新型コロナウイルスで次に死ぬのはあなたかもしれない【ウイルス感染の猛威、行動すべきこと、今後の日本の3本立て】

スポンサーリンク

もしかして自分はすでに新型コロナウイルスに感染しているのではないか?

本記事は新型コロナウイルスの『猛威』、『今私たちがすべきこと』、『今後の日本』についてお話ししたいと思います。新型コロナウイルスに関して興味がある方は是非ご覧ください。

新型コロナウイルスで次に死ぬのはあなたかもしれない【感染力の猛威、すべきこと、今後の日本】

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの猛威

簡単に見出しを紹介します。

  1. 感染者の増加と死者数
  2. 驚異の感染力
  3. 抗体ウイルス

1:感染者の増加と死者数

日本の新型コロナウイルスの感染者は2300人を超えて時間とともに右肩上がりで上昇しています。

全世界では感染者が90万人を超えました。当初は中国、イタリアから始まり、今や全世界で大流行しています。死者数も4万5千人を超えて、もはや他人事ではないといった状況です。

2:驚異の感染力

この危機的状況は驚異的な感染力にあります。先月26日には感染者が50万人でしたが、たった1週間で2倍の90万人を超えました。接触感染、飛沫感染が主と言われています。空気感染はしないとされていますがその立証は明らかにされていません。感染力の拡大スピードに猛威を感じます。

3:抗体ウイルス

今回のコロナウイルスはインフルエンザ同様『新型』と名称にあるように様々な種類のウイルスが存在しています。致死性が高いのは、その中でほんの一部だと言われています。ただ、ウイルスへの抗体が開発途中で、感染後の治療薬がないため、瞬く間に感染が拡大しているのが今の現状です。

今私たちが行動すべきこと

  1. 日本人の意識の低さ
  2. 被害者、加害者になるな
  3. 予防とカラダに違和感を感じたら

1:日本人の意識の低さ

私たち日本人のコロナウイルスに対する意識はまだまだ低いだろうと私は感じます。人混みでマスクを着用せず平然と買い物をしている人や、口を手で覆うことなく咳やくしゃみを平気でする人。それをとなりに何の危険も感じることなく普通に生活している私たちがいます。

2:被害者、加害者になるな

このような状況は今回のウイルスの特徴とも言える、感染しても軽度の症状しか発症しない人がいることです。重度の症状にかかる人は、主に高齢者や持病を患っている人とされています。仮に感染していることに気付かず『少し熱っぽいな、でも大丈夫』と外へ出かけてしまい、他人へ感染させてしまったとしたら、感染経路の特定からあなたは人殺しの加害者になる可能性もあるということです。また、周りの人はもしかしたら感染者かもしれないと危機感を持つことも大事です。

3:予防とカラダに違和感を感じたら

まず外出する際は必ずマスクを着用しましょう。感染に気付かない場合から『ウイルスをうつさない、もらわない』ためです。ただマスクをしていても咳をした際に飛沫する恐れがありますので咳エチケットは徹底してください。また手洗いうがいの徹底です。帰宅後はすぐに手洗いうがいをして菌を洗い流しましょう。また手洗い後にアルコールスプレー殺菌消毒をすることをお勧めします。

※咳エチケット、手の詳しい洗い方は当サイトの内部リンクありますのでそちらを参考にしてください。

https://cedrobook2020.net/2020/03/27/
【なぜコロナウイルスは感染するのか?】/

そして、万が一カラダに少しでも違和感を感じたら、直ちに病院の診察を受診してください。感染者というレッテルを貼られるのが怖いとか、周りから変な目で見られるのが嫌だとか。まずは死ぬかもしれないという恐怖と戦い、自分のカラダを第一に考える子どが先決です。次に周りにウイルスをうつしてしまう加害者にならないことがあなたが取るべき行動です。

今後の日本

  1. 世界経済の低迷
  2. 日本の経済破綻

これはあらゆるデータに基づいた私個人の見解と推測ですので予めご承知ください

1:世界経済の低迷

今回の新型コロナウイルスの感染拡大で一番の注目はアメリカの経済状況にあります。感染者は21万人、死者数は5千人を超えたことから、すべての生産分野において経営の歯止めがかかり、医療現場は患者の受け入れ対策が追いつかず医療崩壊の懸念が強まっています。トランプ大統領は2兆ドル(日本円で約220兆円)規模の大胆な経済対策を打ち出しましたが、アメリカの最大拠点ニューヨークは感染が8万人を超え、アメリカ州で最も多く、経済の衰退は目に見えて進んでいくでしょう。

2:日本経済の破綻

日々感染者は増加している状況で、安倍首相は、中小企業や小規模個人主に対して、金融機関から無利子で融資を受け入れる政策を打ち出した。また家庭に対しては所得が減少した世帯に現金給付すると示しました。中小企業は金融機関から融資を行ったとしても、耐え凌ぐ財源は確保したが、立て直す余力を持っている企業はほんのわずかです。景気が低迷していた状況で追い打ちをかけるようにウイルス感染が拡大した。倒産する企業が多発し無職難民で溢れ返ることになるのが目に見えています。また家庭に関しては低所得者層以外の国民への対応がなく消費は著しく低下しさらに景気後退が進んでいくと予想します。

※コロナウイルスによる日本の景気に関しては当ブログでも詳しく解説していますのでそちらをぜひご覧ください

https://cedrobook2020.net/2020/03/29/
【新型コロナウイルスの影響で国民への対応は消/

最後に

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐのは私たち一人一人にかかっています。ウイルスをもらわない、うつさないことを徹底し感染終息に全力を注ぎましょう。ご愛読ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました