【今後の日本経済大予想】

スポンサーリンク

安倍首相より

新型コロナウイルス感染に伴う会見が行われました

首相のコメントの中で

①中小企業、個人事業主、フリーランスで働く人々への給付金制度を実行していく

②26兆円規模の経済対策の実施

③リーマンショックを上回るかつてない経済対策を施す

④経済のV字回復を必ず達成する

⑤東京五輪は遅くとも来年夏までには開催

⑥財政、金融、税制の立て直しを図っていく

と説明がありました

今後1年、新型コロナウイルスが終息しなかった場合

起こりうる事態を大きく2つ予想してみました

①非正規労働者の解雇と中小企業、個人事業の倒産

企業の景気が悪くなり、真っ先に行うのが人員削減です

その中で対象となるのが非正規労働者です

約2120万人の非正規労働者が次々と解雇される事態に陥るでしょう

さらに中小企業や個人事業主は経済悪化により、会社の立て直しを図れず倒産へと追い込まれていく

②26兆円規模の経済対策を実行した結果、国の借金が膨らみGDP(国内総生産)成長率が一気に低下する

GDPが低下すると、ものの供給が無い、外出自粛の要請、需要が減る

その結果、国民の消費がグンと下がり経済はさらに悪化すると予想されます

この2項目ははマストで起こりうると予想しています

経済対策を実行したとしても、新型コロナウイルスが終息しない限り景気悪化、国民への圧迫は果てしなく続いていくと私は予想します

コメント

タイトルとURLをコピーしました