【基礎編】最後までやり遂げる方法を教えます!【もう中途半端は卒業です】

スポンサーリンク

どーも 、だれよりもわかりやすくがモットーのcedrobookのすぎです。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。


最後まで長続きしません。

やり遂げる力を身に付けたい!

達成感を味わいたいです!

こういった悩みに答えます。

最後までやり遂げる方法って聞くと、「やり遂げる方法なんかあるの?」ってなりがちですが、要するに、中途半端に終ってしまったり、物事を途中で投げ出したり、最後まで長続きがしない。仕事であれば、ご法度ですよね。そんな悩みを解決します。

「やり遂げる方法なんて身につくの?」「そんな簡単に変われないでしょ?」って思う人。

結論を先に述べます。

「120%変わることができます。というより、たくさんの選択肢の中からやり遂げられることを選ぶ。と言うほうが正しいかもです。」

話題のドラマ「素敵な選TAXI」みたいな。流行ってますよね。

また、本記事は、やり遂げるための基礎を学習する内容です。「いくら頑張ってもできないです。」といったような、できないことをできるようにする方法ではないことを、あらかじめご了承くださいませm(_ _)m

本記事の内容

  • 最後までやり遂げられない理由
  • やり遂げる方法
  • やり遂げた時に得られるもの

この3本立てで解説していきます。

当記事の信憑性

  • 筆者は現役の会社員
  • サッカー歴25年
  • 趣味は読書(年間200冊)
  • 情報収集と人間観察が大好き
  • ブログ、株、動画配信でお小遣いを稼ぐ

といった感じ。体育会系で育った経験から、社会の荒波でもなんとか生きていけてます笑。

本記事に入る前にちょっとだけお話しします…

そもそも人間は、誰しもがやり遂げる能力を持っています。

先ほど、ざっくり結論を述べましたが、少し深掘りをすると、

やり遂げる能力=成功体験』と、考えれば良しです。


今まで生きてきた人生の中で成功体験がない人って、たぶんいないはず。もしくは忘れているとか笑。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: portrait-787522_960_720.jpg

例えば、「逆上がり」ができない。そこで一生懸命練習をしたら、逆上がりができるようになりました。逆上がりができるようになりたいという目標を達成したことで、やり遂げることができましたよね。

こういった、小さなことでもやり遂げたことは必ずあると思いますし、もちろん大小はあると思いますが、やり遂げる能力は全員が持っているはずです。


ただ今回この記事を見てくれている人っていうのは、

中途半端な性格で困っています!

やり遂げる力を身につけたい!

このように悩んでいます。

これって、「やり遂げるための手段、選択肢が間違っている。」からだと、筆者は考えます。

「やり遂げる能力があるのに、中途半端に終わる。」これっておかしくないですか笑。


子供の時は、簡単に達成できたことが、大人になると、いろいろ考えたり、人一倍の努力が必要になるときだってありますよね。

つまり、なにをやるにも中途半端で終わってしまうと、今悩んでいる人は、目標やプロセスの達成が困難な状況にあるとか、根本的な性格が中途半端とか、要するに、「不可能」だと感じているはず。

ただ今回の悩みを解決するために、筆者が伝えたいのは、

「やり遂げる方法や目標の選択が正解ならば、やり遂げることができるはず。」

ということ。

ということで、長々話してしまいましたが、本題に入ります。

最後までやり遂げられない理由

まず、やり遂げることができなかったり、中途半端に終わってしまう理由を解説していこうと思います。

次の3つ。

  • 意欲が低下した
  • 他に興味が湧いた
  • やらされている

たぶんこの3つが当てはまるのではと思います。それでは解説していきます。


意欲が低下した

言うまでもないかもですが、

このゲームつまらないなあ。

もう飽きちゃった!

このように、最初は頑張ろうと気合いが入っていたけど、徐々に意欲が低下していって、投げ出してしまう。みたいな感じ。

正直言いますと、筆者もめちゃめちゃ飽き性なんですよ。ロープレのゲームとか最後までクリアしたことないですし、コンプリートしている人はマジ神みたいな。レベル上げが超めんどくさい。そんな感じです笑。

なので途中で、「これって続ける意味あるのか」みたいに、必要性を感じなくなったり、継続することに意義がなくなったりと、途中で走るのをやめてしまうんですよね。

それで、一旦やめてしまったら、また走り出すのに、カラダが重くて走り出せないみたいな。そのまま、ゲームオーバーで電源オフみたいな。

要するに、気持ちが途切れて手を止めてしまう。そのままやる気がなくなって、試合終了です。といった感じですかね。


他に興味が湧いた

他のことに目移りをしてしまった。ということですね。

例えば、「ブログをやっているけど、Youtubeの方が儲かりそうだからそっちをやろう」みたいな。私はシフトしませんよ笑。まだ笑。

そんな感じで、他のことに興味が湧いてしまって、路線変更したくなり、途中で諦めてしまう。ということですね。

筆者もよくありましたよ。サッカーをしていましたが、ポジションがディフェンズだったんですけど、中学校に入学と同時に、「ゴールキーパーをやりたい」と親父に言ったら、「途中で投げ出すんじゃねえ」ってめちゃめちゃ怒られましたね。

当時は、川口能活選手とか楢崎正剛選手とか、ゴールキーパーにすごい魅力を感じて、ポジションを変えたいなと思っていまして。そんなこともありました。

要するに、他のことが魅力的に感じてしまうと、今やっていることをやめて、そちらに変更したくなる。ということですね。


やらされている

これは、仕事とか、勉強させられている時に感じるのではないですかね。

今の仕事が大好きです。

充実しています!

このような気持ちで、「好きな仕事」とか、「勉強好き」とかならいい思いますが、

好きでもないのにやらされているなら、結構しんどいですよね。

筆者も現役の会社員ですが、今やっている仕事。ぶっちゃけ好きじゃありません笑。こんなこと言うと怒られそうですが、テキトーに仕事してます。

じゃなきゃとっくに転職していると思います。ただ今の会社は、給料もちゃんとくれますし、居心地がいいのと、ストレスフリーで仕事ができているんで、なんとなく続けている感じです。

これが、超熱い上司とかで、バリバリ仕事させられていたら、とっくに投げ出していますね。絶対。

つまり、「そもそも気持ちがないのにやらされても、最後まで続かない」ということですね。


ということで、中途半端に終わってしまう理由を解説しました。

とはいえ、

全部当てはまっています!!

このように思う人がいるかもですが、

安心してください。みんなそうですから。

冒頭でも言ったように、手段や選択を間違えているから、最後までやり遂げられなかったり、中途半端になってしまうんです。逆に言うと、手段や選択を間違えなければ、やり遂げられるということです。

やり遂げる方法

次にやり遂げる方法を解説していきます。ここが超重要です。

ここをきちんと理解して、実践できれば、必ず達成することができますし、中途半端に投げ出さないはず。

以下の3つを解説します。

  • 行動する前にまず調べる
  • 背伸びした目標設定をしない
  • 最適な選択をする

以上の3つです。詳しく解説していきます。


行動する前にまず調べる

なにかをやろうと思った時に、まず、そのことについて調べることが大切です。

大抵の人って、

これ面白そう!

興味あります!

このように思ったら、「すぐやってみよう!」って、なっちゃう人がほとんど。とりあえず即行動みたいな。

確かに、「まず挑戦してみて、ちょっと違うなと思ったらやめればいい」ってYouTuberがよく口にします。それはそれでいいと思いますけど、なにか行動するときに、「まず調べる」ことをしない人がほとんどです。

YouTuberのイケハヤさんは、「まず自分でググること」って何回も口にしてます。

例えば、「副業に挑戦して1年で100万円稼ぎたい」という目標があります。

コンビニでバイトして、お金稼ぎます!

こうなった時に実際、「コンビニでバイトしたら何年かかるんだよ!」って話ですよ。長期的スパンで5年間かけて100万円稼ぐ、だったらわかります。

1年で100万円となったら、コンビニでバイトしても、月に数万円しか稼げなくて結構厳しいですよね。

それならまず、1年で100万稼ぐための方法を、ググって調べるわけです。今の時代、情報はたくさんありますから、まずググってください。そうしたら、山のようにネットがアドバイスしてくれますから。


ひとつ注意点があって、人に聞いちゃダメです。自分で必ずググってください。

「人に聞いたほうが早いじゃん。」って思われがちですが、人に頼っていると、その先が進まなくなりますから。自分で調べることで必ず長続きします。繰り返しですが、自分で調べるようにしてください。

そうすれば、例として「昔、結婚式で余興の動画編集をよく任せられていたな。今はめちゃくちゃ需要があって、時給を自分で設定ができるから、YouTubeの動画編集に挑戦してみようかな。」みたいになるんですよ。

要するに、達成したい目標に対して、なにをやればその目標が達成できるのか、たくさんリサーチして、それに合った最適な選択をする。ということが大切です。

先ほど、親父に怒られた話をしましたが、あの時ゴールキーパーに転向しなくてよかったです。筆者は結構ビビリで、ボール飛んでくると怖いし、手も小さいので。余談でした笑

背伸びをした目標設定をしない

身の丈に合った目標を立てましょう。ということです。

心底叶わないであろう目標ならば、設定する意味なし。できる範囲で目標を立ててください。

これは筆者もすごい感じてて、「夢は願っていれば必ず叶います。」とか「努力は必ず報われます」とかって言いますけど、いやいや、そもそも筆者はサッカー選手になりたい夢叶いませんでしたって笑。

  • 目標
  • 願い

これらを思うことは、たしかに大事。でも、現実は違う。自分がどんな人間で、達成できるかできないか、可能性があるかないかで、だいぶ話が変わってきます。

夢を願って叶うなら、みんな願ってますよ。でもそうじゃないでしょ。

やり遂げられることに挑戦する、もしくはやり遂げられる可能性があることに挑戦することが大切です。

だから叶うんです。

仕事なんかは特にそうで、できないことを、

僕、できます!

なんて言ったら、結果できなくて、後々上司に怒られるのが、目に見えてわかります。

自分の力量やスキルと相談して、できない時は、「できない!」とはっきり断ることも重要です。

なので繰り返しですが、やり遂げるためには、やり遂げることができるであろうことに挑戦する。達成できない目標は選択しないということが大切です。

余談ですが、サッカー選手のリオネル・メッシは、「報われるために努力をする。」と明言されています。まさにだなと…。努力は報われない時がありますよね。だから彼は、「努力すれば、結果が出せる。」とわかっているから努力するんですね。

みなさんも、身の丈にあった目標を立てて、結果や成果に可能性や希望があるときは努力しまくってください。そうすれば必ずやり遂げられると思います。


最適な選択をする

上記2項目で、すでにお話していますが、なにかを始める時は、最適な選択をするということが大切です。

じゃあ、最適な選択とはなにか。

それは、

  • 自分にとって有益なこと
  • まわりにとって有益なこと

この2つになります。

例えば、「お金が稼げる。」とか「痩せたらスタイルがよくなれる。」とか。いろいろありますけど、

それをやることで、もしくはそれを達成したことで、自分にとって有益なことなのかを考えて選択します。

また、「ブログで有益な情報を発信する。」ということも、記事を読んでくださっているみなさんにとって有益な情報を届けたいから、記事を書くことをやり遂げることができます。つまり周りとって有益なことになります。

これは、筆者もとても共感します。これからも有益な情報を発信します!

この2つが、なにかをやり遂げる上での最重要ポイントだと思っていて、

逆にはっきり言いますが、無益な行動は絶対に続きません。

なので、

「将来これを達成できると、なんらかの形として自分に見返りがある。」

そういったことに挑戦してください。

たくさんの選択肢の中から、自分や周りに有益な行動をすれば、長続きしますし、最後まできっとやり遂げられるはずです。

こんなこと言うと失礼かもですが、アプリのゲームとか神レベルにやっている人とかたまにいるじゃないですか。どんだけゲームやってもお金は稼げない、むしろ課金して浪費する始末、なんでこんなにハマってるんだろう。っていつも横にいる先輩を見ながらつくづく思ってます。

たぶん、今この記事を読んでいる人は、やり遂げることができない人なので、ゲームアプリ、特にロープレ系はオススメしません笑。

謎トレとか頭脳アプリを暇つぶし程度にやったほうが、頭も良くなるし有益です。


といった感じで、やり遂げる方法を解説しました。

上記3項目を実践できれば、必ずやり遂げることが可能ですし、途中で投げ出したり、中途半端な結果にはならないと筆者は考えます。

補足になりますが…。

「見返り」と聞くと、「Give&Taike」という単語が印象的ですよね。ようするに、見返りを求めるから相手に与える。実は、やり遂げるための成功法則に、Give&Takeがあります。

本記事では、成功するためのノウハウの学習本として、

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代

別記事にて、「GIve&Take〜成功を与える名書」のレビューがありますので、コチラも参考にすると、よりやり遂げることができます。

※成功を与える名書のレビューはコチラ

やり遂げた時に身につくもの

ちょっと胡散くさいですが、やり遂げた後の世界について解説します。

以下2つです。

  • 極度の達成感
  • やり遂げられるスキル
  • 自己成長

この3つです。

極度の達成感

なにかをやり遂げることができた時は、計り知れないほどの達成感に満ち溢れます。

筆者でいうと、サッカーの大会で優勝した時など。優勝するために日々練習するじゃないですか。そして優勝した時の達成感は超最高でした。

「きつかったけど、この日のために一生懸命練習してきてよかった。頑張った甲斐がありました。」こんな感じで、ものすごい達成感があります。

ついでに余談かもですが、仲間と喜びを分かち合えることも最高でしたね。もしチームプレーをする際には参考にしてください。

なので、最後まで諦めず、やり遂げた時の達成感をみなさんも味わってみてください。

やり遂げられる能力

冒頭で「やり遂げる能力はみんな持っている。」とお伝えしましたが、それが目に見えて結果として表れます。

つまり、「やり遂げられる能力が目に見えてわかる。」ということです。

例えば、

  • 売り上げグラフ

仕事で今月のノルマを達成しました。これって職場に貼り付けしてある、各個人の売り上げグラフで目に見えてわかりますよね。

つまりノルマのグラフを見た時に、「今月のノルマを達成した=やり遂げた能力がある」ということがわかるのです。

このように、なにかをやり遂げた時に、自分にはやり遂げられる能力がある。と確信することができます。

自己成長

やり遂げた時は、大きく成長します。

例えば、もともと英語が話せませんでした。そこで英語のスキル向上にために、TOEICで500点を目指しました。必死に勉強して、目標の点数を達成しました。

おそらく、TOEICで500点を叩き出せば、ビジネス英会話も普通にできるようになります。

つまり、500点をという目標をやり遂げた。さらに英会話が上達した。ということで、英会話のスキルも一緒に身について、自己成長に繋がったということです。

なので、なにかをやり遂げた時には、それに伴って、スキルが身についたり、大きく自分が成長します。

目標設定が高いときは…

やり遂げたい人
やり遂げたい人

やり遂げたいけど、

絶対に無理なときもありますよね?

たしかにそんなときもあります。

絶対むりだろみたいな、無謀(むぼう)な挑戦するときとか。

冒頭で背伸びした目標設定はしないって言いましたが、もともとの目標が高いとき。

しかし、そうゆうときこそチャレンジすることも大切です。

そんなときは別記事で、

「成功をつかむ方法の応用編」がありますので、

そちらを参考にするといいかもです。

また成功者から学ぶといったことも重要です。

成功している人も、たくさんの失敗を乗り越えて

成功をつかんでいます。

そこで、紹介したいのが、

「令和時代に読むべきおすすめのビジネス書」です。

読書はやり遂げる最大の近道です。

筆者のおすすめは、

やり遂げるために、スタートダッシュでまず3冊読む、

そのあとは、毎月10冊づつ読む。こんな感じ。

読めば読むほど身につきます。

ぜひ参考にしてみてください。

もうひとつ補足で、

「やり遂げる=成功」ととらえたときに、成功するための習慣があります。

人生の成功法則を学びたい方向けに、人生哲学の書籍を紹介します

7つの習慣

「7つの習慣」という本をご存じでしょうか。

スティーブン・R・コヴィーという人が書いた本になります。

この書籍のレビューについても徹底解説していますので、やり遂げる力を身につけるための学習に活かしていただければ幸いです。

※7つの習慣についてのレビューはコチラ

やり遂げるために行動しつつやるべきこと

補足で、もう一点だけ伝えさせてください。最後までやり遂げるために行動しつつやるべきことです。

ググって調べたり、実際に行動するときは、次の3つを意識しましょう。

  • その①:やったことを必ずメモすること
  • その②:メモしたことを見つつ、実践すること
  • その③:できるだけ多く、実践すること

順番にみていきましょう。

※ちょっと記事が長くなってきたので、あと1分で終わらせます。

その①:やったことをメモすること

行動しながらメモを取りましょう。

メモして、ノートに書き留めること。

私がいつもメモするノートの例

上記は私がメモしているノートです。

※汚くてすみません。

メモすると、忘れづらいです。

当たり前ですが、あとで何をやるか忘れてしまっては意味がないですからね。

必ずメモしましょう。

その②:メモしたノートを見つつ、実践してみる

先ほどのメモを見つつ、実践しましょう。

例えば、100万円稼ぐ方法を片っ端から洗い出し、その内容についてとにかく書き出す。それを見ながら、自分ができそうな稼ぎ方を実践してみる。といった感じ。

目標を書いて、実践計画なんかも書くとより良いかもです。

その③:実践しながらも、メモを書き続ける

実践しながら、メモは書き続けましょう。

メモを残すことで、行動履歴になります。

誰かに、情報として提供できたり、はたまた、その経験でお金を稼ぐことも可能だからです。

ということで以上が、最後までやり遂げる方法になります。これを理解して、実際に行動できれば、きっと最後まで諦めずにやり遂げることができます。

そして何より、やり遂げたことで得られる、達成感やスキル、経験の他に、今後の人生がもっと楽しくなることは間違いありません。

是非参考にしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました

当ブログでは、だれよりもわかりやすくをモットーに、

人間のマインドを動かす有益な情報や、自己啓発書やビジネス書中心に、書籍の紹介、レビューをしています

ありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました