はただしく言えばいい」

まさにだなと…

本書をとおして、

「都合のいいヤツにならない」

ことを学べます。


勝ちスイッチ

WBA・IBFの世界バンタム級チャンピオンの

井上尚弥の自己啓発書(じこけいはつしょ)。

Anazonより

Amazonで高評価になっています。

本書から7つの「勝ちスイッチ」を学び、

仕事でも活用しています。

仕事でよく、

同僚
同僚

オンとオフが激しいよね。

ってよく言われます。

まさに本書のおかげです。

「絶対に成功したい」と思ったときに

スイッチを入れる感じ。

7つのスイッチの思考が学べます。

なお基本的に良書ですが、

ひとつだけ注意点があります。

思考を学ぶだけではダメです。

学んだらすぐに実践すること。

そして最後までやり遂げること。

これが大切。

当サイトでは、

「最後までやり遂げる方法」

解説していますので、

ぜひ参考にしてください。


行動に起こすために読むべき本【5冊】

思考を変えたら、行動する。

ただ行動してもだめです。

本を読み、たくさん吸収し、

たくさん行動してください。

成功するための鉄則です。

それでは紹介します。

最短で成功するための学習本【2冊】

つぎの2冊です。

ブチ抜く力

「秒で億を稼ぐ男」

与沢翼さんの著書になります。

4年で資産70億円。

最短・最速でぶち抜く

与沢流「成功法則」。

Amazonより

評価も高く、幅広く支持されています。

本書をとおして、

最短・最速で成功をつかむ方法を学習できます。

内容はすこし奇抜(きばつ)かもですが、

圧倒的な結果をみちびく、

ぶち抜きかたを本書から学びました。

筆者は過去に5回くらいは読み直しました。

圧倒的良書です。


秒で決めろ! 秒で動け! ラファエル式秒速タイムマネージメント

チャンネル登録者数151万人超えの

時給日本一のYouTuber、

ラファエルの著書です。

もしも、とんでもない額の給料が振り込まれていたらドッキリ【ラファエル】
YouTubeより

一言でいうと、

胡散臭い(うさんくさい)です。

本の説明文のラファエルのメッセージより

Amazonより

YouTuber 、しかも顔出しNGで、

こんなまじめな紹介文だと、

ぶっちゃけ胡散臭いです笑。

しかし、読んでしまいます。

成功者のひとりなので…

<br>筆者

筆者

Youtubeでラファエルの動画も

よく見ますが、

正直バカだなと思います笑。

でも見ちゃうんですよね。

おもしろいので。

上位入賞を果たすには、

スタートダッシュが肝心(かんじん)。

だったら秒で決める、秒で動く。

その行動力を本書で学びます。

今どきに言葉で言うと、

「フッ軽(ふっかる)」

それが成功のカギです。

なので、胡散臭いですが、

信ぴょう性アリの良書です。

成功するための具体策【3冊】

つぎの3冊です。

実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた (PHP新書)

橋本徹氏の「実行力」

仕組みを構築(こうちく)することに

特化した実践本です。

大阪市長時代の自身の経験をもとに、

具体的に解説してくれます。

成功する法則があります。

たとえば、空手の「型」の

ようなものです。

本書を通じて

成功者の基礎を身につけることが

できます。


ぶっ壊す力

N国党党首の立花孝志氏の著書です。

Amazonより

こちらも高評価の良書です。

けっこうハード系の見出しですが、

中身はやさしく教えてくれています。

「本当のことをいう人間が評価される」

さすが、政治家という信念。

まわりから嫌われようが、

本当のことを言うことを学べます。

それが成功を呼び寄せる。

イメージとしては、

元サッカー選手のゴン中山みたいな。

ドロくさくゴールをねらっていく姿勢。

それが、立花氏が語っている、

「着飾ったり、本当の自分ではない自分を

好きになってもらっても意味がない」

たしかに…

本書をとおして、

素の自分でいることで、

思い切り行動できる。

それがぶち壊す力ということを

学びました。


バカとつき合うな

ホリエモンとキンコン西野のコラボ著書です。

数々のブックランキングで

1位を総なめのベストセラー良書です。

Amazonより

読者の評価も高評価。

奇抜(きばつ)なタイトルだけに、

少し敬遠(けいえん)しそうですが、

説得力アリです。

成功するための応用編と

かんがえて良しです。

「バカ」というネガティブワードから

失敗を恐れない、一歩踏み出す勇気の

背中を後押ししてくれます。

筆者のとらえ方としては、

「本気と書いてバカになれ」

そうとらえました。

行動力が身につきます。


世界の成功者から学べる本

成功者の成功者から学べる本を紹介します。

結論から述べると、

成功者は必ずといっていいほど

挫折(ざせつ)を経験しています。

挫折がバネとなり成功をつかむ。

リンクする人はぜひ参考にしてください。

それでは紹介します。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

世界の成功者のひとり、

Appleの創始者「スティーブ・ジョブズ」

Iphoneのプレゼンシーンを

テレビで一回はみたことがあるのでは。

個人的にすきな一文を抜粋(ばっすい)します。

「専門用語を使わない、

ツイッターのように短い一文で

製品やサービスを表わす」

まさに…

筆者もこの本を参考に

プレゼンを意識しています。


本を読みつつやるべきこと

本を読みつつ、次の3つを意識しましょう。

  • その①:知識を必ずメモすること
  • その②:メモしたことを見つつ、実践すること
  • その③:できるだけ多く、実践すること

順番にみていきましょう。

※ちょっと記事が長くなってきたので、あと1分で終わらせます。

その①:知識をメモすること

本を読みながらメモを取りましょう。

メモして、ノートに書き留めること。

私がいつもメモするノートの例

上記は私がメモしているノートです。

※汚くてすみません。

メモすると、忘れづらいです。

当たり前ですが、あとで何をやるか忘れてしまっては意味がないですからね。

必ずメモしましょう。

その②:メモしたノートを見つつ、実践してみる

先ほどのメモを見つつ、実践しましょう。

例えば、実行力が身につく方法をノートに書きまくる。

それを見ながら実践する。

その③:できるだけ多く、実践すること

そしてただメモして、実践するだけじゃダメです。

実践するために大切なこと

できる限り、たくさん実践することです。

それが成功のカギです。


読書ツールの紹介

最近、

筆者がハマっているもの。

それは、

本を聴くことです。

「ん?」って思うかもですが、

時代の進化はすごいです。

本は読むものではなく、

聴くものに進化しました。

「audible(オーディオブック)」

を知っていますか?

たとえば、

満員電車で本を読めないとき、

手が空いていないけど

本を読みたいとき、

自転車に乗っているとき、

とにかく、

スマホと耳さえあれば、

本が読めちゃいます。

いや、すいません。

本が聴けちゃいます。

いつでもどこでも

本が読みたいかたは、

「本を聴く」にシフトして、

読書や学習の時間に

役立ててください。

登録方法は、

会員登録をして、

聴きたい本を選んで、

スマホでアプリをインストールするだけ。

無料トライも実施して

いますので、

ぜひ、活用してみてください。

audibleを試したいかたはコチラ。

↓↓↓


以上で、

仕事で成功できるおすすめの本を

紹介しました。

ぜひ成功者になるための

学習に役立てていただけたら幸いです。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました