鮭の栄養を大公開【朝ごはんにピッタリ】

スポンサーリンク

どーも、cedrobookのすぎです。

本記事は鮭の栄養素について解説していきます。鮭の栄養素について詳しく知りたい方向け。

【本記事の信憑性】

今日の朝ごはん鮭の塩焼きは「鮭の塩焼き」でした。んー、美味しい。普段何気なく食べている鮭ですが、人間のカラダにどのように効果があるのか気になったので調べてみました。

※項目ごとに簡単に摂取できるサプリも紹介させていただきますので是非参考にしてください

スポンサーリンク

鮭の栄養素

1:EPA(エイコサペンタエン酸)

悪玉コレステロールを減らして動脈硬化などを予防する働きをしてくれます。

【やずや公式】青魚の知恵 430mg球×62球入り

2:DHA(ドコサヘキサエン酸)

中性脂肪を減らして、脳の健康に役立ちます。

DHC DHA 30日分 [機能性表示食品]

3:たんぱく質

人間のカラダを形成する良質なタンパク質を多く含みます。

「クノール® たんぱく質がしっかり摂れるスープ」コーンクリーム 15袋入

4:ビタミン

たんぱく質の吸収や消化を助ける、ビタミンB1、B2、D、E、B6なども多く含みます。

5:ビタミンE

すじこやイクラには、ビタミンEも豊富に含まれています。

DHC マルチビタミン 徳用90日分

6:アスタキサンチン

活性酸素の有害物質を防ぐ効力が高いといわれているアスタキサンチンを含んでいます

DHC アスタキサンチン 30日分

病気に対する効果

1:悪玉コレステロールが減る

2:ガンになりにくい

3:動脈硬化を予防

4:中性脂肪を減らしてくれる

最後に

調べてみると人間のカラダにとって非常に健康的な魚でした。たんぱく質や豊富ということは、カラダを形成する栄養素が多く含まれていますし、またビタミンも多く含まれているので美容や健康にもいいということです。

鮭とば 北海道産 天然秋鮭 ひと口サイズ おつまみ (皮なし上鮭とば)

ご愛読ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました