ネガティブな人が読むべきおすすめの本を紹介します【学習本7冊+応用2冊】

スポンサーリンク

ネガティブな人😢

「前向きな考え方になりたいな。ポジティブになって友達をたくさん作りたいな。人生を楽しく生きたいので、本気で勉強したいです。」

こういった悩みに答えます。

本記事の内容

  • ネガティブな人が読むべき本【7冊】
  • 社会で役立つ学習本【2冊】
  • 本を読むと同時にやるべきこと

この記事を書いているのは上場企業に勤める現役会社員です。

記事の信頼性を担保する情報

  • 筆者は勤続15年のサラリーマン
  • サッカー歴25年
  • 高校時代は強豪校に在籍し全国大会も経験
  • 読書が趣味です(年間200冊ほど)
  • ネットやニュースからの情報収集が好き

上記のとおり。

気合いと根性で乗り切ってきた体育会系なので、わりと信頼度高めかと思います。

なお、本記事では「新しい本」を紹介していません。

というのも、過去の実績からおすすめの本を考えていたら、「長年、読まれている本ばかりになったから」です。ミーハーであり、新しい本を読みたい、トイったニーズには答えることができませんので、どうかご了承くださいませm(_ _)m

注意事項※おすすめの本の購入をお考えの皆さんへ

「本がたくさんありすぎてどれを選んでいいのかわからない」といった方がたくさんいます。本の中には正直、詐欺本も存在します。利益だけを狙った内容が共わない本です。ネットの口コミもいい評価だらけなので、サクラの可能性があります。私が紹介させていただく5冊は、実際に読み、自信を持って紹介できる厳選した本となっていますので、安心してご購入ください。また単行書籍と電子書籍両方を紹介させていただきますのでご購入の際にはご注意ください。

電子書籍(kindle unlimited)を試してみたい方はコチラ

いつでもどこでも本を読みたい方向けに

audible(オーディオブック)』というツールをご存知でしょうか?「本を読みたいけど忙しい」「本が届くまで待てない」「今すぐ本を読みたい」「本を読むと目が疲れる」方向けにAmazonが提供しているオーディブルというツールがあります。通勤時や手が空かない時でも「読まずに聞く本」が登場しました。私も通勤電車の中で使用していますが、実際に音楽を聞いている感覚で聞けますので大変便利です。垂れ流しで本の内容が聞けるため参考書や小説を読む方にオススメです。また俳優さんや声優さんの声で朗読が聴くことも可能です。無料のお試しTRYもありますので是非ご活用ください。

オーディブルを試してみたい方はコチラ

スポンサーリンク

ネガティブな人が読むべき本【7冊】

悩みつつ、7冊だけ厳選しました。

なお、読書は継続することが大切なので、できれば毎月3冊くらいは読むといいかなと思います。

つまり最初に最初にスタートダッシュで、やる気に関する本を10冊くらい読む→その後も継続して、毎月3冊くらい読む、といった感じですね。

本を読んでいると、「ポジティブになるために、この分野も必要」という箇所がでてきますので、そしたら、その分野の本で勉強したり、ググればOKかなと思います。

というわけで、おすすめ本をみていきましょう。

ネガティブな自分を活かす本【2冊】

次の2冊です。

ネガティブだからうまくいく

出版されたのは2002年ですが、2020年でも通用する価値観です。というか現代の方が自分の価値観として「ネガティブに生きる」という言葉に共感する人が多いのでは、と思います。

人と会話するときに「無理にポジティブを演出する」のと一緒でして、本来の自分を出さないのは非常に疲れますよね。

なお、私は入社当時の2010年くらいに読んだのですが、「ネガティブな面を活かすことなんて無理ゲー」と思っていましたが、例えば「無理かも」という感情が「無理はしない」という考えに変えることはできました。

ネガティブな人ほど運がいい! ?

メンタリスト「DaiGo」の著書になります。

私も仕事で失敗してしまったときに活用させていただきました。

こちらも2015年の出版ですが、いまだに色あせない内容です。特に記憶に残っているのは「コントロールできない運とコントロールできる運」があり、これを習得すれば完璧だなと。

情報過多の世の中なので、タイトルで読者の目を引かないとですし、序文で読者の興味を引かないとですし、見出しで読者に読む価値を与えないとでして、要するに「自分の心理をコントロールできれば相手の心理もつかめる」といった価値観にもつながります。とても良書です。

ネガティブ感情を引き出す本【3冊】

次の3冊です。

ネガティブな感情が成功を呼ぶ

私も本書を読んで、20%のネガティブな面を仕事で活かすことができている一人です。Amazonでも高評価になっております。

ネガティブを活かすために、もっとも重要な心理は「心のダークサイド(暗い部分)がもたらす効用」です。

私は、本書からダークサイドの活かし方を学び、仕事でかなり成果が出ています。

周りからは「最近変わったよね」とよく言われましたが、まさにこれのおかげです。

自分のネガティブな面を逆に活かした感じです。

ダークサイドの効用とは、自分が持っている20%のネガティブ時間を有益に使う技術なのですが、大雑把に解説すると「部屋の掃除をルンバに任せる技術」でして、ルンバに任せることで掃除機をかける時間を他の有効な時間に変えることができます。

