カンパンはもう古い!?【災害時のために備えておきたい長期保存可能な食料】

スポンサーリンク

どーも、cedrobookのすぎです。こんなツイートをさせていただきました。

スーパーから食べ物が消えた!そんな時。

あなたは今の時代カンパンを食べますか?

定番の長期保存可能な食品を紹介します。

本記事は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、国内の生産活動に歯止めがかかり食料不足が懸念されます。今から買っておけばまだ間に合う、この令和の時代生きる人にぴったりな長期保存可能な食料を紹介します。

【当記事の信憑性】

私は現在従業員5万人が働く企業の会社員です。私の会社も新型コロナウイルスの影響で生産活動に歯止めがかかり、一部事業においては5月のGW明けより休業がすでに決まっており、その後の回復の目処も立っていない状況です。この先が見えない不透明な状況を少しでも和らげるためには、まずは「備える」ことだと私は主張します。そこで人間が1日に必要なカロリーから長期保存可能な食品を厳選し、今のニーズにピッタリなオススメの食料を紹介します。ぜひご覧ください。

カンパンはもう古い!?【コロナでとりあえず備えておきたい長期保存可能な食料!】

スポンサーリンク

食料不足になる要因

1:買いだめしてしまう

政府や、各都道府県知事は「買いだめは必要ない」と買いだめしないように促していますが、正直みんなしてしまうんです。先が見えない不安から備える準備を今のうちからしておこうということで買いだめは必ずします。

2:商品の仕入れに時間がかかる。

商品が売り切れて、再度入荷するのに時間がかかります。商品の需要に対して供給が間に合わないからです。例えば、人々水を求めてスーパーに一斉に買いに行きます。在庫も全てなくなり次の入荷まで、仕入れ準備に時間がかかったり、輸送するトラックの数に限りがあるので、入荷するまでに時間がかかります。

3:コロナの影響

これは言うまでもなく、企業が休業し生産活動がストップしたり、海外からの輸入品が入ってこない関係で、徐々に商品の品数が減少し、売り切れ商品が続出するのではないかと私は考えます。なので、欲しいものが手に入らない状況を今のうちに予想して、人間が生き延びるためにはまず食料をあらかじめ備えておくことが重要になります。

1日に必要なカロリー計算

1:人が1日で必要な最低限のエネルギー量

  • 成人男性・・・約2000kcal
  • 成人女性・・・約1500kcalになります。

2:その中で消費されるカロリーは3つに分類

  • 基礎代謝(勝手に消費される、体温維持、内臓活動)60%
  • 生活活動(歩く、座る、走るなど)30%
  • 食事誘発性熱産生 (食料の消化、吸収) 10%となります。

3:摂取カロリー

人が1日に摂取しなければいけないカロリーは消費カロリーの110%。つまり成人男性は約2200kcal、成人女性で約1600kcalになります。1日に最低この摂取カロリーをとらなければいけません。

人間に必要な栄養素

人間に必要な最低限の栄養素を紹介します。

1:水分

人のカラダの60%は水でできています。水分は全身を絶えず循環しています。栄養分のカラダ全体へ流通をしたり、体温を調節して一定に保ちます。

2:タンパク質(18%)

タンパク質により、人のカラダが作られているといっていいほど大切な栄養素です。カラダを支える筋肉や、様々な食物を消化し栄養に変える内蔵もタンパク質が構成しています。カラダを作る原材料、代謝を促進するための原動力となるのがこのタンパク質です。人間が生きていく上で必ず食べなければならない栄養素の代表と言えます。

3:脂質(10%)

ダイエット中や減量中の方は脂質はいらない!と思うかもしれませんが、脂質はエネルギーをカラダの中に貯めておく機能があり、細胞膜を作るために必要な栄養素です。

4:糖質=炭水化物(6%)

主な代表例がお米です。カラダのエネルギー源となるのが糖質です。白米から摂取するでんぷん、糖分は、アミノ酸をつくる大事な原料です。

つまり人は水分、タンパク質、脂質、炭水化物を毎日きちんと摂取することが重要になります。

備えておきたい食料を調査

上記内容から、万が一食料不足に陥った時に備えておきたい食べ物は、水分、タンパク質、脂質、炭水化物が摂取できる高カロリーな食べ物が最適になります。そこで高カロリーの食べ物をランキング化して、その栄養価をまとめました。

1:高カロリーの食べ物とその栄養価(第1位から第10位までカロリーと栄養価を星5つで評価)

【第1位】カツカレー

 エネルギー 1100kcal

 タンパク質 ★★★★☆

 脂質    ★★★★★

 炭水化物  ★★★★★

第1位はカツカレーでした。ご飯、カツ、カレールーでカロリーが高く、栄養価も非常に高いことがわかりました。

【第2位】カツ丼

 エネルギー 1000kcal

 タンパク質 ★★★★★

 脂質    ★★★★★

 炭水化物  ★★★★★

第2位はカツ丼です。高カロリーで栄養価もオール星5となっています。カレーに比べて、卵が入っているためタンパク質も多く含まれています。

【第3位】カレーライス

 エネルギー 900kcal

 タンパク質 ★★★★☆

 脂質    ★★★★★

 炭水化物  ★★★★★

4位から10位は以下の通り。

【第4位】カルボナーラパスタ

 エネルギー 830kcal

 タンパク質 ★★★★☆

 脂質    ★★★★★

 炭水化物  ★★★★☆

【第5位】ピスタチオ

 エネルギー 610kcal

 タンパク質 ★★★★☆

 脂質    ★★★★★

 炭水化物  ★★☆☆☆

【第6位】ピザ

 エネルギー 600kcal

 タンパク質 ★★★★★

 脂質    ★★★★★

 炭水化物  ★★★★☆

【第7位】オムライス

 エネルギー 580kcal

 タンパク質 ★★★★☆

 脂質    ★★★★★

 炭水化物  ★★★★★

【第8位】クレープ

 エネルギー 570kcal

 タンパク質 ★☆☆☆☆

 脂質    ★★★★★

 炭水化物  ★★☆☆☆

【第9位】ラーメン

 エネルギー 440kcal

 タンパク質 ★★★★☆

 脂質    ★★★★★

 炭水化物  ★★★★☆

【第10位】ドーナツ

 エネルギー 375kcal

 タンパク質 ★☆☆☆☆

 脂質    ★★★★★

 炭水化物  ★★☆☆☆

このような結果となりました。カレー、カツ丼が高カロリーかつ必要な栄養素が多く含まれていました。

備えておきたいオススメの食料

上記結果から、家庭に常備しておくと便利なオススメの食料を紹介します。水、白米、カレー、カツ丼、いずれもコスパ重視で24か月保存できるものをオススメしますので安心してご購入ください。なお、商品が売り切れる場合がございますのでお早めにお求めください。

1:水

【Amazon.co.jp 限定】 キリン アルカリイオンの水 PET (2L×9本)

2:白米

[Amazonブランド]Happy Belly パックご飯 新潟県産こしひかり 200g×20個(白米) 特別栽培米 [Amazonブランド]

3:カレー

カリー屋 カレー アソート レトルト 食べ比べ セット お吸い物付き (10色セット)

4:かつ丼

なか卯 冷凍カツ丼の具 8食 (150g×8) 冷凍食品

最後に

新型コロナウイルスの感染拡大で終息の目処も立たず食料が不足すると私は考えています。確実に今のうちから各家庭で食料の備えはしておきましょう。

ご愛読ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました