【応用編】成功をつかむ方法を教えます!【高嶺の花をつかみとろう】

スポンサーリンク

無謀な挑戦をしようとしてる人😤🔥

「絶対に成功したいんです。無謀な挑戦ですが、成功して周囲を驚かせたい。高嶺の花(たかねのはな)をつかみ取るにはどうしたらいいですか。」

こういった疑問に答えます。

本記事は、「【基礎編】最後までやり遂げる方法を教えます!【もう中途半端は卒業です。】」の、応用編になります。

「中途半端な性格を変えたい。最後までやり遂げる方法を知りたい。」という方は、基礎編を是非参考にしてください。(別記事)

最後までやり遂げる方法を知りたい方はコチラ。

スポンサーリンク

【応用編】不可能を可能にする方法!【高嶺の花をつかみとろう】

当記事の内容

  • 成功するための考えかた
  • 成功するための具体的な行動
  • 結果が出たあとの行動
  • 成功をつかむための方法をやりつつやるべきこと

この3本立てで解説していきます。本記事は、なにかをやるときの土台の部分、すなわち心理的な部分にフォーカスしています。人はまず、考えがあって行動しますので、今の考えかたを変える意味でもメリットがある記事に仕上がっています。是非ご覧になり、役立てていただけたら幸いですm(_ _)m

当記事を信頼する担保

  • 筆者は現役会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書(年間200冊)
  • 人間観察と情報収集が大好き

といった感じで、体育会系で育った経験から、社会の荒波でも、なんとか生きています笑。

本題に入る前に、ちょっとだけお話しします…

できないと感じている、その成功をつかむ。

言ってみれば、不可能を可能にする…まさにミッションインポッシブルみたいな感じですね。筆者はトムクルーズ大好きです笑。

人は、「絶対にできないだろう。」というなにかを成し遂げたとき、超絶なよろこびと、充実感、達成感、幸福感、ありとあらゆる幸せをつかんだ感じになります。

アドレンリンMAXみたいな。

今ならなんでもできる。マリオがスターをとって無敵になる状態。みたいな感じ。

「絶対に成功したい。無謀な挑戦を成功させて、周囲を驚かせるぞ。高嶺の花をつかみ取るんだ。」

こういった悩みって、過去に1回はありますよね。

筆者も現在進行形で、Google Absence10連敗中であります。高嶺の花でございます笑。

たぶんわかる人は、「こいつバカだな笑。」って思うかもですが。

10回も落ちると結構きついです。

私も、絶対に成功したい案件に、悪戦苦闘している1人です。

余談をかましましたが、今回の悩み、

ズバリ結論から言います。

「そのことにたくさん時間を使ってください。」これが成功するカギです。

もう一度言います。「あなたが起きてる時間すべてを、そのことに使ってください。」

そうすれば、「絶対あなたには不可能です。」「がんばっても無駄だよ。」と言っている周りを驚かせることも可能になるでしょう。

一緒に「高嶺の花」をつかみにいきましょう。

そんな感じで、あなたが目標に向かって突き進むことを、筆者が全力でサポートします。

というか、一緒にがんばりましょう。筆者は11回目の合格を目指します笑。

また、一つだけ、注意しておきますが、「テストで出る問題を教えてください。」「絶対に成功する告白の方法を教えてください。」

そうゆうことではありませんので、ご承知ください笑。

テストで出る問題を知っていたら、筆者は今頃、東大に通ってますし、絶対に告白が成功するなら、今頃、ナンパ塾の塾長してます笑。

当記事は、現状では達成できないであろう目標に向かって、成功できる秘訣を教えます。

「考えかた、具体的行動、アフターケア。」この3本立てで解説していきます。

前振り長くて失礼しました。それでは本題に入ります。

成功するための考えかた

成功するための考えかたを解説します。基本的にこの3つを意識すれば大丈夫です。

  • 優先的に考えて後回しにしない
  • 絶対にできると自分に言い聞かす
  • 他人と比較はしない

この3つを意識しましょう。

優先的に考えて後回しにしない

後回しにしないことで、「コツコツ自然とできるようになる」ことが身につきます。

もう人間の悪いクセの象徴といっても過言ではないですよね。

夏休みの宿題は残り1日でバババってやるみたいな。疲れたから明日やろうとか。

もう絶対にこのクセやめましょう。

すぐやりましょう。今やりましょう。林修先生しゃないけどホントに「今でしょ。」まさにこれ…

筆者もそんな気持ちで、いろいろやってはいるんですが、いまだにAdSenceが合格しない。

頑張っても頑張っても「合格するにはいくつかの問題を修正する必要があります。」通知が手元に届きます。

泣きたいです泣。余談でしたね。

達成したい目標があるときは、常に優先順位を一番にかんがえましょう。

例えば、「ご飯を食べる前に1時間だけブログ書こう。」とか、「晩酌したいけど、我慢してブログを書こう。」とか、これ筆者やないかい笑。

こんな感じで、「後回し精神」は捨てよ。「欲を我慢せよ。」ということです。

実はすごいことが起こってしまって、筆者はもともとお酒が好きだったんですよ。

でも、「ブログ書こう、ブログ書こう。」って先延ばしをやめたら、いつの間にか晩酌をしなくなったんですよ。

すごくないですか。「お酒代が浮いて助かったわ。」なんて奥さんが一番喜んでいます笑。

たしかに最初の頃は絶対きついです。これは覚悟しておいてください。

でも、必ず習慣化されて、後回ししなくなります。

やらなければいけないことが、自然とやるようになります。というかむしろ他のことを犠牲にしてまで、そのことをやりたくてやりたくてたまらなくなる。みたいな。

一回「山」を乗り越えちゃえばあとは勝手にカラダが動いてくれますから。

ですから、後回しにするかんがえを捨てる。これを意識しましょう。

絶対にできると自分に言い聞かす。

なんかこれを聞くと熱血指導されている感じになりますよね。「君ならできる。」みたいな。

松岡修造モード突入みたいな。

でもそんな感じ。正直、精神論です。

絶対にできると自分に言い聞かすことで、自分に自信を植え付けます。

人はネガティブに物事をすごく考えがちになるんですよね。不安とか恐怖を先に考えてしまう。

ただそんな時こそ「絶対にできる」「自分は必ず成功する。」って自分の心に言い聞かすんですね。

でもめちゃくちゃ効くんですよ。

仕事でもそうですけど、気持ちとかやる気スイッチとかって入れなきゃいけない時ってありますよね。

そうゆう時に、自分に言い聞かせて、やってやるぞって感じで行動する。

ある意味、強制力を持たせるみたいな感じです。

そうすると、意外とうまくいくんですよね。

心理学の世界では、ポジティブ思考の人は成功する確率が高いことも証明されています。

ですので、「絶対にできる」と自分に言い聞かせて、自信を持たせるということが大切です。

なので、ネガティブな気持ちは捨てましょう。そして自信を持ちましょう。ということです。

また、ネガティブな人が読むべきおすすめの本を別記事で紹介していますので、そちらも参考にしていただけるといいかもです。

ネガティブな人が読むべきおすすめの本はコチラ

他人と比較しない

人と比べないことが大切です。というか超重要です。

他人と比べないことで、集中力がグンと伸びます。

人と比べたときに、自分のほうが遅かったり、できていなかった時って、結構ヘコみますよね。

さらに、他の人の進み具合のほうが気になっちゃって全然集中できないみたいな。

なので、気にしちゃだめ。まわりとシャットダウンして自分の部屋に閉じこもるみたいな。

精神と時の部屋で修行する感じです。知っている人は少ないかもですが笑。

他人と自分を比べないこと。あくまで時間の決まりがないかぎり、自分のペースで大丈夫です。自分の世界に入り込んで、ガンガン集中しましょう。

ということで以上が成功するための考えかたを解説しました。上記3項目の考えかたを意識するだけで、やることが習慣化される。自信をもつことができる。さらに集中力が格段にアップします。この3つを意識してみてください。

成功するための具体的な行動

成功するための具体的な行動を解説していきます。以下の3つです。

  • とにかく時間をつくる
  • とにかく行動する
  • キツいくらいに無理をする

この3つ。これを実践できれば、成功にグンと近づきます。早速解説していきます

とにかく時間をつくる

成功するための秘訣は、まず時間をつくること。これに限ります。

時間がなければ行動できないですし、カンペキになるには時間が必要です。

こんなこと言うと、「げっ、きたない。」と思われるかもですが、家にずっといるならお風呂なんかはいらなくて大丈夫。言いかたを変えると、「お風呂に入ることを忘れるくらいに集中しなさい。」ということ。

ほんの一例ですが、とにかく時間をつくって集中しまくる。

筆者も、奥さんや子供がいる身なので、こんなこというと怒られますが、ぶっちゃけ洗濯物を干す時間とか、マジでもったいないと感じてしまいます。この時間、ブログ書かせてくれよって感じ。本音は笑。

いろいろ家庭の事情がありますんで仕方ないですけど、もう一つ言うと、筆者は4時間しか寝ません。寝る時間を削ってまで、お金を稼いだり、自分の成長につなげたいから。

なのでみなさんも、まず行動できる時間を増やしましょう。お金は使っちゃっても、また稼げばいいですけど、時間は使っても、また戻ることはないので。ついやす時間を生み出して、その時間を成功するための時間に使いましょう。

時間のつくりかたについては、「忙しい人のための時間のつくりかた」でも解説していますので、是非そちらも参考にしてください。

時間のつくりかたを学びたいかたはコチラ。

また、「無駄に寝るな!睡眠時間を削って行動しなさい。」でも解説していますので、ストイックな人はこちらも参考にすると良いです。

睡眠時間を削りたいかたはコチラ。

とにかく行動する

上記で、時間をつくったら、とにかく行動しましょう。

時間ができても、考える時間に使ってしまっては無駄使い。頭で考えるくらいならアクションを起こしましょう。

結果は考えているだけでは変わりません。行動してはじめて結果がついてきます。

ただ、「試験に合格したい。試験に役立つ本を本屋に行っていろいろ読み漁って1冊購入しました。さて、勉強始めよう。」

おいおいおいおい。時間つくった意味ねーだろ笑。

わざわざ本屋に行って読み漁る必要なし。本屋に行く時間も無駄だし、読み漁る時間も無駄。

スマホ片手に、「試験 おすすめ 本」これでググれば一発で欲しい本が見つかりますから。

欲しい本が見つかって、購入して届くまでに時間がかかるなら、電子書籍を購入してスグ読むことも可能です。

一応、Amazonのkindle版(電子書籍)を紹介しておきますね。

また、今は情報過多の時代でして、YouTubeで勉強もできる時代ですよ。本で勉強するより、よりリアルに解説してくれますから。即効性バツグンです。

このように、つくった時間を無駄使いしていても意味がないので、まずググることを筆者はおすすめします。

なにをすれば良いのか決まっている人は、それにとことん打ち込む。

なにからやれば悩んでいる人は、「◯◯ 始め方」と検索して、とにかくググるとこから始めましょう。

行動すれば、おのずと結果に反映されますから、繰り返しですが、とにかく行動しまくりましょう。

キツいくらいに無理をする

これが今回の内容で、最重要ポイントになります。

言い換えると、「ひと一倍努力せよ。」ということ。

「すごいがんばってる。」「こんなにやってるのって私くらいじゃないかな。」

違います。ハッキリ言わせていただきます。

世の中に、あなた以上に努力している人は、5万といます。ここでは周りを意識してください。

とにかく、その甘さをすぐに捨てましょう。

例えば、「よし、今日はこれくらいで十分だな。」と落ち着かない。

いやいや、「こんなんじゃ周りに負けてしまう。まだまだやらなきゃ。」こう考えてください。

結論述べると、「周りよりも、やったもん勝ち。」精神。どれだけ自分にムチを打って追い込めるかが、勝負に分かれ目です。

やる気を出して、とことん打ち込んでください。

「もうがんばった。もう十分。これ以上やる気がでません。長続きしません。」という人に、さらにやる気を出したいおすすめの本も紹介していますので、そちらも参考にするといいかもです。

学習の時間に使うことは、自己成長につながりますし、やる気が身につけば今後に活かすこともできますので。

仕事、勉強でやる気を出したいおすすめの本はコチラ。

以上が、成功するための具体的な行動になります。是非実践して、成功を掴みましょう。そのためには、まず時間をつくる。時間ができたら、とことん行動する。無理してでも努力する。この3つが実践できれば、必ず成功することに近づくはずです。頑張りましょう。

成功者から学ぶ

実際に成功している人から学ぶことも大切です。

成功している人は、以前にたくさんの失敗や挫折を乗り越え、

成功をつかんでいます。

そのノウハウを学習しましょう。

別記事で、

「令和の読むべきおすすめのビジネス書」があります。

著名人の著書をメインで紹介していますので、

影響力もあります。

読書は成功の近道ですのでおすすめします。

筆者がかんがえるのは、

成功するために、スタートダッシュで3冊ほど読む。

継続して毎月10冊ほど読むのがベストです。

ぜひ参考にしてください。

結果が出たあとの行動

ここからは結果が出たあとの行動を解説します。

成功した人。失敗した人。

なんか人生の分かれ道みたい笑。成功するときもあるだろうし、失敗するときもあります。はたまた、成功する人がいれば、失敗する人もいます。

これが人生です。

成功した人は、今までがんばってきた自分に感謝してよろこびましょう。

失敗してしまった人は、確かに残念でショックでしょうが、今までひと一倍努力して、がんばってきた事実はきっと、自分の成長につながっているはずです。

ただ、結果が良かろうが、悪かろうが、これだけはして欲しいことがあります。

なぜこのような結果になったのかを考えてください。

成功した人は、今回なにが良かったからこのような結果になったのか。

例えば、「試験に受かりました。今回は弱点でもあった〇〇に特化して勉強したので、いい結果につながりました。」といった感じ。

失敗した人は、なにが原因でこの結果になってしまったのか。

例えば、「今回ダメだった理由は、座学は良かったけど、実技の点数が悪かった。次回は必ず受かるように、実技にフォーカスして対策をしよう。」といった感じ。

両者ともに考えていただきたいです。

これをやることで、今後同じような状況になったときに活かせるはずです。

成功をつかむ方法を取り組みつつ、やるべきこと

成功をつかむために学習や実践をします。それと同時にやるべきことを解説します。

学習や実践をしつつ、次の3つを意識しましょう。

  • その①:やったことを必ずメモすること
  • その②:メモしたことを見つつ、実践すること
  • その③:できるだけ多く、実践すること

順番にみていきましょう。

※ちょっと記事が長くなってきたので、あと1分で終わらせます。

その①:やったことをメモすること

行動しながらメモを取りましょう。

メモして、ノートに書き留めること。

私がいつもメモするノートの例

上記は私がメモしているノートです。

※汚くてすみません。

メモすると、忘れづらいです。

当たり前ですが、あとで何をやるか忘れてしまっては意味がないですからね。

必ずメモしましょう。

その②:メモしたノートを見つつ、実践してみる

先ほどのメモを見つつ、実践しましょう。

例えば、絶対にできると自信をもつことを学んだのであれば、それを周囲に宣言して、より自分を奮い立たせる。みたいな感じ。

その③:できるだけ多く、実践すること

メモしたことは、すべて実践しましょう。

そしてただメモして、実践するだけじゃダメです。

実践するために大切なこと

できる限り、たくさん実践することです。時間を存分に使って、たくさん実践してください。

以上で、今回の成功をつかむ方法を解説させていただきました。思考的な部分にフォーカスしていますので、まずマインドを変えて実践することをおすすめします。

また今回は、「中途半端に終わる人の、最後までやり遂げる方法」の応用編になります。

最後までやり遂げる基礎を学習したい方は、冒頭にリンクを貼付けしてありますので、是非そちらを参考にしてください。

また、記事の途中で、いろいろな思考に特化したおすすめ本も紹介しています。そちらもリンクを貼付けしていますので、参考にしてみてください。

人生で巻き戻せないのは時間です。時間を有効に使って、成功をつかみましょう。そのために本記事を役立てていただけたら幸いです。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました