【雨が降ると偏頭痛が起こる理由】

スポンサーリンク

雨が降ると頭がズキズキ痛くなる

原因

雨が降ると頭が痛くなる原因は未だかつて解明されていない

いくつかの諸説はあります

諸説①

雨の日、人間の体内は気圧が低い状態に居続けると

体内でヒスタミンと呼ばれる物質が盛んに生成される

ヒスタミンとは体内に炎症を引き起こす物質であり

血管を収縮させる作用がある

その為、収縮された血管が反動によって拡張もされることで、血管の神経が刺激され偏頭痛が起こると言われています

諸説②

人間は天気の変化や気圧の変化で自律神経が乱れると言われています

自律神経は交感神経とま副交感神経がある

この2種類の神経が気圧の変化によってバランスが乱れる

そして頭の血管が収縮したり拡張したりする

その為、神経に刺激を与えることにより頭痛を引き起こすことがある

偏頭痛を治したい

私もそうですが、偏頭痛がした時に、ロキソニンやバファリンを服薬しますが

いつもより効きが悪いなと感じたことがないですか?

雨の日の頭痛は風邪などの症状と違って発熱しない為、鎮痛薬が症状を理解しないということがあるのです

また偏頭痛が起こる理由がハッキリしていない為

確実に治る方法もないのです

ただ症状を軽くする方法はいくつかあります

①ストレスや疲れを溜めない

日々の生活の中で、勿論ストレスや疲れは溜まりますが

その状態でいることが自律神経が乱れ

偏頭痛が発症してしまうのです

その為、過度なストレスを体に与えない

運動や趣味など、ストレス発散を常日頃から行うことが大事です

②マッサージをする

お風呂上がりなど、マッサージを行い、血管の血流を良くすることで自律神経の乱れを防止します

そのほかに首の側面や耳の裏を押してあげてつぼを刺激してあげることで血流が良くなりますのでこれもおすすめします

最後に

市販薬で偏頭痛を和らげることは可能ですが

症状と反した薬を服薬してしまうと胃の粘膜を傷つけることになりかねます

常日頃の生活を整えて偏頭痛になりにくい体づくりをしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました