【保育士の魅力に迫る!】

スポンサーリンク

「女子大学生がなりたい職業」第1位!保育士の魅力について掘り下げていきたいと思います

なりたい職業となる理由が、「子供が好きだから」といった答えがダントツです

また、「憧れている」「やりがいがある」といった声も挙がっています

そんな保育士ですが、実は、「男性が結婚したい女性の職業」でも上位にランクインしているんですね

幼稚園や保育園の先生のイメージは、子供と関わる仕事柄、「子供が好き」「優しそう」「結婚したら子育てが上手」といったイメージから、男性からも魅力的に見える職業なのです

①保育士は国家資格

保育士は、「子どもの保育」と「保護者に対して保育に関する指導」を行うことができる国家資格です

資格を要しない保育所もありますが、厚生労働省が定める大学、短大、専門学校の養成過程を経て保育士試験を受験するか、特定の施設にて実務経験を積み、保育士試験を受験し合格すれば資格を取得することができます

保育士の仕事は、保育をすることができない保護者に代わり、保育施設(保育園)で、0才から6才までの子供の保育を行います

子供の着替えや、オムツの交換、食事やおやつ、昼寝や休憩を決まった時間に行い、子供の生活リズムを形成すること

体調をコントロールしたり、心のマインドをコントロールすることも保育士の役割となっています

それに加え、子供が年齢や発達するに連れて、本読みをしたり、歌を歌ったりすることで、会話ができるようになり、コミュニケーションを取ることで、子供自身の感情を引き出してあげるのです

また遠足やお出かけをしたりすることで、自然へ興味を持ったり、自分から行動するといった自主性や、ほかの子どもたちとの協調性など、子供が成長していくことをフォローします

保護者に対しても、保育のプロフェッショナルとして、子どもの発達や育児の悩みなどのコミュニケーションを図ります

②保育士の人材不足

上記で述べたように、魅力的な職業である傍ら、人材不足に悩まされています

その要因の一つが、厳しい労働環境です

朝から夜遅くまで保育を実施している施設や、保育士の労働時間が長かったり、シフト勤務により不規則な生活を強いられているといったデメリットがあります

また保育中にお遊戯会の準備ができないため、自宅で作業を行っている話も聞いたことがあり、子供の命をあずかっているのに給料が低いと考える人も少なくないでしょう

そのため自治体では、保育士を確保するため、住宅補助や、補助金制度などを実施しているところがあります

中には勤続3年未満の保育士に対し、国家資格を取得するための奨学金を最大半額まで補助する制度を設けているところもあります

また、有資格者ですが就業していない保育士への復職支援もしています

近年では保育料無償化に伴い、保育士の給料を引き上げる処遇改善が実施されています

保育士が仕事を続けられる環境、そして保護者は安心して子どもを預けられる環境を、給料を含めた労働条件を改善する動きが活発化されています

いかがだったでしょうか?

子供の成長過程を直接感じ、魅力的は反面、労働環境が悪いことも挙げられています。

ただ処遇改善は進んでいますので、より働きや好き環境が今後構築されていくと私は考えます。

どの職業でも、メリット、デメリットは存在します

その中で、自分のやりがいのある仕事に就くことが最大のメリットであると私は思います

ご愛読ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました