サラリーマンの給料の上げ方【初級編〜上級編+オススメ9選】

スポンサーリンク

給料が上がらなくて困っている方、評価アップにつなげたい方向け。

本記事は、サラリーマンの給料を上げるコツを、初級編から上級編までの項目別に解説していきます。給料が上がらなくて困っている方、評価アップにつなげて給料を上げたい方は是非ご覧ください。

【本記事の信憑性】

私も現在会社員として働き、ここ数年は会社から高評価をいただいており毎年給料が上がっています。その実績から、評価を上げて給料を上げる方法をわかりやすく解説いたします。

※項目の最後にさらに参考になる書籍を紹介させていただきますのでそちらも是非ご覧ください。

【初級編】まずは会社という組織を知り、給料をもらう基礎を解説していきます

スポンサーリンク

給料の仕組みを理解する

1:給料とは

毎月決められた日に給料(お金)をもらいます。一ヶ月間仕事で会社の売り上げに貢献した見返りに給料としてお金を受け取ります。つまり給料は会社に対してあなたの「貢献度が見える化したもの」だということを理解してください。

2:組織の一員であることを認識する

会社というのは一つの組織で成り立っています。会社全体の目指す方向性があり、それを基盤に社員全員が業務をこなします。組織に属するということは会社の命令に忠実に従い、業務で貢献し、その肩がわりに給料をもらっているのです。

3:会社に貢献する

自身の会社への貢献度が査定され給料に反映されます。会社への貢献度が高ければその分給料が上がります。しかし貢献度が低いとなれば給料が下がることになります。いわば弱肉強食の世界だということです。

90分でわかる会社のしくみ(会社のしくみをより詳しく知りたい方向け)

ルーティンワークを完璧にこなす

1:まずは当たり前のことを当たり前に

会社の業務は各個人に役割分担され、その業務をこなし続けることで会社の利益に貢献しています。いわゆるルーティンワークです。しかしこれは、こなさなければいけない当たり前の仕事です。会社から与えられた仕事を完璧にまずはこなして貢献し続けましょう。

2:報・連・相は確実に行う

ルーティンワークの中で、業務の進捗や、結果は上司にマメに報告しましょう。さらに思わぬトラブルが発生することも日常茶飯事です。ただちに上司へ連絡し指示を仰ぎましょう。また業務中に困ったことがあれば積極的に上司へ相談することでスムーズに業務が進められます。

3:スピーディーな対応

上司からの頼まれごとや取引先からの依頼はレスポンスを上げてスピーディーに対応しましょう。そうすることで上司や取引先からの信頼を勝ち取り、さらに仕事の依頼や上司からの評価アップに繋がっていきます。

「仕事ができるやつ」になる最短の道

会社では教えてもらえない 上に行く人の報連相のキホン 【会社では教えてもらえないシリーズ】

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?

【中級編】次に職場に貢献し、評価を得る具体策を解説します。

目標を設定する

1:職場の目標を理解する

日々のルーティン業務とは別に、職場単位で一年間の目標が設定されていると思います。会社全体の目指す方向性から、上司が職場の目標を決めます。『今年一年職場としてこのように会社に貢献していきます』という職場単位で掲げた、いわゆる意思表示です。これを必ず理解しましょう。

2:貢献度で給料に差が出る

職場の目標に対する貢献度が高ければ高いほど、会社にとって有益になります。つまり職場の目標をキチンと把握し、それを達成するために一年間仕事をこなし、職場に貢献することで上司から高い評価をもらい給料が上がるのです。

最高の結果を出す 目標達成の全技術

ズレのない目標設定

1:個人の目標設定をする

職場の目標を理解したら次は個人の目標です。ここが重要なポイントになります。ほとんどの会社が個人の目標設定をスタンダードで行っていると思いますが、職場の目標から自分は一年このように仕事をしますと個人の目標を設定します。この目標に対する実績で、上司は評価し給料を上げるか下がるかあなたを査定します。

2:目標のズレに注意

一番注意しなければならないのが『目標のズレ』です。職場の目標とは全く無関係の個人目標を掲げてしまうと、一年間職場に貢献せずに業務を行い上司からの評価は得られません。職場の目標と紐付けた個人目標を設定をするようにしましょう。

3:ノルマは必ず達成する

個人で掲げた目標は必ず達成しましょう。達成できなかった=仕事をしていなかったということにもなりかねませんので、達成必至です。また個人の目標設定をする際に、無理をしてできない目標は掲げず、これなら達成できるといった目標を掲げるのがオススメです。

最短で目標を達成する!PDCAノート

【上級編】周りから一歩抜け出し評価を獲得する方法を解説します

武器をつくる

1:コミュニケーション能力

これはどの会社に勤めていても認めてもらえる必須ツールです。上司や取引先に限らず、様々な人とコミュニケーションが上手く取れれば、気に入られたり新たに仕事を任せてもらえたりと、高評価を得る最大の武器になります。

仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければいいのか?

2:報告資料で差をつける

パワーポイント等を使って上司に報告する時が多々あります。そこで周りの人より資料の作り方が上手く、見やすい報告資料ならば、上司からも一目置かれ注目を浴びることになります。

プロの資料作成力

3:リーダーシップを身につける

積極的に意見が言えたり、率先して先頭に立つことができる人材になれば、評価されるとともに、今後の後継者としても期待される社員になります。

リーダーシップを鍛える ラグビー日本代表「躍進」の原動力

ゴマをする(番外編)※賛否がありますが、個人的にはオススメします。

1:上司、先輩からの誘いは断らない

仕事帰りにご飯に誘われたり、飲みに誘われるケースがあると思います。相手はあなたを気に入っているから誘います。またタイマンで会話をすることで中が深まるだけでなく、色々な知識や情報を知ることができ、誘われたら快く承諾することをオススメします。

2:マウンティング

時には見定めることも必要です。この上司に気に入られれば評価が上がる。と自分にとって有益な選択をしましょう。損得で物事を判断することも時には必要になります。

まとめ

最後に、それでも給料を上げることができない場合は、転職という選択肢もあります。会社を辞めて、転職を考えている方向けに『最適な業種選びのコツ』という記事も参考にしていただけると幸いです。是非ご覧ください。

ご愛読ありがとうございました!

https://cedrobook2020.net/2020/04/02/
転職を実現するための行動を徹底解説【会社を辞/

コメント

タイトルとURLをコピーしました