ネガティブがあっても引き寄せは叶う! (だいわ文庫)

こちらも大人気のベストセラーで、圧倒的良書です。

「引き寄せる」ための方法を詳しく解説していて信憑性もバツグンです。あと、本書を読んでいて、わからない単語とかあれば、その都度ググり、思考を身につけていきましょう。

あなたの「隠れネガティブ」を解消する本―――あと一歩、踏み出せる自分に変わる 三笠書房 電子書籍

私も以前は「隠れネガティブ」でした。人前でええかっこしいの仮面をかぶっていました笑。

こちらの本は「隠れネガティブ」に特化して解説されており、かつ優しく説明してくれます。

なんとなく「隠れネガティブ=むっつり」とかって思われがちですが、心の奥底に隠れている「隠れネガティブ」を解消してくれます。

なお、基本的には良書なのですが1つだけ注意点があります。

それは「継続する力が必要」ということです。

継続なくして、ネガティブを活かすことも、ポジティブになることもできません。詳しくは「継続する力が身につく方法とおすすめの本5選」で解説しています。

また、「まずは自信をつけてネガティブな思考を変えていきたい」という方は「自信を持つ方法とおすすめの本5選」も参考になると思います。

著名人から学べる学習本

次の2冊です。

ネガティブが人を強くする! 修造流 脳内変換術

ポジティブでお馴染みの松岡修造の著書です。実は彼も元々ネガティブだったみたいです。

ポジティブになるにはコツがあります。ネガティブ脱出のコツは「脳内変換術」私はこれを知らなかったので、大変苦労しました。

本書を読んで、脳内変換術を学びましょう。

スーパー・ポジティヴ・シンキング ~日本一嫌われている芸能人が毎日笑顔でいる理由~ (ヨシモトブックス)

ノンスタ井上の著書。「THE ポジティブ」とはこの人のためにあるような本ですよね笑。

とにかくポジティブに特化した本です。

どれだけ嫌われていても、毎日ポジティブに生きる、強靭なメンタルを彼から学びましょう。

例えば、オセロみたいに「好き」と「嫌い」は簡単に裏返せる。

まさに…と思いました。

ネガティブを簡単に変えてくれる一冊です。

社会で役立つ学習本

上記で紹介した本から、さらに社会に踏み込んで役立つ本を紹介したいと思います。

次の2冊です。

あーーーーー!!!仕事も人間関係もいろいろめんどくさ!!!と思ったら読む 人生をシンプルにする本

仕事や人間関係で「どうしてうまくいかないんだろう」と悩んだ時に読んでもらいたい一冊です。Amazonの評価も高評価になっています。

とにかくシンプルに考える。不要なものを一掃させる。がんばらないのにうまくいく方法を学べる一冊です。

はずむ! 「会話」の作り方 ネガティブな私が”会話の仕事”を続けられる50の方法

コミュニケーション能力に特化した本です。

社会で仕事をする上で、人との会話は必須ですよね。「ネガティブ=話せない」というイメージがありますが、そんな性格を変えてくれます。

本書から、ネガティブな人でも、「いい会話をするコツ、相手も自分も幸せになるコミュニケーション術」を学べます。

本を読みつつやるべきこと

本を読みつつ3つのことを意識しましょう。

  • その①:使える知識をメモすること
  • その②:メモした知識を見つつ、実践すること
  • その③:できるだけ多く、実践すること

順番にみていきましょう。

※ちょっと記事が長くなってきたので、あと1分で終わらせます。

その①:使える知識をメモすること

本を読むだけじゃダメです。

知識をメモして、ノートに書き留めること。

知識をメモするノートの例

上記は私がメモしているノートです。

※汚くてすみません。

読書するたびに知識をメモすると、忘れづらいです。

当たり前ですが、本のページを読み進めることに価値はないですからね。

本から知識を吸収しましょう。

その②:メモした知識を見つつ、実践すること

先ほどのメモを見つつ、学習してみましょう。

例えば、心理学の本で「主観的幸福感」とかを学んだら、その方法をネガティブを変える実践に取り入れてみるとかです。

主観的幸福感の原理はポジティブ思考になる方法でも使われていますので、確実に効果がありますし、実際に実践することで身につくと思います。

その③:できるだけ多く、実践すること

本を読むだけじゃダメです。

そして本の知識を使いつつ実践するだけじゃダメです。

ネガティブ思考を変えるに大切なこと

できる限り、たくさん実践することです。

実践することは必須です。

たくさん行動しないと、身につきませんからね。

また行動するためには、「モチベーション、継続力、積極性」といったスキルが必要ですが、実践し続けることにより、無意識で身につくようになります。

この「無意識」という状態が大切でして、ここまでいけば、何か行動するときに、即座にポジティブな発想が生まれると思います。そのためには繰り返しですが、実践することが欠かせません。

人の才能は無限に広がっている。

本を読み、知識をメモして、それを活かして実践しましょう。

そしてたくさん実践することで確実にネガティブな自分を変えれるはずです。

これが変わるための近道です。

というわけで、今回は以上です。変わるために前向きに実践していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました